年間休日96日の会社ってブラック企業の恐れあり?内訳を見ながら考える

無料で使える"20代"におすすめの転職サイト

【転職活動を全面的にサポートしてほしい人向け】

【転職実績No.1】リクルートエージェント公式HPへ

【転職活動をマイペースで進めたい人向け】

【転職者の8割が利用】リクナビNEXT公式HPへ

この記事の要点!

  • 年間休日96日は月あたり8日間休める計算になる
  • 日曜休み、土曜2週間に1回出勤+GW、お盆、年末年始が合計8日間休みと計算すると96日になる
  • 週6日勤務の週に毎日のように残業をしている人は法的な限度を超えてる恐れがあるので注意が必要
  • 96日休みは一般的に見てもかなり少ない類なので、不満がある場合は転職エージェントを使って転職活動をするのが最善策

年間休日96日だと土日は休めるの?

求人などでよく見るこの年間休日96日という数字。

日本の年間平均休日が113.2日ですから、かなり少ないと言えますが、転職を考え求人を見ていくとこのような求人は少ないとは言えません。

では年間休日96日の内訳とは一体どのようになっているのでしょうか?

週休2日は休めるの?

結論からして週休2日休みのは難しいです。では実際に計算しながら見ていきましょう。

 平均月8日休み?

  • 年間96日休み÷12ヶ月=8日(1ヶ月の休みの数)
  • 1ヶ月あたりの休日は約8日となり、月1回程度は週1休み、その他は週2で休める計算になる
  • ただ、GW、お盆、年末年始休み等はここに含まれず
  • GW、お盆、年末年始合わせてを少なく見積もって10日としても、10日丸々浮いてしまうことになる。
  • 祝日は基本休みではない

 

 日曜休みで土曜隔週の場合は?

  • 日曜が固定で休みの場合52日
  • 土曜日変革(2週間に1回)休みで26日
  • 合計:年間88日
  • 8日休みが足りない=GW、お盆、年末年始に当てられる
  • 祝日は基本休みではない

 

仮に土日完全休みだとしても、年間休日は52週×2日=104日間(GW、お盆、年末年始含まれず)なので平均である113日を下回る仕事となると、かなり世間との温度差を感じてしまうことになるでしょう。

年間96日勤務の違法性は?

  • 使用者は、少なくとも毎週1日の休日か、4週間を通じて4日以上の休日を与えなければなりません。
  • 使用者は、原則として、1日に8時間、1週間に40時間を超えて労働させてはいけません。

引用元:厚生労働省様より

厚生労働省様のHPにもある通り、4週間に1度休みがあれば言い訳ですから、1年に52日休みがあれば違法にはならないわけです。

ただし、原則として1日8時間、1週間に40時間と決まりがあるので、仮に週6日勤務の週に全て通常の勤務時間である8時間働いてしまうと、48時間になってしまうわけです。※時間外労働協定(36協定)を締め結し、決められた範囲内であれば原則違法にはならない

時間外労働協定(36協定)を守ってない場合は違法

一般的に正社員として雇用されてる人の1週間の残業限度時間は15時間です。他にも2週間、4週間、1ヶ月、2ヶ月、3ヶ月、1年ともある。※【毎日12時間勤務は労基法違反?】という記事では、表を用いて詳しく説明しています。

つまり週6日勤務がどうしても発生してしまう年間休日96日の会社において、以下のように残業している人は注意が必要です。

 年間休日96日の会社で毎日残業している人は注意?

  • 週6日とも通常の8時間勤務をしている
  • この場合通常の6日目の8時間に関しては2.5割増しの処置が取られなくてはいけない
  • 通常勤務の8時間×6日(48時間)に加え毎日2時間(週12時間)ずつ残業している(またはそれ以上)
  • この場合、時間労働の限度が15時間(55時間)に対し、合計が48時間+12時間=60時間となっているので法的な限度を超えている
  • 40時間以上の労働に対しては2.5割増しが適用されてないと法的にアウト

基本的に1年に96日勤務しかないからといって違法にはなりませんが、 1日労働時間や1週間の労働時間をしっかり見つめ直す必要があると言えます。

現状この条件で働いてる方や、これから叩こうとしている人は、しっかり適用されているのか?適用されるのか?という点をしっかり雇用主に確認をするといいでしょう。

休日数に不満がある場合、転職が1番?

ながながと年間96日勤務のことを書いていきましたが、やはり休日の数だけいうと極端に少ないですし、特に家族を持ってる方ですと、家族との時間がどうしても少なくなってしまうと言わざるえません。

20代も後半にさしかかり、そのような予定がある人にも同様なことが言えます。休みの数が96日の場合、たとえ会社の体制が変わって10日年間休みが増えた時点で、まだまだ休みは少ないです。

もし現時点で休みが少ないと感じている人がいれば転職を考えるのが1番ではないでしょうか?

休みが少ないと転職活動にかける時間が少ないと思いがちですが、転職活動を代理となってくれる転職エージェントを使えば在職中でも転職活動を進めることは多いに可能です。

【20代の強い味方】転職エージェントは何をしてくれるの?

1度思い返して欲しいのですが、年間休日の平均が113.8日。今よりもいい条件を掴むことは決して難しいことでもありませんし、高望みでもありません。

自分なんて実力がないのに高望みなんて、、、と思っている人こそ、転職のプロであるエージェントに相談して、実際にどのような企業があって、年間でどのくらい休めるのか?なんて周りの企業のことまで知るべきです。

20代にオススメの転職エージェントランキング

※2017年12月更新    

リクルートエージェント

リクルートエージェントでは、業界最多ともいわれる8万件の非公開求人があり、その割合は全体の約90%を占めています。これらの人は多方面の業界の求人が含まれているので、希望する職を見つけることができるでしょう。

既卒/未経験者/第二新卒向けの転職サイトになります。 未経験者や社会人経験なしのフリーターからの正社員を目指す方にオススメの転職サイトです。

業界最大手ゆえ、マイナビエージェントは様々なタイプに特化した人材紹介サービスを展開してます。8割が非公開の求人で、どの業界をとっても多くの企業とパイプがあり、転職希望者の満足度が高いのが特徴です。

1994年から転職サービスを行っているので、企業とのパイプも多く、IT・WEB・ベンチャー系をはじめとした求人が豊富にそろっているのが魅力です。

業界第2位の実績を持つDODAは、3万3000件とも言われる膨大な求人数を扱う<のに加え、その質の良さにも業界で一目置かれている会社です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です