仕事のプレッシャーで潰れる前に実践・考えてほしい5つのこと

仕事のプレッシャーで潰れる前に実践して欲しいこと
20代の転職希望者におすすめ! 【筆者の年収を150万UP↑に導いてくれたプロ集団】

【実績No.1】リクルートエージェント公式HPへ

   【5分で自分の適正年収が知れる!】

【登録して待つだけ】MIIDAS公式HPへ

「仕事のプレッシャーに耐えられず、どうすればいいのかわからない!」

今まで経験してこなかったような仕事を任されたとき、プレッシャーという壁をにぶつかる人が多いです。

こんな毎日を抜け出したい!押しつぶされそう!なんてネガティブな感情を抱いていると思いますが、そもそもプレッシャーを感じること自体はいいことでも悪いことでもありません。

それを仕事のやりがいと感じる人もいれば、圧力となって息苦しいと感じる人もいる。捉え方次第でどうにでもなる感情なのです。

しかしプレッシャーで苦しいと思っている人が多いのは、プレッシャーではなく「失敗したらどうしよう」なんて自分の未来を悲観していることが根源にあります

今日はそんなネガティブに捉えがちなプレッシャーで潰れる前に実践して欲しいこと、考えてほしいことを紹介していきます。

今にもこのプレッシャーから抜け出したい!なんて考えている人には必見の内容ですよ!

26歳"次にやりたいこと(仕事)がないけど退職したい人が知るべき転職術

2020.01.12

①1番最悪のケースを想像してみる

プレッシャーをポジティブに捉えるためにも、一回でいいので今想像できる範囲でもっとも最悪なケース。何もかもがうまくいかないケースを考えてみてください。

その想像が最悪であれば最悪であるほどいいです。

これはあるプロ野球選手の試合前のルーティーンなのですが、その投手はチームのエースでありチームメイトからもファンからも慕われる存在です。

それゆえプレッシャーを強く感じ、毎回緊張で押しつぶされるような思いが続いたときに、試合前に行うようになったと言います。

最悪なケースを深堀して考えれば考えるほど、「さすがにこんな物事がうまくいかないことはないな」「ダメなことがここまで続くことはないだろう」と開き直れるそうです。

仕事でも全く同じで、プレッシャーを感じるほどの仕事を任せられるということは、その仕事を達成する能力があると認められた上なので力は兼ね備えているわけです。

それゆえ、そんなに悪いことが続いたり、全部が全部ダメなんてことは本来であればまずありません。にも関わらず、なんとなくダメになることばかりを考えしまうため重荷となってしまうのです。

悪いパターンを考える時は徹底的に考え込みましょう。これでもか!というくらい悪いパターンを考え込むことで、少しばかり気持ちを楽にすることができます。

ポン太
これはおもしろい方法だね!むしろいいことばかり考えてポジティブに!なんて人がいるけど、元がネガティブな人には難しいよね。。僕もこっちの方の考え方の方が向いている気がするよ!

②プレッシャーをルーティン作業化してしまう

大勢の観客に囲まれ、失敗したらため息の渦にまかれるようなスポーツ選手のルーティンこそ、プレッシャーに打ち勝つヒントが隠れています。

イチロー

メジャーリーガーのイチロー選手の場合、バッターボックスに入る前に体をほぐす意味で屈伸運動を毎打席行います。

さらにその前を辿るとネクストバッターズサークル(次打つ人が待つところ)でゴルフスイングをしたり、実に1つの打席に経つまでに17種類のルーティンがあると言われています。

クリスティアーノ・ロナウド

サッカーのC.ロナウドも、フリーキックを蹴る際に、ボールから1,2,3と一完歩ずつ確かめるように5歩下がります。これもルーティンの1つで、自分の歩幅的に一番いい状態でキックが蹴れる位置を確かめる意味合いがあります。

結果を出すことに集中すること

以上で紹介してきたスポーツ選手レベルになると、毎年、毎試合、結果を出して当たり前という相当なプレッシャーが常にかけられます。

ただ彼らは、体をほぐしたり、自分が一番ベストな力を発揮できるようにするための儀式(ルーティン)を行い、プレッシャーではなく結果に対しての集中力を高めることで常に高いパフォーマンスを誇り続けているわけです。

これは何もスポーツ選手に限らずビジネスマンに適用ができることです。

大きなプレッシャーがかかるプレゼンの日は

  • 自分の好きな色である赤のネクタイをする
  • 特別力が入らぬよう、いつも通り会社についたらコーヒーを飲む
  • 大切な日にだけ通る道を変える

等、1つ自分の行動パターン(ルーティン)を確立させます。このように物事に取り組むことで、プレッシャーを感じるよりも結果にコミットできるようになるのです。

仕事場でも、家からでも、大事なプレゼンの前でもなんでもいいので、自分のルーティンというのを1つ作って実践してみましょう。

③小さなことを成功とする

プレッシャーと言う言葉の裏には、”失敗したらどうしよう” という恐怖・そして ”自信のなさ” というが見え隠れしています。

その恐怖や自信のなさを改善するには成功体験を繰り返して、徐々に自信をつけていくしかありません。

最終的な結果ばかり見てたら、その過程で起きている大切な成功体験を見逃しがちで、常にプレッシャーを感じながら、自信が持てぬまま仕事を続けなくてはいけなくなります。

仕事には計画を立てたり、計画を実行するために打ち合わせがあったりと、様々なタスクがあるのですから、その1つ1つのタスクに対して成功or失敗、なんて評価基準を設けながらやっていくと、最終的な結果のみに怯える必要がなくなります。

やっていくなかでうまくいくことは必ずあるでしょうから、それを成功体験として自信をつけていけばいいのです。

自分を否定してネガティブな感情で物事に取り組むことこそ、ネガティブな事態を招く最大の原因なので、小さいことでも成功と捉えて、自己肯定をする機会を増やすことでプレッシャーを楽しめるようなります。

ポン太
成功って大きなものを想像しがちだけど、小くていいんだね。1つのタスクを消化できただけでも成功って考えて成功体験を増やせるように頑張るよ!

④自分の置かれている状況を整理してみる。

自分が任されている仕事の重要性。自分の立ち位置。なんてものを一度立ち止まって、客観的な視点で見てみましょう。

自分では大事な仕事、絶対に成功させないとやばい!なんて肩の力が入りまくっているような仕事でも、

「あれ、以外に自分がプレッシャーだと思ってやってることは、会社からしてみれば大きなことではない?」「自分の抱え込みすぎ?」なんて気づきもあるでしょう。

会社の今後を左右する事業なんて、社員数人のベンチャー企業でもない限り滅多にありませんから、肩の力が入り過ぎて本来の力が出せなくては残念以外のなにものでもありません。

責任を感じやすいのはいいことですが、会社でやっている以上、自分1人だけがプレッシャーを感じて仕事に取り組む必要は全くないのです。

仕事でやらかした!でも会社からクビを言い渡されることはまずない

2019.10.06

⑤行動することが唯一の解決方法だと諦める

プレッシャーに押し潰れそうでやばい!という時こそ手が動いてないときです。

結果はどうであれ、何かに必死に取り組んでいるときはプレッシャーを感じる余裕もないほど必死でしょう。どちらにせよ行動を起こさない限りはプレッシャーに打ち勝った先の成功は体験できません。

プレッシャーを解決する唯一の方法は行動することだと諦めて、必死に物事に取り組むのも解決方法です。

プレッシャーに押し潰れそうであれば辞めることも手段のうち

プレッシャーに打ち勝つ方法、考え方をここまで紹介してきましたが、そのプレッシャーが自分への圧力となって毎日辛い、仕事にすら行きたくない、なんて状態であれば逃げ出すというのも手札として持っておきましょう。

もちろんできることなら、プレッシャーと向き合ってやり遂げて欲しい気持ちもありますが、苦しい思いをし続けて、あなたが仕事を嫌いになってしまったり、仕事ができないような精神状態になってしまったら元も子もありません。

1番は自分の身体ですから、どんなことがあっても限界を迎える前に逃げ出すことも大切な手段の1つなのです。

【逃げ場が大事】仕事の不安を取り除くために実践してほしい5つのこと

2018.04.04

幸いこの記事を書く筆者も、社員数人のベンチャー企業勤務自体に精神的に追い込まれて、逃げるように転職をした1人です。

正直当時は追い込まれ過ぎて逃げるという選択肢すらなかったのですが、ご縁があってリクルートのキャリアアドバイザーにキャリアについて相談したことで視野が広がり、結果的に環境を変えることができました。

【リクルートエージェントの評判】運営者自ら利用→転職成功を達成した上で語る!

2019.07.20

逃げ出してしまったから次はない。

正社員として働くのは無理。なんていうのは世間の勘違いであり、実際は20代から30代前半の社会人経験者を中心に、「雇いたい!」と思っている企業は多いです。

事実として筆者もリクルートの人に、とりあえず相談してから、転職をすると決断するまでが1週間。その後の転職活動自体は実質2週間ほどで終わりました。

専門卒ですし、社員数人の会社しか経験したことないですから、特別キャリアがあるわけでもありません。

純粋にご縁で出会ったリクルートの方に「無料だからいっか」くらいの勢いで相談したのがきっかけでした。

追い込まれている時ほど自分のことを責めがちですが、視野を広く持ち、会社の同僚や上司のような利害関係のある人ではなく、全く別の視点を持った方に相談するのが手です。

自分にとってはそれがキャリアに詳しいキャリアアドバイザーであり、自分のキャリアによって窓口を唯一選定してくれるリクルートエージェントでした。

業界最大手だからこそ、スタッフをたくさん抱え、その中でも利用者のキャリアに近い担当者を紹介してくれるので、業界ならではの相談をしても話しが通じるし、理解度も高かったです。

それが故に結果として、筆者の場合は年収150万UPの転職に成功して、今のホワイト企業での勤務があります。

どうしてもプレッシャに押し潰されそうだ、そんな毎日が続いて休みの日すら休んだ気にならない、しんどい、なんて方は、筆者のように1度でいいのでキャリアのプロと言われるアドバイザーに相談する選択肢をとってほしいです。

どんなに相談をしても無料ですから、今までのキャリアのこと、将来的なキャリアのことを含めて、1つでも自分の不安を減らしていきましょう。

【運営者プロフィール】リクルートエージェントを使った転職活動とこれまでの歩み

2019.10.09

20代におすすめの転職支援サービス

仕事のプレッシャーで潰れる前に実践して欲しいこと

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です