26歳”次にやりたいこと(仕事)がないけど退職したい人が知るべき転職術

仕事を辞めたいけど次にやりたいことがない場合はどうする!?
20代の転職希望者におすすめ! 【筆者の年収を150万UP↑に導いてくれたプロ集団】

【実績No.1】リクルートエージェント公式HPへ

   【5分で自分の適正年収が知れる!】

【登録して待つだけ】MIIDAS公式HPへ

今の仕事を辞めて転職したいけど、やりたいこともなければ興味のある職もない。

とりあえずブラック企業じゃなければ・・・なんて人は以外と多いです。これは現役のキャリアコンサルタントも口にしていることですし、決して悪いことではありません。

もっと言えば、常に不景気が続いていた中で育ってきた世代なので、やりがい以前に、とりあえず安定感第一なのはこの世代の特徴とも言えるでしょう。

【リクルートエージェント キャリアコンサルタントより】→実際に筆者も利用したエージェント様です。

転職時に自分のやりたいことがバッチリ決まっている人は、そう多くはありません。

ほとんどの人が、「なんとなく」という漠然とした気持ちから転職活動をスタートさせ、具体的な求人を前にして、自分の方向性やこだわり、関心が見えてきて、はじめて応募を検討していきます。

引用元:リクルートエージェント様 「やりたいことが決まってないと転職活動は難しい?」より

【リクルートエージェントの評判】運営者自ら利用→転職成功を達成した上で語る!

2019.07.20

正直うちに来るフリーター層や第二新卒と言われる方は「大手に入りたい!」と勢いよく来るような方は少ないかもしれません。とりあえず就職したいみたいな人の方が多いですね。

そして、「何をやりたい!」というよりは、「ブラック企業は嫌だ!」みたいな要望の方が多い傾向があります。引用元:ネットの評判は嘘!?ハタラクティブのサービスとは?より

このように、多くの転職(求職)希望者と関わる機会が多いキャリアコンサルタントが語っているように、やりたいことがないことは決して悪いことではありません。

やりたいことがない人こそ
リクルートエージェントへ相談

【誰に相談するべき?】仕事を辞めたいあなたが話し合うべき相手とは?

2017.10.07

やりたいこと(仕事)がない人が転職を成功するために必要な3つのこと

やりたいことがないのに転職なんて・・・と気がひける思いの人も多いと思いますが、仕事選びの基準は自分がやりたいことか?やりたいことではないか?だけでは決してありません。

生活に関わる給与面や、福利厚生面、労働環境の合う合わないは人それぞれなので、決して転職の理由や、希望の企業に入りたい理由が「やりたいこと」でなくても問題ないのです。

①転職支援サービスに登録して利用してみる

ジョブエモン
とにかく迷っている人こそ転職エージェントと言われる転職のプロに相談するのが1番だからね!登録も利用も全て無料だから、必要なのは自分の行動力だけだよ!

「1人で好きなことを探そう!」「やりたいことを探そう!」「自分の経験を活かそう!」なんて思い立っても、仕事の探し方やいい求人との出会い方なんて正直存在しません。

というのもこの世に求人は山ほどありますし、自分の条件に見合う求人を1人で探していたらキリがないです。そして、求人を探すもなかなか捗らずに諦めてしまう人が多い現状もあります。

せっかく、転職しようと意気込んだものの、これでは本末転倒で空回りしただけになってしまいます。1度でも勇気を持って転職しようと意気込んだのなら、しっかり転職について知識があるプロに相談に行くべきです。

転職エージェントが無料でサポートしてくれること一覧

これは筆者の経験談でもあるのですが、1人でやっていたら本当にキリがないので、ある程度はプロに選定してもらって、その候補の中からさらに自分にとって条件の合う企業を選んでいくのが得策です。

上記のイラストにあるよう、リクルートエージェントを使えばこれだけのことを無料でしてくれますから、求職者側がやることが圧倒的に少なくなりますし、利用した筆者もそうでした。

高いお金がかかると思われがちかもしれませんが、転職が決まろうと、決まらなかったとしてもお金を請求されることは一切ないです。以下の記事でも詳しく説明しておりますが、転職者ではなく企業側からお金をもらっているためです。

【なぜ無料?】転職エージェントの仕組み知ることから始めてみよう

2020.01.20

行動力1つでだけで、転職活動をスムーズに進めるきっかけになるので、とりあえず相談だけでもという認識でもいいので、ここは今すぐやるべきでしょう。

②カウンセリングを受けて自分の意思や現状を伝える

転職エージェントに登録すると、まずはカウンセリングがあります。ここでは転職先を探すというよりは、相談者の現状やキャリアに対する考え方等をメインに聞かれます。

もちろん、嘘をつかずに、やりたいことが仕事ない場合は「ない」とはっきりと伝えましょう利用したからと言って「絶対転職してください!」とはならないので安心してください。

リクルートエージェントのキャリアコンサルタントは公式サイトで以下のように語っていますし、実際に筆者が利用した際も一定の業種や、先方の都合を一方的に押し付けられることもありませんでした。

最初から「この仕事!」と決め打ちするより、(なんとなく転職したいという漠然とした気持ちの)そのほうが「世の中にはこんな仕事もあるのだな」と驚くような職種に出会ったりもするのです。

このように、カウンセリングで「やりたいこと仕事がない」「わからない」なんて答えても、リクルートエージェントのキャリアコンサルタントであればポジティブに捉えてくれるのでなんの心配もいりません。

※筆者はリクルート以外も利用したのですが、会社によってはコンサルタントのノルマが厳しいためか、とにかくしつこい電話や、一方的に「〇〇さんにはあってる会社なんで〜」なんて推し方をしてくるので注意です。

③1つでいいから自分のポジティブな部分を見つける

やりたいことがない、得意なことがない人も、自分が気づいてないだけで職歴だったり人間性だったり、スキルや資格では表せない部分まで見れば魅力の1つや2つはあるものです。

やりたいことがない、得意なことがない、転職できない、仕事辞めたい、とネガティブづくしではうまくいくものもうまくいかなくなってしまうので、ここで1度ポジティブな面を見つめ直すのはいかがでしょうか?

MIIDASを利用すると、たった5分で自分の適正年収を知ることができます。これも無料でできるので1度利用してみて自分の市場価値を確かめてみるといいでしょう。

ジョブエモン
自分が思ったより、適正年収が高かった!なんて答える人が多いのもMIIDASが人気の理由だよ。自信がある人なんて少ないからね!

【診断結果の例】

MIIDAS公式HPへ

また、グッドポイント診断という自分の長所を知れる診断もおすすめです。こちらは、市場価値というよりは自分の内面的な良さを教えてくれます。

good point demo

世間的にも有名なリクナビNEXTが提供している診断で、結果が8568通りあることからも本格的と話題で評判もいいです。診断には20分程度かかりますが、こちらも無料なので利用してみるといいでしょう。

やりたい仕事がない人がやってはいけない3つのこと

ジョブエモン
行動を起こすのは悪いことではないけど、やり方を間違ってしまうと困るのは自分だからね。とにかく今から言うことはやらないように!

①無理に自分のやりたい仕事を決めつけてしまう

自分のやりたいことを探そう探そう、見つけよう見つけようと切羽つまるあまり、「自分でこれが好きなんだ」「今までやってきたことはマーケティングだからマーケティング会社を探そう!」と自ら自分の可能性に蓋をしてしまう人がいます。

仕事はたくさんありますから、やりたいことがない時こそ新しい仕事をするチャンスだったり、今までの経験を他の仕事に活かすことを考える貴重な時間なのです。

無理に自分のやりたいことを決めつける必要はありません。仕事はたくさんあるし、あなた自身の可能性も多いにあるのですから、その可能性をいい方向に導いてくれるキャリアコンサルタントに相談するの最善策です。

②独自で転職活動を進めてしまう

今の仕事を辞めたい気持ちが強くなると、とりあえずネットで見つけた求人に応募しては書類を作り面接へ向かう日々が続くことでしょう。

行動を起こすことは悪くはないですが、効率が悪い上に、これではいい企業に出会える可能性も自分で下げてしまっています。

求人はどこの会社もネガティブなことは書かないのでよく見えてしまいがちです。仮に採用が決まっても年収交渉だったり契約面の確認など素人には複雑なことも続くので、転職エージェントに頼って代行してもらう方がトラブルは防げるでしょう。

③転職活動に集中しようと、とりあえず会社を辞めてしまう

職歴に隙間があろうと採用してくれる企業が多いのは確かですが、世間的に「職歴に隙間が空いているのはよくない」と認識があるように、採用担当によってはあまりいい印象を持たない人も少なくありません。

転職活動に集中するために仕事を辞めた方がいいと思い込んでいる人も多いですが、それは間違いです。

仕事を辞めてから転職活動をしてしまうと、経済的な面で苦しい部分がでてきたり、せっかく仕事を選べる期間にジリ貧な思いをして、泣く泣く入社日が早い企業に就職せざるを得ないなんて状況が起こりがちだからです。

やりたい仕事がない人こそ転職のプロに相談しよう!

総じて、やりたい仕事がない人こそ、リクルートエージェントを利用して正しい転職活動をするべきです。

今や人手不足の企業が多く、転職希望者からしてみれば仕事が選べる最高のチャンスなので、その絶好のチャンスを逃さないためにも、1つ1つ疑問点や自分のモヤモヤ感を取り除いてもらいつつ転職活動を進めていくことが大切と言えるでしょう。

正社員が不足している会社の割合

ここまで自信を持って”やりたい仕事ない人の転職方法”を述べれたのは、26歳で転職を決意した筆者自身がそうだったためです。

たまたま当時勤める企業の取引先の人が助言をくれてリクルートを利用したことで、とにかくスムーズかつ色々と相談にのってもらい納得した上で転職ができたのでここまで書かせていただきました。

仕事と人生はきっても切り離せない縁みたいなものですし、職業選択の自由なんて権利が僕らにはあるのですから、仕事は選んでいいんですよ!

【20代の転職】人材不足で需要が高まっている今がチャンス!

2019.11.01

20代におすすめの転職支援サービス

仕事を辞めたいけど次にやりたいことがない場合はどうする!?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です