平均年収って一体なに?就職や転職する際に意識すべきポイント

平均年収
20代におすすめの転職サイト 【転職活動を無料で全面的にサポートしてほしい人向け】

【信頼度No.1】マイナビエージェント公式HPへ

【5分で自分の適正年収が知れる!】

【登録して待つだけ】MIIDAS公式HPへ

新しい会社に就職したり転職する場合に、多くの人が目を通す項目である「平均年収

やりがいや、自身が成長できるかどうかで会社を選ぶ人も多い昨今ですが、やはり年収を気にしないという人は少ないです。

年収は仕事の全てではないにしても、年収が多いに越したことはありませんからね。

しかし、一般的に会社が公表している平均年収には、実際に入社してから貰える額と大きく乖離してしまうケースがあるのです。

入社してからの理想と現実のギャップに打ちのめされないためにも、あらかじめ平均年収とは何かについて理解しておく必要がありますね。

そこで今回は、平均年収とは一体何を表しているのか、それを踏まえて就職や転職する際に意識すべきポイントについて解説していきたいと思います!

20代後半で手取り21万の生活は?平均年収と比較して給与について考える

2018.05.24

平均年収とそのカラクリ

まず、平均年収というものは何なのでしょうか。

例えば、一つの会社に年収が

  • 200万円
  • 400万円
  • 600万円
  • 800万円
  • 2000万円

の5人がいたとしましょう。

この場合、この会社で働く社員の平均年収は(200 + 400 + 600 + 800 + 2000)/ 5 の式を用いて計算できますね。

よって、この会社での平均年収は800万円ということになります。

これが何を示唆しているかと言うと、役員や管理職など高給取りの人たちの年収まで平均年収の計算式に入れてしまうと、若者の社員などと大きな乖離を生むことになってしまうのです。

ちなみに、高給取りの人たちの年収を計算式に入れるかどうかは、会社によって異なります。

もし計算式に入れれば会社の平均年収を大きく上げることが出来るため、新卒や転職で目をつけてくれる人の数を増やすことが可能です。

しかしその反面、会社に入ってから平均年収との大きなギャップを感じてしまって離職率が高くなってしまうことも考えられます。

なので、これから就職や転職をしようと考えている人は、公表されている平均年収だけを見て会社選びをすることはやめておいた方が賢明です。

ちなみに、平均値ではなく中央値を用いている企業もあります。

これは一つの会社に年収が

  • 200万円
  • 400万円
  • 600万円
  • 800万円
  • 2000万円

の5人がいたとすると、真ん中の600万円を採用するものです。

平均年収と比較されることがあるので、頭の片隅に置いておいてください。

就職や転職する際に意識すべきポイント

平均年収とそのカラクリが分かったところで、では何を意識して就職・転職活動を行っていけば良いのでしょうか?

年収以外の要素としては、

  • やりがい
  • 人間関係
  • 福利厚生

などが挙げられます。

とはいえ、やりがいや人間関係は正直入ってみないと分からないことも多いため、まずは福利厚生についてしっかり確認しておきたいところです。

手厚いサポートがあると仕事をする上で精神的に安定しますし、色々とチャレンジしたりしやすくなりますからね。

なので目先の平均年収だけに目をくらませず、しっかり手厚い福利厚生を受けられるのかどうか、確認しておきましょう!

あとは、会社の紹介欄で当たり前のことを高らかに謳っている会社には、細心の注意を払っておきましょう。

これは筆者が経験したことでもありますが、会社の仲の良さや男女平等性などをアピールしている会社に良い会社は少ないと思っています。

なぜかと言うと、良い会社というのは人間関係や寛容性などが当たり前に備わっているものなので、わざわざ良い部分として取り上げようとも思わないからです。

会社の仲の良さ、男女平等性などをアピールいているということは、普段から会社内にその風潮がないことの裏返しであるとも考えられますからね。

【こんな求人に注意】絶対に転職しちゃいけないブラック企業の見分け方とは

2017.03.20

会社が何をアピールしているのか、これは文章だけでも感じ取ることが出来る部分なので、意識してみてくださいね!

まとめ

今回は、平均年収とは一体何を表しているのか、それを踏まえて就職や転職する際に意識すべきポイントについて解説しました!

会社が公表している平均年収には実はカラクリがあったりするものなので、年収だけを見て会社を選ぼうとはしない方が良いでしょう。

とはいえ、やりがいや人間関係など、実際に働いてみないと分からないこともたくさんあるので、全てを事前に把握することは出来ません。

なので、転職サイトなどを見る際には福利厚生や会社がアピールしている事柄などに目を向けてみてください。

そうすることで、あなたが理想とする職場で働くことが出来る可能性を少しでも上げることが出来ますよ。

稼ぎたい方におすすめの転職支援サービス

平均年収

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です