20代で仕事を辞めたい人が知るべき自分の可能性と需要

今や大学から新卒で勤めた会社を3年以内に辞める人が3人に1人と言われてる時代です。

「仕事を辞めたい」と思っている20代である若年層の多くは、この感情をネガティブな意味で捉えてる人も多いと思いますが、決してネガティブなものでもなんでもなく、大げさに言えば当たり前なことです。

データー引用元:厚生労働省職業安定局「平成25年新規学校卒業者の離職率」より

実際に仕事を辞めてしまう人が、大卒の新卒者だけでも3人に1人もいるわけですから、実際に仕事を辞めるまでいたってなくても、同じ感情を抱くことは特別でもなんでもないのです。

次の職を見つけることは難しいことではない

データー引用元:帝国データバンク様「人手不足に対する企業の動向調査」より

今や多くの業界で人材不足が起きていて、「正社員として雇ってもらえるだけマシだ!」なんて声があちらこちらで聞こえてるにも関わらず、正社員が足りないという企業は4割に及びます

「正社員として雇ってもらえるだけマシ」というのは単なる幻想なんですね。人材不足は深刻化して、今後の数年も少子化の影響で歯止めが利かないなんて言われています。

生活を成り立たせるためには仕事はなくてはならいものだと言えますが、仕事辞めたい理由のなかに少しでも

「他の仕事もやってみたい!」「今の職場環境が嫌だから職場を変えたい」

と、働く意欲がある方でしたら、人手不足でで働きたいと思う人材を欲している企業はたくさんあるので前向きに検討するべきでしょう。

【会社辞めたい人向け 記事一覧】

【業界別】

辞めたいのに辞められない人の会社の辞め方

しかし、出る釘は打たれるなんてことわざがあるように、前に進もう、今の会社に見切りをつけて新しいことに挑戦しようと思ってもなかなか思い通りにいかない人も多いです。

仕事辞めたいの人の中には、

  • 上司に退職届けを受け取ってもらえない
  • 上司から人事、人事から経営陣など、伝達に時間がかかりなかなか申請が受理されない
  • 人手不足を理由に、〇〇ヶ月だけ、と言われている
  • 退職するなんて逃げだと、半ば脅されている

といった、辞めたいのに辞められないという悩みを持つ人は多くいます。

【仕事の辞め方関連記事】

今すぐじゃなくても辞める準備だけしておく

「とりあえず3年」「辞めたいけど、このプロジェクトが終わるまでは」と、仕事辞めたいなりに今のところ辞める予定がないから、行動に移す気がないなんて人もいると思います。

ただ、言えることは少しでも早いうちにマイペースでいいので情報に触れておくことが大切ですよ、ということです。

理不尽な人間関係や、キャパを超えた仕事量をこなし、自分のためにも職場を変えるべき人はたくさんいますが、そのような人に限って行動に移しません。厳密には行動に移せないような状態なのです。

人間関係でも、過度の仕事量でも、人間は余裕がなくなってしまうと目の前のことで手一杯になってしまい、通常であればできる選択をできなくなってしまうのです。

今、この記事を読んでくれているような方は、自分がそうなるはずないと考えがちですし想像ができないことでしょうが、今すぐ初めておいて損はありません。

“未来の自分を救う”という意味でも、無料の転職サイトMIIDASに登録して求人や転職に関する情報を眺められる環境は作っておくべきでしょう。

仕事を辞めてがっつり転職活動を進めたい人向け

mynavi20s

ヒアリング、求人の手配、面接日の設定や年収交渉まで、転職活動を全面的にサポートしてほしい人→マイナビエージェント公式HPへ

 

今すぐ仕事を辞める予定がない人向け

miidas

いずれは仕事を辞めて転職する可能性がなきにしもあらずなんて人は自分のペースで情報収集や求人探しができるMIIDAS公式HPへ

20代におすすめの転職支援サービス

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です