【1年の1/3は休み?】年間休日130日以上の会社に転職なんてできるの?

20代におすすめの転職サイト 【転職活動を無料で全面的にサポートしてほしい人向け】

【転職実績No.1】リクルートエージェント公式HPへ

【5分で自分の適正年収が知れる!】

【登録して待つだけ】MIIDAS公式HPへ

この記事の要点!

  • 130日以上休める企業は存在する
  •  週休3日制度を導入している企業に多い
  •  休みが多いからといっていいことばかりではない
  •  IT系企業では、年間130日休日ある企業が増えつつある
ポン太
ジョブエモん!この前求人を見ていたらさ、正社員で年間休日130日なんてものがあったんだけど本当なの?年間100日前後しか休日がない僕からしたら信じられないんだけど、、、
ジョブエモン
うーん。なんとも言えないけど、130日休みの会社があることは事実だよ。業種はある程度絞られてくるけどね!

年間130日休みの内訳とは?

暦上多少のズレはありますが、1年は52週間なため、土日完全休みの企業でしたら年間休日が104日になります。

そして、多くの企業でGW、お盆、年末年始休暇が採用されているでしょう。これらを土日含まず3日前後と考えると、だいたい110日〜115日、そこに※祝日休みを加えると多くの転職希望者が条件にあげる「年間休日120日」が成立する訳です。

このような事実からも、年間休日120日前後でしたら容易に想像はできますし当てはまる企業に勤めている方も多いのではないでしょうか?

※2017年は年間17日の祝日があり、今年はそのうち5日が土曜日となるので追加休日は12日となります。

残りの10日はどこから来るの?

お盆や年末年始休暇が、他社より1日や2日長いということが考えられますが、最近少しずつ増え始めてきた「週休3日制度」を導入している企業が130日の条件に当てはまるのではないでしょうか?

ポン太
そういえば最近、Yahoo!が週休3日を導入するとかいうニュースが話題になったよね!130日っていうのは、そういうことなのかな?求人の年間休日欄しか見てなかったから、もっと詳しく詳細を確認しないとな、、、

【10年後は主流?】週休3日のメリット・デメリット

2016.12.20

休日が多ければいいという訳ではない?

人にもよりますが、休日が多ければいいという訳ではありませんので、130日以上休みがある求人を希望したときに考えられるデメリットをいくつか紹介しておきます。

選択肢がほぼない!

例えば、転職希望者が「年間休日130日」を条件に転職活動をしていくとします。

厚生労働省が2016年に公開したデータによりますと、年間130日以上休みがある企業は全体平均で0.9%しかないので、選べないくらい限られてくることでしょう。

1日の労働時間が長い

他にも、休日は多いけど1日の労働時間が長いなんてことも考えられます。例えば、休みは1日多くなるけど週あたりの労働時間が変わらない場合は、1日あたり10時間働かなくてはなりません。

そこに休憩時間を1時間加えると、11時間拘束。そして通勤時間を2時間(平均が片道58分)と考えると、1日あたり13時間は企業に拘束されることになります。

そこに、残業が、、、なんて考えると、週休2日の時は大したことなかった1時間や2時間の残業が、かなり負担になってきますね。

9時出社で20時退勤(休憩1時間)が定時だと考えると、残業が2時間で22時。そこからまた1時間かけて家に帰り、翌日また9時出勤となると、自分が稼働する4日間はかなりタイトに過ごすことになるでしょう。

給料が安くなる?

あとは人件費の削減などの目的により、1日の労働時間は週休2日の企業と変わらないなんてこともあります。この場合、単純に出勤日数ともに労働時間も減るので、周りに比べると給与が低くなりがちです。

130日以上休める会社はどんな業種?

【年間休日総数130日以上の企業の割合】

  1. 教育、学習支援業 8.8%
  2. 情報通信業(以下IT)3.2%
  3. 不動産、物品賃貸業 1.6%
  4. 金融業、保険業 1.5%
  5. 建設業 1.4%

データー参照元:厚生労働省「平成28年度就労条件総合調査の概況」より

以上が130日以上休める企業の業種ランキングです。ランキングと言ってもかなり低い水準なので参考程度に把握しておくといいでしょう。

2位のITに3倍近くの差をつけて1位に君臨する教育、学習支援業は、おもに学校の先生、幼稚園の先生、他にもピアノやスイミングスクールの先生などが該当します。

IT業界に130日休みの会社が増えつつある!

130日以上の休みを設けている会社が存在することはわかっていただけたと思いますが、全体の約0.9%しかないので、転職先の必須条件とするには若干厳しいということだけ理解していただきたいです。

また、年間休日が130日以上ある企業の割合が多い業種でトップの、教育、学習支援業に関しては、学校に通って取得しなくてはいけないような資格を必要とすることが多いため、転職先として候補にあげるのは難しいのではないでしょうか?

となると、「IT業界」というのが、候補の筆頭になってきます。

IBMやYahoo!が週休3日制度をいち早く導入したように、働き方改革に関しては比較的新しい業界に当たるITが先端をいっていることは否定できません。事実として、27年→28年で130日以上の休みがある企業はIT業界だけで1.7%から3.2%まで増加しているのです。

休みが多ければいいという訳ではないという話しをしましたが、ユニークな働き方を導入している企業も多いので、転職先の筆頭としてITを候補にしてみてはいかがでしょうか?

タロログ様 【ユニークな社内制度がある企業15選 】

以外と未経験を歓迎しているような企業も多いので、特別な資格やスキルがなくても躊躇せず飛び込んでみるといいでしょう!

20代におすすめの転職サイト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です