この先輩ちょっと苦手かも。偉そうな先輩とうまく付き合うための方法

先輩が苦手だと思ったときの対処法
20代におすすめの転職サイト 【転職活動を無料で全面的にサポートしてほしい人向け】

【信頼度No.1】マイナビエージェント公式HPへ

【5分で自分の適正年収が知れる!】

【登録して待つだけ】MIIDAS公式HPへ

会社で働いていると、どこにでも偉そうな先輩っているものですよね?

特に、あなたが新卒採用で入社した会社で働いている場合、先輩を選ぶことができないので完全に運任せになってしまいます。

しかし、その会社で働いていく以上は、偉そうで苦手な先輩でも付き合っていかなければなりません。

今までの人生で、偉そうな先輩の対処法を経験してきた人であれば自然と接することが出来るかもしれませんが、初めて経験するタイプだと苦労することでしょう。

偉そうな先輩のせいで、あなたの仕事の成果や昇進に支障をきたされてしまっては、溜まったものではありませんからね。

そこで今回は、会社の偉そうな先輩とうまく付き合うための方法について解説していきたいと思います!

偉そうな先輩ってどんな人?

偉そうな先輩1

まず、偉そうな先輩の特徴は大きく二通りに分かれます。

上下関係に厳しい体育会系の先輩

高校や大学でゴリゴリの体育会系の部活をやっていた人というのは、上下関係に厳しい人が多いです。

このタイプの偉そうな先輩は、悪意があって偉そうにしているわけではないのです。

元々の環境が上下関係に厳しいので、実力の有無に関わらず「先輩だから」という理由だけで偉そうな態度をとるのが身に染み付いてしまっているのです。

悪気がないぶんタチが悪いのですが、逆にいうとあなたのことを嫌いだから偉そうにしているわけではないとも言えます。

小心者で自信がない先輩

もう一つのタイプは、小心者で自信がないが故に、偉そうな態度をとってくる先輩です。

こちらも先ほどと同じで「先輩だから」という理由で偉そうにしてくるのですが、こちらのタイプは悪意があると同時に陰湿な人が多い傾向にあります。

自分より下の立場のものには強く当たって自己承認欲を満たしてくるので、後輩にとっては非常に迷惑な存在です。

自分よりも弱い立場で逆らってこない後輩をターゲットにして、最悪の場合パワハラやモラハラを行ってくるタイプもいるので、気をつけなければならない厄介な存在とも言えますね。

偉そうな先輩とうまく付き合うための方法

では、このような先輩とうまく付き合っていくためには、どのように接していけば良いのでしょうか?

理想の後輩像を演じる

偉そうな先輩は厄介な存在ではありますが、ある程度簡単に攻略することも可能です。

偉そうにしているということは、上下関係をはっきりさせたり、先輩の承認欲求を満たせる後輩を演じれば気に入られますからね。

悪意のない体育会系の先輩に対しては、自分の方が仕立てであることを言葉や態度で示しつつ、先輩の褒めて欲しそうなところを見つけてさりげなく褒めていれば良いのです。

逆に、悪意のあるタイプも同じで、先輩よりも自分の方が下だということを示しておけばオッケーです。

あなたが先輩よりも実力があって成果をあげている場合は、「出来の良い後輩を従えている先輩」に仕立て上げてあげれば良いでしょう。

そうすることで、偉そうな先輩でもあなたに対してぞんざいに扱うことは損だと実感してもらえます。

偉そうな先輩は、実力のあるあなたが的になることを一番恐れているのです。

なので、あなた自信が偉そうな先輩に一歩あゆみ寄って、「私はあなたの味方です」ということを示してあげるとうまく付き合うことが出来ますよ。

人間観察のつもりで接する

とはいえ、先ほどの方法はかなり忍耐力のある人でなければ難しい方法でしょう。

私自身も、偉そうな先輩に対しては「なんで自分が下手にでなければいけないのだ」と思ってしまいそうです。

そんなあなたには、人間観察つもりで偉そうな先輩と接する方法がオススメ。

表向きは当たり障りのない対応をしつつ、

  • なんでこの人はこんなにつまらないのか
  • どういう点を改善すれば理想の先輩に昇格するのか

など、心の中で考えるようにしてみましょう。

そうすることで、自分が先輩の立場になった時に、理想の先輩像の特徴が肌感覚でわかるようになって、あなた自身のためにもなります。

なので、嫌な思いをしてまで偉そうな先輩とうまく付き合うのが苦手な人は、自分は同じような先輩にならないための反面教師として、偉そうな先輩を利用するつもりで接してみてください。

まとめ

偉そうな先輩2

今回は、会社の偉そうな先輩とうまく付き合うための方法について解説しました!

人間関係を構築するのが得意な人であればそこまで苦ではないかもしれませんが、嫌なものは嫌だという人はぜひ今回紹介した「人間観察のつもりで接する」という方法を実践してみてください。

これをマスターすると、日々の仕事をしている中で無駄な時間を無くすことが可能になりますよ。

無駄でストレスのかかる状況さえも勉強の一環だと思って意識を変えるだけで、偉そうな先輩ともうまく付き合うことが出来るようになります。

とはいえ、パワハラやモラハラを行ってくるタイプの偉そうな先輩に対しては、この方法は使えません。

あくまで、「あなたの仕事や生活に支障をきたさない」タイプの偉そうな先輩にだけ使ってください。

無理に我慢して理想の後輩を演じていると、先にあなた自身が精神的に追い詰められてダメになってしまうこともあります。

そんな時は、環境を変えるために転職も検討してみることをオススメします。

同じ業種の会社でも、先輩次第で日々のやりがいやモチベーションは大きく変わってくるものですからね。

20代におすすめの転職支援サービス

先輩が苦手だと思ったときの対処法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です