同業他社に転職する際に有利にはたらく理由を知っておこう

20代におすすめの転職サイト 【転職活動を無料で全面的にサポートしてほしい人向け】

【信頼度No.1】マイナビエージェント公式HPへ

【5分で自分の適正年収が知れる!】

【登録して待つだけ】MIIDAS公式HPへ

同業他社に転職することは、有利なのか不利なのか。

結論から言うと、圧倒的にメリットの方が多いので同業他社への転職は有利にはたらくことがほとんどです。

しかし、有利だからといって準備を怠ったり、注意点を抑えないまま挑むのはナンセンス。

あくまで絶対受かるというわけではないことを理解しつつ、ポイントを抑えて転職すれば他の人よりも明らかに有利な状況にもっていくことが可能になります。

せっかくアドバンテージがある状態ですから、転職後のやりやすさや環境のことも考えて、理想の結果を追い求めていきましょう。

そこで今回は、同業他社に転職する際に有利にはたらく理由について解説していきたいと思います!

抑えておくべきポイント

同業他社 転職 有利1

同業他社に転職する場合、いくつか知っておかなければならないことがあります。

まず、今あなたが勤めている会社の競合会社に転職する可能性が高いということです。

それはつまり、即戦力として採用されるパターンが多いということでもあります。

書類審査や面接などの際には、今の会社で

  • どんなことをやっていたのか
  • 何ができるのか
  • 新しい環境で何に挑戦したいのか

などを踏まえて練習しておきましょう。

また、即戦力で採用された場合でも、油断は禁物です。

新しい環境で大まかなやることは変わらないかもしれませんが、会社内で確立されているルーティーンや慣習が違うことは知っておきましょう。

今の会社でのやり方と、新しい会社でのやり方はほとんどの場合異なります。

「やり方」というのは業務内容ではなく、仕事の順序や社風などのこと。

郷に入っては郷に従えと言いますが、始めのうちは新しい会社での順序や社風に従っておきましょう。

3ヶ月ぐらい経って慣れてきたら、業務効率化するための方法として提案してみると良いかもしれませんね。

これらは一見当たり前のことのように思えますが、それゆえに忘れがちなポイントなのでしっかり抑えておきましょう。

同業他社への転職が有利な理由

メリットがたくさんあるように思われる同業他社への転職ですが、その理由は何なのでしょうか?

ここからは、転職市場において同業他社への転職が、とても有利にはたらいている理由について解説していきます。

転職してからの流れがスムーズ

一般的な新卒採用や中途採用と比べると、同業他社への転職はとてもスムーズに即戦力として機能します。

普通は新しい会社に入ると、その業界のルールや慣習、文化などを体験して知る必要がありますね。

しかし、一度同じ業種の仕事を経験していると、研修制度のような初心者ガイドをスキップしてコアな業務からスタートすることができます。

会社としても即戦力となる人材は非常にありがたい存在なので、入社してからの待遇も良くなるケースが多いです。

今の会社で培った知識と経験を生かすことで、ミスマッチ転職になる確率を大きく下げることができるのです。

年収が上がりやすい

転職を考えている人の多くは、今の会社での年収に不満があるケースが多いです。

なので、あなたが持っているスキルを欲している同業他社に転生することができれば、即戦力として扱われるだけでなく高い給料を保証してもらえるでしょう。

同業他社からの中途採用をやっている会社であれば、転職希望者が高い年収を望んでいることぐらい知っていますからね。

今の会社と同じようなことをするだけでも、環境によってその価値は大きく変動します。

なので、喉から手が出るほどあなたの知識と経験を欲しがっている会社であれば、高い年収で即戦力として働くことが可能となります。

コア業務を任される可能性が高い

即戦力として同業他社に転職することができると、雑務と言われるノンコア業務をやらされる機会が大きく減ります。

わざわざ即戦力として転職を引き受けているにも関わらず、雑務をあなたにやらせる必要性がありませんからね。

それであれば、正社員ではなくバイトや派遣社員を雇ってやらせるでしょう。

今までの会社でも同業の仕事をやっていたことを評価され、新しい職場でもいきなりコア業務を任される可能性が非常に高くなります。

今の会社でやりがいを見失っている場合、同業他社に転職してみると全く違った日々を遅れることになるかもしれませんよ。

まとめ

同業他社 転職 有利2

今回は、同業他社に転職する際に有利にはたらく理由について解説しました!

一般的に、同業他社に転職することで有利になるケースが多いので、今の会社に何らかの不満を持っている人は検討してみると良いでしょう。

しかし、即戦力だからといって偉そうぶってしまうのは一番やってはいけないことです。

仕事ができる人ほど、謙虚な気持ちを忘れず人間性を評価されているので、思わぬ落とし穴にはまらないように注意してください。

せっかくスキルがあっても、「この人と一緒に働きたくない」と思われてしまったら転職も有利にはたらきませんからね。

同業他社に転職する際は、抑えておくべきポイントと謙虚な気持ちを頭の片隅において挑んでみてください!

20代におすすめの転職支援サービス

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です