仕事がマンネリ化するのは当たり前!自分の引き出しを用意しておくことが大事

仕事がマンネリ化するのは当たり前!自分の引き出しを用意しておくことが大事
20代におすすめの転職サイト 【転職活動を無料で全面的にサポートしてほしい人向け】

【転職実績No.1】リクルートエージェント公式HPへ

【5分で自分の適正年収が知れる!】

【登録して待つだけ】MIIDAS公式HPへ

仕事がマンネリ化してつまらない、やりがいを感じられない、毎日毎日こんな思いで仕事を続けるのは非常に辛くないですか?

勤務期間が長くなってくると誰もが感じることですが、「仕事がつまらない!」なんて他人に相談した時点でダメ出しされることは目に見えますから、吐き出せずに日々思いを募らせている人も多いでしょう。

結論から言いますと、マンネリ化してしまうのは仕方がないことで、そんな自分を救う引き出しをいくつか持っておくことが大事です。

今日はそんな誰もが直面する仕事のマンネリ化に関して詳しく迫っていきましょう。

マンネリ化することは決して悪いことではない

まず大前提として、マンネリ化することは決して悪いことではないことは理解しておいてください。

「マンネリ化」という言葉がよく使われる恋愛に例えますが、最初のうちはお互いの関心が高くうまくいっていたのに、1年2年と付き合ううちに関心が薄れてきたのかどうもうまくいかない。。。なんてことがあります。

確かにお互いの関心がなくなったことに関しては決して良いこととは言い切れませんが、他のことに関心を抱く余裕ができたと考えるといかがでしょう?友達、趣味、異性(これはあまりよろしくありませんが・・・・)。

仕事に置き換えると、続けてきた仕事が手につくようになってきて、意識せずともルーティンワークとして体に染み付いたということを意味します。それゆえに続けてきたことにやりがいを感じなくなった、なんていうマンネリ化を引き起こしているのです。

仕事が手につくことは決して悪いことではありませんから、マンネリ化は決して悪いことではないのです。あなたが成長している証であることを理解しましょう。

マンネリ化した時に用意しておくべき3つの引き出し

やりがいを感じない、成長を感じない、こんなことを続けていて意味があるのか知りたい、マンネリ化に苦しむ人からはこんな声が聞かれますが、そんな時こそ自分の引き出しを持っておくことが大切です。

自暴自棄になってしまっては自分で自分を苦しめるだけです。自分くらいは自分を肯定できるようにしましょう。

自分の成長を確かめる手段を用意しておく!

成長が感じられない、とマンネリ化に悩む人にぜひ試して欲しいのが、自分の成長を確かめる手段を用意しておくことです。

例えば、毎日パソコンを触っている時間が長い人でしたら、定期的にタイピング計測ツールで自分のタイピング速度を測ってみる。あるいは、自分の仕事に関係のある資格にチャレンジしてみる、等です。

小中高大(専)と、我々は定期的にテストがある環境で育ってきました。その度に一喜一憂しては自分の成長を噛み締めたり、時には落ち込んだりしてきたでしょう。

しかし、社会人になると自分の成長を確かめるような機会(テスト)のようなものがなく、上司からの評価(通知表)だけで完結してしまうので、自分の成長過程がわかりづらく、”成長してない” なんて感覚に陥る人が多いです。育ってきた環境がみなそうなので、こればかりは仕方がありません。

だからこそ、自分が成長できている!と感じられる、あるいは確かめられる機会を日常的に設けておく必要があるのです。

資格勉強1つとっても、キャリアアップ、昇給、なんてイメージでする人が多いですが、そんな義務感の中ではなく、自分の成長確認くらいの気持ちで取り組むのが大切です。キャリアップや昇給はおまけくらいの気持ちで問題ないでしょう。

誰のために仕事をしているのかを明確にしてみる

自分の生活のため、お客様のため、取引先のため。自分の仕事は誰のためにしているのか?なんて質問されたら、多くの人このように答えるでしょう。

ただ、会社組織の中で個人が担う仕事はごく一部に過ぎないので、自分の仕事ばかりと向き合い過ぎて誰の役に立っているのか?自分の仕事によって誰を救えているのか?なんてことが曖昧になりがちです。

社会的承認欲求なんて欲求が人間の中にはありますが、誰かの役に立っている、感謝されている、認められている、という感情が満たされることで幸福度が高くなります。しかし目の前の仕事だけと向き合っていると、ターゲットが曖昧で承認されているかを確認する余地すらありません。

この仕事は誰のため?これをやることで誰が喜ぶ?どれだけ社会に貢献してる?

人や会社にやらされている仕事かもしれませんが、意味のない仕事なんて存在しませんから、ターゲットを明確にすることで意味を見いだしてみましょう

すると、自ずと「こうやったら、あの人喜ぶだろうな」なんて工夫やアイディアが浮かんでくるので、マンネリ化脱出のキーとなります。

自分の市場価値を調べてみる!

上2つに共通しますが、自分が成長している!社会的に認められている!なんて感じることができれば、仕事へのマンネリ化は防げます。

ただ、同じ職場にい続けては毎日上司が褒めてくれるわけではないですし、視野も狭くなりがちなので、一度視野を大きく持ってみることが大切です。

そういう意味でも、自分がやってきたことは他の会社で通用することなのか?評価されることなのか?ということを確かめてみるといいでしょう。

有名なプロ野球選手が「誠意は口ではなくお金」なんて言葉を発しましたが、一般社会でも同じこと。評価が高ければ年収は高まるし、低ければ年収も低くなります。

そういった意味でも、今現在の自分は年収をいくらもらうべき人間なのか?なんてこと調べられるmiidasの年収診断ツールは非常におすすめです。

また、実際に転職しろ!とまでは言いませんが転職支援サービスを利用して、自分が今転職活動をした場合、どんな会社に勤められるか?年収は?条件は?等、自分の需要について確認してもいいでしょう。

転職支援サービスは完全無料かつ、リクルートエージェントをはじめ相談だけの利用も可能です。転職する気がない人でも利用を歓迎しているくらいなので、一度プロのアドバイザーに自分の需要を確かめてもいいかもしれません。

大切なのは狭い視野ではなく広い視野を持って自分の価値を確かめてみることです。

20代におすすめの転職サイト

仕事がマンネリ化するのは当たり前!自分の引き出しを用意しておくことが大事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です