20代後半で年収400万は平均程度、現状とライフプランについて考えよう

20代におすすめの転職サイト 【転職活動を無料で全面的にサポートしてほしい人向け】

【信頼度No.1】マイナビエージェント公式HPへ

【5分で自分の適正年収が知れる!】

【登録して待つだけ】MIIDAS公式HPへ

ポン太(26歳)
20代後半で年収400万って平均くらいだよね?僕もそのくらいもらえればいいんだけどなー
ジョブエモン
20代前半だったら、もらえてる方で、20代後半だったら平均くらいって認識しておくといいと思うよ!

20代後半で年収400万は妥当なライン

年齢年収
20〜24歳328万円
25〜29歳389万円
30〜34歳452万円

データ引用元:厚生労働省様 「平成28年賃金構造基本統計調査」より

上図のように、20代で年収400万をもらえていれば、20代前半であればそこそこ貰えている方、20代後半であれば平均程度と言えます。

20代後半と言っても25〜29歳と少しばかり幅があるので踏み込んだことを言うと、28歳、29歳で400万円代にのるくらいのイメージをしておくといいでしょう。

データ引用元:DADA転職エージェント「平均年収ランキング2017」様より

こちらも20〜29歳と幅があるのであくまで参考程度ですが、このグラフを見てもわかる通り400万円代からガクッと割合が減ります。それを踏まえると20代で400万円代なら悪くはないと言えます。

年収400万の手取り額は22万ほどで独身なら余裕を持てる

20代後半の年間ボーナス平均支給額は50〜70万と考えると、1ヶ月の総支給額が約27万で手取り額が22万ほどになります。※会社によって組合費や積立等差引額はことなるので注意。

都内に住む一般的な独身男性の生活費の内訳を見ると以下のように

  • 家賃:80000円
  • 食費:25000円
  • 水道光熱費:10000円(季節によって多少の変動はあるが)
  • 通信費:10000円(携帯料金7000円+自宅回線3000円)
  • 保険料:20000円 ※20代の平均は20000円前後(生命保険等)
  • 医療費:5000円
  • 交通費:5000円
  • 雑費(消耗品、車両費、各種ローン等):15000円【〜30000円】
  • 娯楽(交際費等、服飾費):20000円
  • 貯金:30000円

引用元:20代後半で22万の手取りでもボーナスがない場合は転職も視野に入れるべきより

都内の一人暮らし用住居の家賃相場が7.4万円なことを考えると、相場よりも少しだけ高いところに住めますし、食費や娯楽にかけるお金、そして将来のことを考えて2万の保険料を払っても3万ほど貯金する余裕はできるので生活に困ることはまずないでしょう。

ここに50〜70万ほどのボーナスがあることを考えると、年間100万貯金することだって不可能ではないですね。今回は会社からの福利厚生の一部である家賃手当がないことを前提に計算していますが、仮にある場合でしたらかなり余裕になりますね。

年収400万以上が女性の結婚対象

男性の場合、経済的な面からのみの意見ですが、年収400万円代から結婚対象と女性から見られることも多いです。

データ引用元:マイナビウーマン様 「結婚相手に求める最低年収」より

相手に求める最低年収は300万円代〜399万円が23%と1番多いですが、他の意見を踏まえると半数以上の女性は400万円以上の年収を結婚相手でに求めていることになります。

この結果から、最低でも年収400万、そして500万くらいまでは20代後半〜30代前半にかけて手に届く立ち位置にいると、パートナーの経済的な理想には近づけると言えるでしょう。

【男性が女性に求める年収】

今では共働きが珍しい時代ではないので、今度は男性が女性に求める年収の条件を見てみましょう。

3人1人は女性に年収の高さを求めていないという結果がわかりました。その他の意見を参考にしても、現時点で300万程度の年収があれば、7割の男性の経済的な理想はクリアできることになります。

女性から男性に対しては、少し理想が高め?なんて結果が出ましたが、20代後半の女性の平均年収が300万円ほどと考えると、男性から女性に求める年収的な条件は高くないという正反対の結果がでましたね。

20代後半で年収400万を目指せる業界一覧

20代後半で年収400万は平均程度なので、特別年収が高い業界にいく必要はありませんが、現状300万円代で今後もなかなか年収が上がる気配がない方は参考にしてください。

  • 医療系
  • IT
  • 金融
  • 広告

この4つに加えて、比較的どの業界でも年収が高いとされる外資系という選択をすることで400万の壁を超えることが可能になるでしょう。

医薬品、医療機器

【有名企業】 アステラス製薬、オリンパス、第一三共、小林製薬、JT等、

高齢化が進み日本に置いて、医療業界の業績はここ伸び続けています。今後も需要は伸びる一方なので安定感がある業界といえるでしょう。

年収面を見ても、新卒の平均月収を業界別に比べて見てもトップクラスにいるように、どの会社でも同年代よりは高い年収をもらえる業界です。

IT

【有名企業】楽天、サイバーエージェント、Google、

一時期のITブームは去ったと感じている人も多いですが、衰退しているわけではなく、生活の一部に馴染んでしまい目立たなくなってだけでありIT企業の業績は伸びる一方です。

楽天やサイバーエージェントなど大規模な人員でサービスを展開する企業もありますが、少人数で大きな利益をあげてる会社も多々あります。

比較的新しい業界につき未経験でも入りやすいのも魅力ですね。需要があるので、年収も高めに設定されてる会社が多いです。

金融

【有名企業】みずほフィナンシャル、野村証券、日本生命、プルデンシャル生命等

専門的な業種につき、保険の営業を除けば入り口が狭い業界ですが、金融のどの分野に携わっても年収は高くなります。外資系が多い業界なので、インセンティブ(能力給)制度で400万はおろか倍以上も20代で目指せるのが業界の魅力です。

ただ、離職率も高い側面も持つので、結果を出せば高給取りになれる、出さなければ会社にい続けることが難しい、と、「がっつりお金稼いでやるぞ!」とやる気に満ちた方にオススメの業界です。

広告

【有名企業】電通、博報堂、ADK、オリコム、ライフプラネット

残業時間の問題等で取り上げられる機会が多いので、どうしてもブラック企業が多い印象がの強い広告業界ですが、年収だけ見れば全体的に低くはないです(特別高くもないが)。

普段スマホを使いながら見ているサイトにも広告があるだろうし、街を歩いていても、電車にのっても、当たり前のように広告が溢れています。

広告業と聞いてもパッとこない人も多いと思いますが、日常生活の近いところに広告が多くあることを考えると、業界の需要はなくならないですし、年収面でも平均よりは上の企業が多いのでオススメです。

20代後半で年収をあげたい場合はプロに相談するのが1番

ここまで20代後半で年収400万という数字にフォーカスをあてて解説していきましたが、あなたは今の年収に満足しているでしょうか?

もし満足していない場合は、転職のプロと言われるキャリアコンサルタントに相談してみるのも1つの手です。

【無料で使える】20代にオススメしたい転職サイトを徹底比較!

2018.09.04

転職することが全てではないですが、年収はスキル云々よりは会社都合のことが多く、仕事内容がほとんど変わらなくても会社だけ変えれば年収が上がるなんてケースが少なくないです。

実際にtype.転職エージェントでは利用者の7割以上が転職によって年収アップ。に成功させています

関連記事:無料で利用できる転職エージェントは一体なにをしてくれるの?
関連記事:【20代必見】転職することで年収が上がった人は多い!

相談もサポートも全部無料ですから一度、登録をして、

  • 自分は転職をできるのか?
  • どの業界にいくべきか?
  • 年収はどれくらいアップしそうか?

等、今後のキャリアプランを相談する意識でもいいかもしれません。とにかく、今の年収に満足していない方は、無料で利用できるサービスを使いこなして、年収アップを目指して行動をしていきましょう!

20代におすすめの転職支援サービス

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です