ホワイト企業を辞めたいけど本当に辞めて転職していいか悩んでいる人へ

20代におすすめの転職サイト 【転職活動を無料で全面的にサポートしてほしい人向け】

【信頼度No.1】マイナビエージェント公式HPへ

【5分で自分の適正年収が知れる!】

【登録して待つだけ】MIIDAS公式HPへ

  • 年間休日も文句ない
  • 残業代も支払われる
  • 終電で帰るなんてことはまずない
  • 住宅手当だってある
  • ボーナスも年2回支払われる
  • 業績だって安定してる

それなのに辞めたい、違う会社に転職したいけど本当に辞めてしまってもいいのか?なんて悩んでいるあなたに向けた記事になります。

働き方改革なんて言われ、プレミアムフライデーや在宅ワークの承認、副業解禁なんてニュースを最近では耳にする機会が多くなりましたが、まだまだごく一部の会社だけに適用されている制度でありブラックと言われるような会社は後を絶たちません。

そんななか、せっかく勤めたホワイト企業を辞めてしまったら後悔するのでは??となかなか行動に移せずいる人も多いことでしょう。

結論から言わせていただきますが、少しでも転職したい、新しいことに挑戦したいという気持ちがあるのであれば、行動に移すのがベターです。

少子高齢化など若者の人材不足に悩む企業が多い日本では、今は20代〜30代の転職希望者には有利な状況が続いているのです。就職時に叶わなかった業界への転職だって決して不可能ではありません。

チャンスが広がっている今だからこそ行動に移すべき理由を以下では詳しく迫っていきましょう。

関連記事:【安定企業へ転職したい人必見】オススメ業界を紹介(2018年版)

ホワイト企業を辞めても大丈夫だと言い切れるわけ

なぜここまでホワイト企業を辞めても問題はないと言い切れるか解説していきます。

ホワイト企業を退職しても転職先が見つかる

正社員が不足している会社の割合

今の日本の現状です。リーマンショック以降、人手不足は深刻化していてどこの企業も正社員の確保に必死です。

“チームの若返り” なんて言葉がスポーツ業界でよく使われますが、ビジネスの業界でもIT技術や今後のAIの台頭に際し、柔軟に対応できるデジタルネイティブ世代が喉のそこから手がでるほど欲しい状態なのです。

関連記事:【短期間で優良企業へ転職】20代の転職活動を早期に終わらせるコツ

違うホワイト企業へ転職することも可能

人によってホワイト企業の条件は様々なので、一概には言えないですが、転職エージェントのサービスを利用すれば優良企業への転職は可能です。

実際に若年層向けに転職、就職支援サービスを展開しているハタラクティブのコンサルタントに取材をしたところこんなことを言っていました。

今澤さん
うーん。正直うちに来るフリーター層や第二新卒と言われる方は「大手に入りたい!」と勢いよく来るような方は少ないかもしれません。と言うよりは、とりあえず就職したいみたいな感じが多いですね。

どちらかというと「ブラック企業は嫌だ!」みたいな要望の方が多い印象があります。

【ネットの評判は噓?】ハタラクティブのサービスについて取材してきました!

2017.08.09

会社の将来が不安な20代会社員に伝えたいという記事でも触れていますが、生まれたときから不景気と言われている時代に育った若い世代は、給料の高さよりも休みの多さや残業の少なさ、福利厚生面を重視する傾向にあります。

転職支援を行う会社だからこそ、そのへんに関する理解は高く、利用者の満足度を高めるために多くの優良と言われる企業の求人を取り扱っています

ジョブエモン
そもそもブラック企業ばかり紹介してたら、転職エージェントも評判が悪くなって利用者がいなくなっちゃうからね。そんなことにならないように紹介する会社の質には十分気をつけているよ!
転職エージェントが無料でサポートしてくれること一覧

これだけのサポートを無料で担ってくれますから転職活動への不満はエージェントが解決してくれると言い切れます。

【無料で使える】20代にオススメしたい転職サイトを徹底比較!

2019.05.25

ホワイト企業勤務=幸せとは限らない

ブラック企業で働くような友達の話しを聞いていると、”ホワイト企業に勤めている自分は幸せ” “わがままを言っていられない” なんて思い込みがちですが、ホワイト企業に勤めているから幸せとは限りません。

どんなに環境がホワイトでも、得意ではない部署に移動させられたら満足度は低くなりますし、パワハラセクハラが横行する職場でなくても人間関係の問題はつきものです。

勘違いしないで欲しいのですが、ブラック企業の話題が目立つだけで、ホワイト企業が当たり前です。法という日本のルールにしたがって会社を経営するのは何も不思議なことではありません。

労働環境がホワイトな上で、仕事へのやりがいや自分の満足度を高めていく環境に勤めることを理想としていきましょう。

周りの意見は検討違いなことが多い

何か行動を起こそうとすると、必ず外野からのヤジと言いましょうか?「会社を辞めない方がいい」「そんな会社他にない」等、否定的な意見を言う人が現れるのは致し方ないことです。

そのような言葉に限り「お前のために言っておく」、なんて言葉とともに発せられますが検討違いなことも多いでしょう。

  • 会社を辞めない方がいい→辞めたあとのことは誰にもわからない
  • そんな会社(今まで勤めてきたような)他にない→感じ方は人それぞれだし、同僚以外だとすれば、実際に働いていないので内情は理解できていない
  • とりあえず3年働いてみれば?→今や3年勤めたからと特別評価される時代ではない(「とりあえず3年」と言う人が知らない早期退職者の可能性

困った時に人に相談するは大切なことです。でも1番大切なのは自分がどうしたいか?どのようなキャリアを築いていきたいか?を最優先に考えることでしょう。

周りの意見を正しい意見と感じがちですが、自分にとってなにが1番かは自分以外がわからないことです。周りの意見に耳を貸しすぎるがあまり行動できないなんてことは1番避けなくてはいけません。

自分の気持ちを大切にすることが1番大切

ホワイト企業を辞めた先はブラック企業からもしれない。後悔したらどうしよう。

どんなに悩んでいても、やってみないとわからないことはたくさんあります。だからこそ、ブラックだろうとホワイトだろうと、違うことに挑戦したい!転職したい!なんて気持ちに気持ちに正直になりましょう。

あいにく転職活動においては、転職希望者の要望を答えるべく転職エージェントという支援サービスは今や充実していますし、エージェントが紹介する企業に満足いかない場合、断ることだって可能なのです。

リクルートエージェント公式HPより】

リクルート公式HP 質問&回答

自分の活動に対してネガティブなことを言ってくる人もいれば、転職をポジティブに捉えサポートしてくれる人たちだって存在するわけです。

自分は何をしたいのか?

その気持ちに正直になることが1番の答えです。

リクルートエージェントをはじめ、転職のプロは「相談だけでも」といつでも無料で利用できる状態をとっているので、自分のキャリアに悩んでいるのではあれば、1度相談してみるのも近道の1つでしょう。(電話での相談も可能)

20代におすすめの転職支援サービス

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です