ワンマン社長の会社が息苦しい時の対処法。転職?反抗する?

ワンマン社長の会社が息苦しい時の対処法
20代におすすめの転職サイト 【転職活動を無料で全面的にサポートしてほしい人向け】

【信頼度No.1】マイナビエージェント公式HPへ

【5分で自分の適正年収が知れる!】

【登録して待つだけ】MIIDAS公式HPへ

社長のワンマン経営にこれ以上ついていけそうにない!

経営と仕事のできるできないは異なる能力が必要なので、いくら仕事ができても経営の部分で社員に耳を貸す余裕がなかったり、ワンマンと言われる経営体制になってしまっている会社は珍しくありません。

もちろん、社長の会社であるので良い悪いのベクトルでは判断できませんが、働く社員の身からすれば少しはこちらの声に耳を貸して欲しいところです。

今日はそんなワンマン社長の下で、息苦しい思いをしながら働いている方向けに伝えたいことを書いていきます。

"上司が働いているから帰りづらい"と残業している人が失っている物

2018.11.13

ワンマン社長の会社にい続けるリスク

ワンマン社長の下で働いていると気づかないことですが、そこには働き続けるリスクが存在しているのでこの機会に把握しましょう。

視野が狭まる

仕事は自分が扱っている商品やサービスを通じてお客さんを喜ばせたり役に立つことでお金をもらって成り立っています。そこで上がった売上が会社の利益となって社長や同僚と仕事を続けることができるわけです。

しかし、ワンマン社長の会社であると、社長の言うことや判断が絶対なので商品やサービスを通じてお客さんを喜ばすのではなく、社長が気にいることをしようなんて思考が先行して、気づかないうちに視野が狭くなってしまいます。

あなたは仕事をしている時に何を考えてますか?

ワンマン社長の下で苦痛と感じながら働いている人は、きっと社長の顔色を伺うことが仕事になっていることでしょう。これでは広い視野なんて持てず、きっと社長のために仕事をしているなんて状態になってしまうことでしょう。

尊敬できない上司との関わり方。反面教師?捉え方次第でなんとでもなる!

2018.07.09

自律的な考えができなくなる

社長の意見が絶対!なんて会社では、自律的な考えができなくなります。

いつの間にか「社長に言われたことは絶対」「社長の言うことが全て正しい」「社長に言われたことをやろう」と、何も疑いを持たずに指示待ち状態が続くと、気づかぬうちに自律的な考えを持てずになっていることでしょう。

もちろん社長の言うことは絶対かもしれませんが、そこまでには様々なプロセスがあり、最終判断が社長のだけであって提案や企画は本来社員が考えに考えた上で出すものです。

それによって、やりがいを感じたり、社員同士の結束が高まったり、様々な方向からアイディアが出るというメリットがあるでしょう。しかし、ワンマン経営では、社長→社員の一方通行なので社員が提案する余地もありません。

頼まれることを淡々とこなす能力が必要な仕事はもちろんありますが、自律心が高いことに越したことはありませんし、指示待ち人間より自分から仕事を生み出して動ける人間の方が評価は本来評価が上がるものです。

気づかぬうちに自分で考えることをやめてませんか?もし、これが当てはまる場合はどんどん自分の市場価値や社会人としての能力が落ちていってしまっていると気づかないといけません。

ストレスを感じ続ける

ワンマン社長で辛いと感じる人が、会社に在籍続ける最大のリスクはストレスを感じ続けることでしょう。

ストレス社会なんて言われる昨今、一切ストレスを感じずに仕事をしている人なんてまずいませんが、社員の意見が通らない、話しを聞いてもらえない、やりがいがない、機械のように働いてるだけ、では人間関係に加えて仕事そのものにも熱心に取り組めませんからストレスがダブルパンチと言わざるを得ません。

社員同士のトラブルであれば、会社の人事が解決してくれたり人事異動なんて手段があるのも確かですが、社長間との溝を埋めるのは難しいです。

ゆえにストレスを感じ続けるのは目に見えていて、ストレスを感じ続けるあまり働けない状態になってしまう人が多いことを考えると、これ以上のリスクはありません。

ワンマン社長の会社へ取るべき行動

社長がダメだ!と否定することは誰もができることです。なので、本当にこの状況を高いしたい!自分の環境をよくしたい!という思いがあるのであれば、まずは自分がとるべき行動について考えてみましょう。

クリエイティブなアイディアの提案をする

ワンマン体制が出来上がっている会社では、そもそも社長が粋がるしかないような思考が社員に身についてしまっていることも考えられます。

社長を擁護するわけではありませんが、社長だって人ですから人、ましてや社員に嫌われて良い思いをする人はまずいません。

創業当初はワンマンでやらざる得ない経済状況だったり、社内の体制だったかもしれませんが、実は今は本音を言えばもっと社員にガンガン提案してほしい!協力できることはしたい!なんて思っていることだって十分に考えられます。

社長は1人、社員は数十、数百といるわけですから、社長より人数が多い社員が自然にワンマン体制を作りあげていることだってあるのです。

本当にあなたが、会社の仕事自体は好き、この会社で働きたい、会社をよくしたい!なんて思いがあるのであれば、却下されるのを覚悟で、仕事の提案や企画に率先して取り組みましょう。

社長が考えつかないアイディアを出せば必ず認めてくれたり、社長が認めてくれる姿を他の社員が見れば会社全体の雰囲気をよくなるはずです。

見切りをつけて転職する

ワンマン体制が改善しそうもない。常に社長→社員の一方通行だ、なんて場合は見切りをつけて転職を考えましょう。

上記で説明したように、ワンマン社長の下で働くリスクは計り知れません。生活のためとは言え、あなたがそのリスクと向き合う必要は全くないのです。

職業選択の自由なんて権利を誰もが持っているわけですから、少しでも自分が納得できる環境を選ぶことを心がけましょう。

リクルートエージェントという転職支援サービスでは、今回のように「ワンマン社長の会社でこれ以上仕事を続けられない!」「今すぐじゃないけど、後々は転職を考えている」なんて人向けに無料カウンセリングを行なっています。

何も今すぐ転職活動をする必要はなく、「相談だけでも・・・」なんて人の利用も歓迎しているくらいなので、1度利用してみるといいでしょう。

相手も特別な資格や知識を持ったプロのキャリアコンサルタントですから、自分が今まで知らなかった自分の適正年収や市場価値がわかるかもしれませんよ?

20代におすすめの転職支援サービス

ワンマン社長の会社が息苦しい時の対処法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です