【給料が上がらない】転職をして給与が高い会社にいくしか道はない!?

無料で使える"20代"におすすめの転職サイト

【転職活動を全面的にサポートしてほしい人向け】

【転職実績No.1】リクルートエージェント公式HPへ

【転職活動をマイペースで進めたい人向け】

【転職者の8割が利用】リクナビNEXT公式HPへ

この記事の要点!

  • 給料が上がらないのは自分せいではなく基本的には会社の給与体制などが原因である
  • 日経企業では、年功序列が一般的なので、若いうちに給与がいきなり高くなることがない
  • 給料が元から高い会社に行くのがベスト
  • 外資系は能力重視な傾向があるので、高い給料を目指すのであれば外資系が最適
  • 年収アップのサポートをしてくれるType.転職エージェントのサービスを利用して、年収交渉などのサポートを無料で受けるのオススメ
ポン太
新卒でこの会社に入ってもー4年もたつけど、手取り額なんて初任給とそんな変わってないよな。ま、景気がいいわけじゃないからしょうがないんだろうけど、30歳を超えてくるとまた変わってくるのかな?
ジョブエモン
うーん。ま、会社にもよるだろうけど、4年もいて給料が初任給とさほど変わりないような会社だったら、30歳を超えて劇的に上がることはまずないと思うけどね

そもそも給料が上がらない原因はあなたではない

「うちの夫は稼ぎが悪いから、、」「もう少し稼げるようになれれば、、」

稼ぎが悪い=その人自身が悪い、なんて考えがちな現代社会。働けば働くだけお金がもらえるバブルも弾け、景気がよくなっているとテレビのニュースでは見るものの、なかなか私生活ではそれを感じられないのが現実。

「景気がよくなっているのであれば自分の給料も上がってもいいんだけどな」なんて思いながら仕事をしている人も決して少なくないでしょう。

ただ、そもそもですが、給料が低い原因はあなた自身ではないですし、極端なことを言えば景気が悪くなっている間にも給料が上がり続けている人もいるわけです。

ではあなたの給料が上がらない原因は果たしてどこのあるのでしょう?

会社の業績のこと

会社の業績が悪かったり、オワコンと言われるように需要すらも見込める業界の会社では、もちろん給料はあがりませんよね。

仮にそのような会社が新規で事業を始めるにしても、そこにかかる費用というのは莫大なものになるでしょうし、仮にそれが成功したたとしても社員に還元されるのはかなり先のことだと言えます。

  1. 事業を始めるまでの期間
  2. 新規事業に費やしたお金を回収するための期間
  3. そして利益として還元できるまでの期間

この他にも会社や事業によって工数や売り上げがあがるスピードはまちまちですが、今や来年からすぐに給料があがるか?と言われたら難しいところでしょう。

会社の体制のこと

“誰もがみな平等” と平等が1番なんて意識がどこかにあるからか、日本では成果報酬型の給与体型をとっているところがまだまだ少ないです。

例えば、外資系の某保険会社では、

会社の一員として営業マンになってくれれば、

  1. 年齢問わず新卒程度の基本給
  2. 基本的な福利厚生は会社が負担
  3. 基本給以上の給与は営業成績によって毎月変動

なんて決まりの元、とにかく実力主義という構図がひかれています。筆者の知り合いにはこの会社で20代前半にして、月の手取り額が200万を超える人もいれば、40代後半にして、同年代の平均年収以下の人もいます。

日経企業では年齢が上がるにつ、給与があがる。そして基本的には平等というスタンスなので、仕事を今月頑張ったからといって来月給料があがるかと言ったらノー。

それよりも月の安定や、年齢の上昇につれあげられる給料に関しての方を重視している会社が多いので、なかなか難しいところです。

あなたの上司があなたの将来の姿

「会社にい続ければ自ずと給与は上がっていくだろう」と考えている人は注意が必要です。

なんとなく、一般論に流されてますがあなたの想像しているような給与はもらえていますか?または満足しているでしょうか?

もし、何年も勤めているのに給与が上がらず不満がある会社の場合、今後だって大きな期待はできません。

もう1度言いますが、「あなたの上司は満足のいく給与はもらえていますか?」

上司の姿が自分の将来の姿であり、仮に満足いっていない、こんな風に自分はなりたくない!と思うのであれば、今すぐなんらかの行動をとる必要があります。

給料が高い会社に行くのが1番じゃない?

上記より、成果報酬型の仕事でもない限り、給与が安いのは自分のせいではなく会社側に原因があることがわかっていただけたと思います。

「俺が会社を変える!」なんて頼もしい人でしたら、組織に立ち向かうのもいいでしょうが現実的ではない話しです。

ここは手取り早く給与が高い会社を選んで入るのが1番ではないでしょうか?

でもどうやって給与が高い会社を探せばいいの?

当たり前ですが、まずは転職活動をすることになりますが、その活動の仕方によって転職先の年収は大きく変わってきます。

というのも、自分で転職活動を進めて求人の手配から面接日の調整や履歴書のことまでをすべてやってしまうと、年収をあげることが目的の転職でも、いつしか “転職をすること” のみが目的になってしまい、 「前職よりは給与がいいものの、、、」 なんて状態に陥りがちです。

ここは転職エージェントという、自分の転職活動を無料で代理で進めてくれるプロに頼んでみるのはいかがでしょうか?もちろん、すべてを代理してくれるわけではありませんが、

  • ヒアリング(現状の把握、相談)
  • 求人の手配
  • 面接日の設定
  • 面接対策や履歴書の添削
  • “年収交渉”
  • 転職後のサポート(求人内容と相違点はないか?)

なんてことのサポートをしてくれます。ここであげたもの以外にもたくさんありますが、代表的なものだけをピックアップしております。

特にこのなかでは、年収交渉を代行してくれる点が、年収重視で転職活動をしていく人には心強いのではないでしょうか?

自分でやると、どうしてもお金の話しとなるとなかなか強気に出れませんが、これを代行してくれるエージェントのコンサルタントはプロであり経験だってあります。

自分の希望をしっかり言って任せるところは任せる。そして自分で動くべきところは動くと、バランスをとりながら転職活動を進めていけるといいですね。

20代にオススメの転職エージェントランキング

※2017年12月更新    

リクルートエージェント

リクルートエージェントでは、業界最多ともいわれる8万件の非公開求人があり、その割合は全体の約90%を占めています。これらの人は多方面の業界の求人が含まれているので、希望する職を見つけることができるでしょう。

既卒/未経験者/第二新卒向けの転職サイトになります。 未経験者や社会人経験なしのフリーターからの正社員を目指す方にオススメの転職サイトです。

業界最大手ゆえ、マイナビエージェントは様々なタイプに特化した人材紹介サービスを展開してます。8割が非公開の求人で、どの業界をとっても多くの企業とパイプがあり、転職希望者の満足度が高いのが特徴です。

1994年から転職サービスを行っているので、企業とのパイプも多く、IT・WEB・ベンチャー系をはじめとした求人が豊富にそろっているのが魅力です。

業界第2位の実績を持つDODAは、3万3000件とも言われる膨大な求人数を扱う<のに加え、その質の良さにも業界で一目置かれている会社です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です