20代後半で手取りが18万は少ない!給料が上がらないなら転職にいれよう

20代におすすめの転職サイト 【転職活動を無料で全面的にサポートしてほしい人向け】

【転職実績No.1】リクルートエージェント公式HPへ

【マイペースで転職活動を進めたい人向け】

【求人数No.1】リクナビNEXT公式HPへ

この記事のポイント

  • 18万で都内で1人暮らしをするとプライベートに使えるお金は少ないが、生活はできるレベルである。
  • ボーナスがない場合は、男性であれば114万、女性であれば33万円ほど平均との差額が生まれてしまう。
  • 平均的なボーナスをもらえた場合も男性であれば、大きく平均年収には届かないので、月に2〜3万程度手取りが多くもらうべき
  • 女性の場合は平均的なボーナス額である50〜70万のボーナスをもらえていれば平均的と言える
  • 給料の高い安いは会社都合のことが多いので、年収が上がらない場合は転職エージェントを使っての転職活動がおすすめ
ポン太
27歳の学生時代の先輩は手取りが18万だって言っててさ。それがすごく少ないみたいに言っていたけど毎月16万の僕からしたら羨ましいけど一般的にどうなんだろう?
ジョブエモン
まーボーナスにもよるけど、20代も後半の域に入ってる人なら少ないと言えるんじゃないかな?
ポン太
う〜ん。18万でも少ないんだね。んじゃこの人はあとどれくらいもらうべきなの?そんなに生活も苦しいわけでもない感じだったけどな。
ジョブエモン
18万の先輩に興味津々だねポンタくん。よし、ならこの記事では手取りが18万の人にフォーカスを当てて詳しく解説していこうか!

関連記事:20代後半で年収300万は少なすぎる!会社員の年収と今後を考える
関連記事:【給料が上がらない】転職をして給与が高い会社にいくのが1番の近道

手取り額18万円で1人暮らしをした時の内訳

では一体、毎月の手取りが18万円の会社員が都内に住んだ場合、その内訳はどのようになっているんでしょうか?早速見ていきましょう。

※1人暮らし向けの1Rや1DKの都内の家賃相場は7.4万だが、今回は6万を適用して計算させていただきます。青梅市の家賃相場が都内では最安値の42000円。賃貸住宅D-room様より

  • 家賃:60000円
  • 食費:25000円
  • 水道光熱費:10000円(季節によって多少の変動はあるが)
  • 通信費:7000円(携帯料金)【+3000円(自宅回線契約してる場合)】
  • 保険料:10000円 ※20代の平均は20000円前後
  • 医療費:3000円
  • 交通費:5000円
  • 雑費(消耗品、車両費、各種ローン等):15000円【〜30000円】
  • 娯楽:15000円
  • 貯金:30000円

20代後半にもなると、結婚や出産なんていう一大イベントがより現実的なラインとなるため、貯金額を毎月3万と考えて他の項目がこの金額となっています。

一応毎月3万貯金に回せますから、そんなにカッツカツな生活を強いられるわけではないのでは?なんて印象を受けますが、車のローンがあったり、車両保険があったり、奨学金の返済を追えてない等、20代後半ですと十分に考えられるので、余裕があるとは言い難いですね。

娯楽の費用も1.5万円ですし、休日どこかへ出かける際もお財布のことを気にする機会が多いのでは?なんて感じます。

雑費に関しても服などのお金も踏まえた上で1.5万なので、20代後半のビジネスマンでしたらスーツを買う機会もあるでしょうし、1人暮らしだとやはり生活可能なレベルとは言え厳しいのが現実ではないでしょうか?

それがゆえ、会社の業績によって毎年変動する(ボーナスは義務ではないので、もらえない場合も十分考えられる)ボーナスを頼りに生活を組み立てている人も多いことでしょう。

関連記事:20代で貯金を増やしたいなら期間工がおすすめ!生活費削減・年収微増

20代後半で毎月手取り18万に不満はある?生活はきつい?

27歳男性
うちの会社はボーナスが年間でも2ヶ月分程度しか出ませんし不満ありまくりですよ!1人暮らしだと毎月貯金に回せる金額も雀の涙みたいなもんなのでで、将来が不安でしょうがないです。
28歳女性
周りと比べると低いと思う機会が多いですが、実家住みなので生活は全く問題ありません。残業も少ないですし、休日出勤なんてしたことないし、まーいいかなーと。
26歳男性
結婚することを考えると18万の手取りでは不安しかないです。一人で暮らしてる今は、毎月貯金に回せる分は確保できているのでいいですが、今後を考えると億劫ですね。ボーナスも4ヶ月分くらいでますが、毎月の額がもう少しでればなーなんて思います。
29歳女性
もらえるならもう少し欲しいですけど、周りもこれくらいですし大きな不満があるかと言われるとないです。1人暮らしですが、生活もなんとかなっています。

手取り18万は平均と比べてどのくらい低い?

※以下 年収平均のデータ等 国税庁 平成26年分 民間給与実態統計調査 様より

20代後半の平均年収は

  • 男性378万円
  • 女性297万円

となっています。手取りが18万の人の月当たりの総支給額は22万程度(会社や、配偶者の有無によって変わるが)だと予想できます。となると、それに1年にあたる12をかけて264万円という数字が割り出され

  • 男性の場合378万ー264万=114万の差額
  • 女性の場合297万ー264万=33万の差額

平均とは以上のような差額が生まれてしまいます。この数字はボーナスを抜きにした額なので、仮にボーナスをもらえてない人であれば、これだけ平均額と差があると認識するといいでしょう。

手取り18万だと、ボーナスを人並みもらえても足らない?

手取り18万の人がボーナスをもらった場合はどうでしょうか?

男女共通で、20代後半の1年間のボーナスは*50〜70万円と言われています。※夏、冬ともに変動が多いので、20万ほどの幅を持たしています。

18万と一般的には物足りないような手取り額の企業から、しっかり平均並のボーナスをもらえているかは定かではありませんが、20代後半の男性の場合、平均年収と月収の合計が114万ほど差額がありますから、平均並のボーナスをもらった時点で平均には40万〜60万ほど及びません。月にすると手取り額で2万〜3万程度と、結構変わってきますね。

一方で女性で、20代後半の女性の場合、平均年収と月収の合計が33万ほどの差額なので、平均並のボーナスがもらえれば*御の字と言えるでしょう。

※男女共通で、平均年収にはパートタイム勤務の人も含まれています。20代後半になると女性の場合、結婚、出産、子育てを機に正社員としての勤務をリタイヤされる方も多くなるので、正社員として働き続けている方は公表されている平均年収よりも、少し上の年収であるべきと認識するのがベター。あくまで感覚値ですが、310万~330万を平均値として考えてもいいのではないか?

月の手取りをあと2、3万増やすには何をしたらいい?

給料を増やす方法として真っ先に考えるのが転職だと思いますが、その選択は間違いないでしょう。自分の能力やスキルもさることながら、外資系のようにインセンティブが適用されるような企業でない限り、給料の高い安いは会社都合に他なりません。

会社さえしっかり選ぶことさえできれば、毎月2〜3万と言った平均的な給与をもらうことは十分に可能なのです。

  • ただ、会社選びがしっかりできるか不安
  • そもそもそんな求人出回っているの?
  • やっぱり人の紹介で入るのがベストなんじゃないの?

なんて人に朗報です。

転職エージェントは何をしてくれるの?という記事でも詳しく書いていますが、転職エージェントでは以下のことを無料でサポートしてくれます。

転職エージェントが無料でサポートしてくれること一覧

以上のようなことを無料で請け負ってくれます。もちろん本人のやる気や、全てエージェント任せという姿勢では難しいですが、仕事が忙しくて時間の余裕がなかったり、初めての転職で不安なんて人にも丁寧に対応してくれるでしょう。

関連記事:【20代必見】転職することで年収が上がった人は多い!

ここに書いてあること以外にも、求職者の状況によって様々なサービスを用意して接してくれるので転職活動の強い味方ですね。とにかく無料というのが、特徴で利用のハードルも低いところなので1度フラッと転職相談にでもいくつもりで登録してはいかがでしょうか?

以外と年収アップは難しくないかもしれませんよ!

20代におすすめの転職サイト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です