仕事が嫌いな人は9割もいる時代。嫌いになる前に試してほしいこと

20代におすすめの転職サイト 【転職活動を無料で全面的にサポートしてほしい人向け】

【転職実績No.1】リクルートエージェント公式HPへ

【マイペースで転職活動を進めたい人向け】

【求人数No.1】リクナビNEXT公式HPへ

あなたは仕事が好きですか?嫌いですか?

アメリカの世論調査研究所である、ギャラップが2014年に行った調査によると、世界の労働者の実に9割近くもの人が仕事に対する意欲がないと答えたという結果がでてます。

この結果からも、宝くじで◯億円当たったらこんな仕事・・・なんて思っている人が多いことでしょう。

しかし現実は厳しいもので、仕事を捨てて生活を成り立たせることができる人は一握りもいません。嫌々でもほとんどの人が40年間以上勤め上げないといけないのです。

だとしたら、仕事を好きになるまではいかなくなくても考え方だけ変えてみませんか?きっと考え方、取り組み方を変えるだけで「嫌い」という感情からは少しは離れられることでしょう。

関連記事:【休みが多い仕事へ転職したい人必見】選ぶべき業界と転職方法を紹介

仕事が嫌いからの脱出方法を紹介

ジョブエモン
必ずしも好きになる必要はないからね!でも考えかた1つで嫌いという感情は取り除くことが可能だよ

お金だけを意識して働いてみる(お金のため理論)

面白いことに、仕事に対して何を求める?という質問に対して、海外はお金や福利厚生を1番に大切と考える人が多いのに対して、日本では人間関係が1番大切と考える人が多いという結果がでてます。

関連記事:【お金よりも人間関係?】世界と日本人は仕事に対して違うものを求めている!

きっと仕事が嫌いになりそうなあなたは人の目ばかりを気にして萎縮してしまったり、それゆえ仕事と本気で向き合えずやる気までなくしていませんか?

日本では、お金にガツガツしているとネガティブなイメージを持たれてしまいますが、仕事は利益をあげなくては成立しませんから、売上を上げる、自分の給与を増やすことをやりがいとしても何らおかしいなことではありません。むしろ当たり前のことです。

人間関係や、やりがいをなくして仕事を嫌いになりそうになってしまった今でこそ、世界中の多くの人が意識する【お金】と言う部分に集点を当てて仕事をしてみてはいかがですか?

関連記事:【給料が上がらない】転職をして給与が高い会社にいくしか道はない!?

仕事をゲームだと思い込んでみる(ドラクエ理論)

「人生ドラクエ化マニュアル」という著書はご存知でしょうか?

そこにはこんな一文が書かれています。

ワクワクするような目的(夢)をみずから設定し、
「世に存在する本当のゲームルール」や「マイルール」を創造的に、ゲームプレイに活かしながら
その目的(夢)実現を邪魔してくる敵(障害)を攻略しがいのある「楽しいパズル」や「モンスター」と捉え、
今日の今、この瞬間の、敵達との闘いを思いっきり愉しめば、おのずと人生はゲーム化する!

職場での目標はありますか?大きな目標でなくていいです。今日は定時で帰るとか、昨日1時間かかった書類作成を今日は50分でやろうとかそんな小さなことで構いません。

目標を設定したにも関わらず書類作成の合間に上司から仕事が振ってきた、機嫌を損ねた上司からとばっちりを受けた、色んな出来事があると思います。

でも、これら1つ1つが起きる度にへこんだり、ネガティブな気持ちになっていてはキリがありません。極端ですが、「モンスターがやってきた!」と、ゲーム感覚に置き換えるだけでどこか気持ちが楽になりませんか?きっとその過程で起きる戦いをもっと楽しめるはずです。

そんなバカな・・・なんて思いがちでしょうが、何気ない毎日をゲーム感覚で取り組んでみると以外にもイベントに溢れていて捨てがたいものになるでしょう。

仕事が嫌いな人が9割、自分の周りもそうなのかを確認する(人間観察理論)

本気で仕事を嫌いになりそうになってしまった今だからこそ、一度周りを見渡しみてください。

果たしてみんながみんな仕事を嫌そうにこなしているでしょうか?

なかには自分と同じ境遇でも楽しそうにこなしていたり、文句を言いながらでも高い意識で取り組んでいるような人が近くにいませんか?

「自分と違って、あの人は簿記ができるから」「あいつは上司に気に入られているから」

と言い訳を重ねてもキリがありません。なぜ同じ境遇なのに、楽しめるのだろうか?ということを本気で考え研究しましょう。決して自分だけが社内で不幸な訳ではないはずですから、人間観察から入ってみることが大切です。

関連記事:仕事へのモチベーションが下がったときこそチャンスって本当!?

自分の居場所は今の居場所だけではないことを知る(居場所は他にある理論)

本当に本当に、一生仕事なんかしたくない!!!!

なんて強いストレスを感じてしまっているあなたは、今の環境を変えることがオススメです。なにもあなたの居場所は今いる場所だけではありませんし、一歩外に出ただけで、たくさんの可能性に気付けるなんてことが珍しくないです。

人手不足で悩んでいる企業が半分とも言われる今の時代は、以外にもあなたを求めている会社はたくさんあります。

自分はスキルもないし学歴もないしと思い込んでいても、いざ他の業種や企業に目を向けてみると、びっくりするほど自分の居場所があったりするものです。

今ではその幅も広がっていて、これからの時代を担っていく若者をとにかく確保したいと、早期退職者やフリーターまでにも正社員として雇用したいという企業は増えています。

関連記事:【まだ間に合う】20代後半フリーターが正社員として就職する方法
関連記事:転職できる?新卒で勤めた会社を1年で辞めたらフリーターになるしかないの?

【第二新卒(23〜26歳程度)への採用の意識】

とりあえず3年なんて言葉がありますが、3年以内に会社を辞めてしまった人(第二新卒)でも、企業は積極的に採用を行っているのです。

“会社を辞める” ということにネガティブなイメージを抱いている人が多いですが、以外と転職・就職市場ではポジティブな要因も多く、違う居場所を求めることは決して悪くはありません。

むしろ、どーせダメでも転職できるし!!くらいの気持ちをもっておくことが大切と言えるでしょう。

【無料で使える】20代にオススメしたい転職サイトを徹底比較!

2018.02.19

自分の居場所の探し方は転職のプロに相談するのが1番

今の職場が自分の居場所ではないと感じている人も多いことでしょう。正直なところ、こればかりはしょうがないというのが筆者の見解です。

就活をしていて感じた人も多いでしょうが、あんなにも多くの人材を一括採用するシステムを用いている今の制度では、どうしても企業と求職者のミスマッチが起きやすいためです。

「入ってみたら思っていた会社と違かった・・・」というのは決して珍しいことではありません。

そんな時に頼るべきが転職エージェントという、キャリアにおけるプロです。無料で全て利用できるにも関わらず、担当のキャリアアドバイザーが自分につきマンツーマンで、新たな居場所を見つけるサポートをしてくれます。

転職エージェントが無料でサポートしてくれること一覧

転職をすることで年収が上がったと答える人も多いように、仕事は嫌いだけどお金のために働いているなんて人こそ転職をするべき人なのです。

転職前後の年収比較

職場環境、年収、福利厚生、今の仕事が嫌だと感じていても、他にあなたの居場所は必ずありますから他の世界へ目を向けてみることが大切になります。

20代におすすめの転職サイト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です