外資系企業への転職には注意!日経との違いや成功する人の特徴を解説

外資系企業への転職が成功する人
20代におすすめの転職サイト 【転職活動を無料で全面的にサポートしてほしい人向け】

【信頼度No.1】マイナビエージェント公式HPへ

【5分で自分の適正年収が知れる!】

【登録して待つだけ】MIIDAS公式HPへ

収入の高さや規則の社風を重視して、外資系企業への転職を検討している人も多いでしょう。

その認識は間違ってないですし、外資系企業の方が年収が高い傾向も否定できません。「今よりもスキルアップしたい!」「年功序列なんて関係なしに出世したい!」「仕事に自信がある!」なんて人であれば、外資系企業へ転職することは非常におすすめです。

ただ、外資系企業と日経企業は別物だと思っておいてください。同じ日本にある会社だからと言って同等なものとして見ていると周りについていけないでしょう。

今日は、入ったら違かった、常識が通用しなかったなんてことがないように、日経企業と異なる点や外資系企業で成功する人の特徴を解説していきたいと思います。

外資系企業への転職なら
マイナビエージェントへ相談

【給料が上がらない】転職をして給与が高い会社にいくのが1番の近道

2018.10.03

外資系企業と日系企業の異なる点

雇用形態からして日系企業とは違う外資系企業ですが、転職先として考えるなら仕事のスタイルや文化の違いを把握しておきましょう。

日系企業で通用した事が外資系企業で通用しないことは様々な場面で見られます。職場ではどんな違いがあるのか、外資系企業でありがちな例を見ていきましょう。

自分の意思に反して先方から返事が来ない!

日系企業の場合、同僚や上司との会話の中で「あれ、確認しておいてくれる?」とサラッと自分の意思や希望を伝える場面があるかと思います。

先方からは「確認しました。あの計画なら修正なしで良いと思いますよ。」と確認後の返事をもらえるのが一般的です。

しかし、外資系企業になると先方からの答えが来ないケースが多々あります。確認自体はしたものの、それ以上の行動を求められていなかったので返事はしない、という価値観の違いです。

仕事は結果重視なので残業も自己責任!

日系企業では残業する社員が普通に見られますが、外資系企業になると、仕事はあくまでも個人の責任の範疇で完了するのが一般的です。

与えられた仕事への結果を求めるので、残業しようがしまいが期日までに完了すれば良いのです。日系企業のように、周囲の社員の目を気にしながらダラダラ残業する姿は見られません。

"上司が働いているから帰りづらい"と残業している人が失っている物

2018.11.13

会議で求められるのは結論と効率

外資系企業の会議は行動に移せるような”結論”を求めるための時間です。

日経企業では決定権を持つ役職者が参加していないなか行われることが多いので、現在のプロジェクトの課題や提案や報告などが行われても重要事項の決定は次回の会議に見送られがちです。

外資系企業の会議では、決定権を持つ役職者と担当者の間で論議が交わされ結論が得られるので、効率よく業務を進めることができます。

上下関係がない!?若手にもチャンスあり

長く勤めているから上司、自分より若いから部下、なんて考え方は外資系企業にはありません。若いうちからチャンスが溢れているので仕事にやりがいが持てると感じている人が多いのも事実です。

働いた年数よりも、会社に残した利益、すなわち成果に対して評価がくだされるので、結果さえだせば自ずと役職は近づいて来ますし、若いうちに高給をとることも特別珍しいことではないです。

協調性よりも自主性が重視される場面も多く、みなと同じことをやっていては成果を残せないので、自ずと実力がつきやすい環境でもあります。

終身雇用なんて考え方はない!

日本では終身雇用が美徳とされていたり、企業の売りの1つになっていたりしますが、外資系企業というより海外の多くの国でそんな概念はまずありません

これは日本の外資系企業にも同じことが言えます。役員やマネージャークラスであっても長くいたからなれるものではなく、実力がある人がなるのは当たり前。そして実力がある人こそ好条件で他の企業に転職するのが当たり前です。

日本にいると、自分のキャリアプランについて考える機会は少ないですし、いようと思えば会社が倒産しない限り同じ会社に勤め続けられます。

外資系企業だからと言って、日本にある限り日本の労働基準法が適用されますから突然解雇されるようなことはないですが、あらかじめキャリアプランを考え、この企業では何を学び、次にどんなポジション、職業へキャリアップするのかを考えつつ仕事に向き合う人材が求められています。

同僚との付き合いがドライなケースも。。。

※これは職種にもよるので一概に外資系全てに当てはまるものではないのが前提です。

日本では古くから根付く上下関係なんてものがあります。上司の言うことは絶対、上司との飲み会に参加した方が出世しやすいなんて言われることがあるほどです。

ただ、時間は有限だということを忘れてはいませんか?自分の時間を人のために使ったり、ましてや全くもって生産性のないものに使うなんて好ましいことではありません。

海外では社内で働く他人のことを、同僚、上司、なんて認識よりも、ビジネスパートナーとして捉える傾向があり、特別仲のいい人を除いてはプライベートまで踏み込んでこないのが当たり前です。

また、ファーストネームで呼び合うことが主流なのも、上司と部下の関係がフラットの要因なのでしょう。大手の日経企業では社長の顔を社内で見たことがないなんて普通にありえることなので、外資系企業の風通しの良さは不思議に感じられるかもしれません。

外資系企業で成功する人の特徴

外資系企業は終身雇用の概念がないだけでなく、個人の能力や効率や結果を重視する傾向にあります。自分の能力を磨けば磨いた分だけ、報酬や役職アップをしていきたいと考えるなら外資系企業に向いています。

外資系企業に転職し成功するには、どのような性格の人が向いているのかを見ていきましょう。あなたの性格や考え方と照らし合わせてみてください。

自分の能力で無理な仕事にNOと言える

外資系企業には、日系企業のようにチームの団結力やお互いのミスをサポートしあうという習慣はありません。仮に自分に与えられた仕事が能力的、期日的に無理な場合は、上司にはっきりとNOを言える性格が必要です。

また、仕事が与えられるのを待つのではなく、積極的に仕事の提案をしたり能力を磨いたりする姿勢も大切です。

柔軟な価値観を持っている

残業の価値観一つとってもそうですが、これまで日系企業でしか働いたことがない場合、外資系企業の価値観に戸惑うことがあります。

そんな場面では、これまでの価値観を捨て柔軟に考えられる人は外資系企業で成功できる人と言えます。過去の価値観を持ち出しても、跳ね返されて当然と思っておいた方がいいでしょう。

重ね重ねになりますが、重要なのは柔軟な対応です!

上司への気遣いは仕事だとクールに考える

人事権を持っている人や上司に気遣いをするのは普通のことです。

能力だけではなく気遣いができる人間であることも評価の対象になっているので、高いポストや重要な仕事を任されたければ、気遣いも仕事のうちと捉えましょう。

上司などに変に気遣いするのはゴマすりをしているのでは、と捉えずにそういう文化だとクールに考える必要があります。日系企業のように日頃の飲み会などがない分、上司への尊敬している気持ちを言葉に表して伝えることも大切です。

外資系企業に勤めたいなら、転職パートナー選びが大切

転職活動で大切なことは、あなたの転職をサポートしてくれるパートナーの存在です。次の就職先を見つけることが1番転職で重要かもしれませんが、満足のいく就職先でないと意味がありません。

残念ながら、求人情報だけでは不明な点が多く、企業も自社のネガティブな面を率先して伝えるようなことはしませんから、入って見たら違かった・・・なんてミスマッチが起きがちなのが転職活動です。

そんな事態を防ぐために、当サイトではパートナーとして転職エージェントを利用することをおすすめしています。カウンセリングから現在の収入状況や希望する職種、今後のキャリアプランなどの相談が可能で、その後は担当となって転職活動をマンツーマンサポートしてくれます。

それも全て無料です!!!

転職エージェントが無料でサポートしてくれること一覧

転職エージェントもブラック企業ばかりを紹介して、悪い噂が立ってしまえば仕事になりませんから、求職者に求人を紹介する際には細心の注意と企業の内情を確認した上で行ってくれます。

無料で利用できる転職エージェントのサービス内容とは一体!?

2018.09.22

 

外資系企業に少しでも興味があるのであれば、転職エージェントというパートナー選びから初めてみるのはいかがでしょうか?20代であるならば、マイナビエージェントが特化しているので利用しない手はないでしょう。

20代におすすめの転職支援サービス

外資系企業への転職が成功する人

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です