【逃げ場が大事】仕事の不安を取り除くために実践してほしい5つのこと

20代におすすめの転職サイト 【転職活動を無料で全面的にサポートしてほしい人向け】

【転職実績No.1】リクルートエージェント公式HPへ

【マイペースで転職活動を進めたい人向け】

【求人数No.1】リクナビNEXT公式HPへ

仕事が不安で毎日夜も眠れない人も多いのではないでしょうか。

任されてるプロジェクトのプレゼンや部署異動や新しい職場を控えてるというのなら誰だって不安に思うこともあるでしょう。

しかし、普段から仕事が不安でしょうがないというなら話しは別です。職場の人間関係、ノルマ、経済面への不安、人それぞれだと思いますが、その不安をとり覗くために実践してほしいことを紹介していきます。

今の仕事からの逃げ場を作ることが大事

  1. 仕事を辞めたかったらいつでも辞めてもいい
  2. 次の仕事も用意されてる

考えて見てください。例えば、上記の2つがあなたに保証されていたとしたら、今の仕事に対して感じる不安という気持ちが少しは軽くなるのではないでしょうか?

生活のために仕事をしている人がほとんどなので、今の仕事を辞めても生活できる経済状況(給与をくれる職場)や社会的な地位(会社員など)さえ保証されている逃げ場があれば理想的です。

ただ、これらのことはただの理想論でなく、本来誰もができることです。「職業選択の自由」という権利を日本国民なら誰もが持っている以上、毎日不安な職場から逃げるようなことがあっても守られる立場にあります。

逃げることが悪いこととされていますが、逃げ場という意味で自分の市場価値をMIIDASというサイトで調べてみてはいかがでしょうか?

自分がもし転職したときの年収や業界について知ることができます。
“仮に今の仕事を辞めても、年収500万の仕事に就ける!” という心持ちがあるだけで、負担は少しでも軽くなるでしょう。

【筆者のMIIDAS診断結果の例】

筆者は今の仕事を辞めても132社に会社に転職できる可能性があり、600万ほどの年収が得られることが調査よりわかりました。無料で診断できますから、あなたも試してみてはいかがでしょうか?

不安な根源を徹底的に分析する

仕事が不安と思う人の中には “なんとなく不安”という気持ちを持っている人も多いのではないでしょうか?

仕事が不安と言いながらも、結局その不安という気持ちの原因を突き止められない場合は解決のしようがないです。どこからくるのかわからないその不安と1度向き合い、何が不安なのかノートに書くなどしてまとめてみるのがオススメです。

当サイトで実際に仕事が不安だという数人の会社員の方にインタビューをしてみたところ、悩み抜いて末にこんな答えが返ってきました。

  • 〇〇さんとの関係が社内でギクシャクしていることが不安(25歳 男性)
  • 残業が続いていて、一生この繰り返しなのか不安 (23歳 男性)
  • 教育係を頼まれたが、後輩に嫌われているのではないか考えることが多い(26歳 女性)
  • 昇給したけど、スキルが一般社員と同じで不安(28歳 男性)

こうして並べてみると原因がはっきりしているように見えますが、原因を聞くと即答できない全員がはっきりとは即答できませんでした。

ただ、原因がわかったことで、人間関係なら周りの人に協力してもらう、スキル面だとわかったなら身につけるべきスキルを再確認し身につけられるように時間を割く等、解決法を考えることができます。

まずは悩んでいる原因をつきとめることがなにより先です。

仕事の優先順序を整理する

仕事が忙しいということは、社会人として必要とされている証でもあるので本来喜ばしいことです。ただ、忙しい人に限って不安という気持ちと隣合わせで仕事をしてしまっている人が多いです。

そんな忙しくて不安な気持ちを抱いている人に試してほしいのがセルフマネジメントです。仕事の優先順位を整理して自分が今何を優先して取り組むべきか確認してみましょう。

【仕事の優先度を整理した例】

task todo

A>B>C>Dという順に重要度は高いです。仕事術を綴った本などでは、Aのタスクが溜まってしまうと抜け出せなくなってしまうので、Aは開けておき、Bに集中できる環境を整えておくことが大切だなんて言われます。

一点集中で取り組む

自分の体は1つしかないので、どんなに効率よく仕事を進めようと思っても限界があります。

あの人はあれだけやっている、上司はこれだけ求めてくる、と他人の言動ばかりに目が行きがちになっては右方左往してしまうだけです。

上記の仕事の優先度で語ってきた内容の続きのようなになりますが、いくつものタスクを同時進行することは基本的には無理なので、重要度が高いタスク一本に絞って実践していくだけで無駄な不安は排除されます。

ラーメン屋に行って、メニューに魅力的なラーメンが10種類あったら “どれを選べばいいのだろう?” “どれがおいしいのだろう” “一緒に行った友達と被らないようにしよう” “友達の方がおいしそう”なんて何かと考えがちになると思います。

しかし、メニューに1種類しかラーメンがなかったらいかがでしょうか?一気に考えることが少なくなるでしょう。

あれもしなきゃこれもしなきゃと考えすぎるあまり、不安な気持ちになってしまうことも多いので一点集中で今やるべきことを終わらせることだけ考えましょう。

自分を肯定する(長所を把握する)

仕事を不安に思う気持ちは人間関係、仕事内容だったりと、外的な問題に思いがちですが、自分がネガティブに考えるあまり自分で自分を不安にさせてしまっていることも考えられます。

自分のことは自分自身が1番わかっているので、自分の悪いところを見つけて否定し続けたらキリがありません。たまには自分を肯定してみてはいかがでしょうか?

自分を認めてあげることにより、ネガティブな感情が排除されて仕事に対する不安という気持ちも自然と遠のいていくことでしょう。

肯定できない場合は長所を診断してみる

そんなこと言われても自分の長所なんて1つもないし、肯定なんてできないとネガティブにまた走りだしてしまおうとしていませんでしたか?

長所が1つもない人間なんて誰一人いないはずなので、どんな手を使っても自分のいいところを見つけられるように勤めましょう。

当サイトでオススメしている自分の長所の見つけ方はリクナビNEXTが提供している、グッドポイント診断というツールです。20分程度質問に答えると、自分の長所をきめ細かく教えてくれます。

【筆者のグッドポイント診断結果の一部】

good point demo

20代におすすめの転職サイト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です