【こう切り抜ける】転職でのブランク期間を不利にしない理由

【こう切り抜ける】転職でのブランク期間を不利にしない理由
20代の転職希望者におすすめ! 【筆者の年収を150万UP↑に導いてくれたプロ集団】

【実績No.1】リクルートエージェント公式HPへ

   【5分で自分の適正年収が知れる!】

【登録して待つだけ】MIIDAS公式HPへ

ポン太
転職する場合、ブランク期間があるとどうしても不利になっちゃうよねぇ…これはもう、履歴書詐称するしかないかもな…。
ジョブエモン
ちょっとちょっと!履歴書を詐称するなんて犯罪だよ!ちゃんとマイナスにとられないブランク期間の理由があれば、そんなに不利になることはないんだよ。
ポン太
さすがに犯罪になっちゃうのはマズい!ブランク期間のちゃんとした理由ってどんなものがあるの?教えて~ジョブエモン!

ブランク期間で不利な期間は半年から

【こう切り抜ける】転職でのブランク期間を不利にしない理由

転職するにあたりブランク期間が発生しても、一般的に1ヶ月程度であれば何ら気にする必要はありません。少々転職に時間がかかったとしても、2、3ヶ月であればまだ大きな問題にはなりません。

しかし、ブランク期間が半年を超えてくると通常の転職活動における空白期間のイメージを超える長さなので、面接で聞かれた際には説得力のある説明がないとマイナスの印象を与えてしまいます。

これで完璧!不利にならないブランク期間の理由

現実問題、転職先が決まる前に会社を辞めてしまった人の場合、2ヵ月程度のブランク期間が発生することもありますよね。

ましてや、1つ目の転職先で採用されれば良いのですが、2つ目3つ目と落とされてしまうと、あっという間に半年程度のブランク期間が空いてしまいます。

半年以上のブランクがある場合、ほとんどの採用担当者はその理由を聞いてきます。人材を採用するためには、あらゆる角度から応募者の人物像を判断する必要があるからです。

履歴書や職務経歴書といった書面からだけではなく、会話を通して本当に採用後もしっかりと働いてくれそうかどうか、何か問題を抱えていないかを探ります。

ブランク期間が長くなればなるほど、応募者が仕事に対して意欲があるか、入社後にトラブルを持ち込まないかといった確認が必要なのは自明の理です。

半年を超えるブランクがある人は、その理由について必ず質問されると思って、どう答えるのか準備しておきましょう。

それでは、採用担当者も納得する不利にならないブランク期間の理由には、どんなものがあるのか見てみましょう。

自分磨き

ブランク期間が自分磨きのためであれば、たとえ1年のブランクがあったとしても採用担当者に与える印象はアップします。

自分磨きには、転職に必要な資格取得や語学留学、公務員試験など色々ありますが自分を高めてスキルアップするために時間を費やしていた、と説明すると好印象を与えることができます。

仮に資格を取得できなかった場合は、逆にマイナスのイメージを持たれかねないので、あくまでも履歴書に書けるような資格取得をした場合のみ、ブランクの理由として使えます。

また、民間企業に転職希望のはずが、なぜ公務員試験を受けようとしたのか、という質問にもきっちり受け応えできることが必要です。「応募先の会社ならではの仕事内容に強く魅力を感じたから」など、採用担当者が納得できる理由を考えておきましょう。

資格取得は履歴書に書くことができますが、履歴書に書けないような自分磨きがブランクの理由の場合もあります。

自己啓発セミナーを受け意識向上を果たしたとか、読書の時間を積極的に作り多角的な視野を広げる期間であったなどがありますが、いずれも前向きなエネルギーを感じさせる理由であれば決して不利になることはありません。

どんな理由であっても、ウソをつくのはやめておきましょう。経験値の深い採用担当者であれば、自分磨きから得たものは何だったのか、それが仕事にどう役立つと思われるか、など鋭く突っ込んできます。

自分自身を向上させるためのブランク期間だった場合、以前の自分と比べてどんな点がどのように変化したのかを具体的に伝えると、採用担当者からプラス要因として判断してもらうことができます。

家庭の事情

長いブランク期間の理由で多いのが、家庭の事情によるものです。家族の介護が必要になるケースは自分自身でコントロールできるものではないため、採用担当者としてもマイナスな理由とは判断しません。

また、自身の怪我や病気といった事情もあります。前の会社を退職した理由が怪我や病気だった場合、水泳やウォーキングといったリハビリのために努力したことも併せて伝えましょう。

さらに、面接官に「この人なら採用しても大丈夫」と思ってもらえるように、笑顔とハキハキしたしゃべり方を心がければ、より好印象と安心感を与えることができます。

長期ブランクの理由が家庭の事情や健康問題だった場合は、現在は就業に問題がないことをしっかりとアピールすることも重要です。

ブランク後の転職を成功させるためには、仕事への意欲と体力が十二分に備わっていることを伝えましょう。

前向きな姿勢を見せることが最重要ポイント

ポン太
そうか、たとえ転職までのブランク期間があっても、ちゃんとした理由があれば不利にはならないんだね!
ジョブエモン
転職は即戦力を求められるから、自分自身でブランク期間を肯定的に捉えられないと、その自信のなさが採用担当に伝わって印象が悪くなるんだ。ブランク期間は飛躍のための下準備というくらいに考えて、ブランク期間があったからこそ、自分は成長した・成長できるということを印象付けることが最重要ポイントだよ。

20代におすすめの転職支援サービス

【こう切り抜ける】転職でのブランク期間を不利にしない理由

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です