採用面接で必ず聞かれる「キャリアビジョン」のポイントについて解説

20代におすすめの転職サイト 【転職活動を無料で全面的にサポートしてほしい人向け】

【信頼度No.1】マイナビエージェント公式HPへ

【5分で自分の適正年収が知れる!】

【登録して待つだけ】MIIDAS公式HPへ

「あなたの将来ののキャリアビジョンについて教えてください。」

就職・転職活動の採用面接で、必ずといって良いほど聞かれる質問の一つですね。

しかし、面接でいきなりキャリアビジョンを語ってほしいと言われても、事前の準備なしで即座に答えるのは至難の技。

というより、ほぼ不可能に近い荒技でしょう。

なぜなら、キャリアビジョンはあなたの過去や未来・現在の状況まで加味して人生設計について語ることだからです。

どこの会社の採用面接に行っても聞かれる質問だからこそ、しっかり自分のキャリアビジョンについて整理して、考えをまとめておく必要があります。

そこで今回は、採用面接で必ず聞かれる「キャリアビジョン」のポイントについて解説していきます!

キャリアビジョンって何?

キャリアビジョン1

そもそもキャリアビジョンとは、どういう意味なのでしょうか?

正確には、キャリアビジョンという単語自体に明確な定義はありません。

大まかに説明すると、未来の自分の仕事内容や生き方・働き方についての設計図のようなものです。

  • 将来こんな仕事をしていたい
  • ○○歳までにこうなっていたい
  • 〜年後にはこの分野で成果をあげたい

など、キャリアに関する未来予想図みたいなイメージですね。

そのため冒頭で述べた通り、即興で受け答えできるほど簡単な質問ではないのです。

例えば適当に「将来この会社の管理職につきたいと考えています!」と答えたとしたら、「なぜうちの会社なのか?」「どうして管理職になりたいのか?」など、細かく聞かれてしまったら返答できなくなってしまいます。

自分からキャリアビジョンを語っておいて、その理由を聞かれて上手く答えれなかったら面接の採用担当者もがっかりしてしまうでしょう。

 

採用面接でキャリアビジョンを聞かれる理由

企業の採用担当の方は、あなたのキャリアビジョンを聞くことによって多くの情報を得ています。

あなたの仕事の対する姿勢や、将来の設計、生き方や価値観など、キャリアビジョン一つからあなたの情報を得ようとしているのです。

そのため、どの企業の採用面接に行ったとしても聞かれる定番の質問になっているのです。

もし仮に適当な受け答えをしてしまうと、そこからあなたという人柄や内面まで判断されることになってしまうため、悪い方向に転じてしまいますよね。

企業が採用面接をする理由には、ただ単に将来のビジョンを聞きたいためだけでなく、このような人間性や価値観をみるための一つの指標になっていることを理解しておきましょう!

キャリアビジョンのポイント

さて、キャリアビジョンの意味やその重要性が分かったところで、実際にどのように考えてキャリアビジョンを構成していけば良いのかについて、いくつかポイントを解説していきます。

過去の失敗から何を学んだかを伝える

人間だれしも、長い人生において失敗した経験はあるでしょう。

もし失敗したことがないのだとすれば、それはあなたが大きなチャレンジをしたことがないと見なされても仕方ありません。

たくさんチャレンジしたことがある人ほど失敗の数も多いですからね。

ただ、その失敗から何を学んで、今の活動にどのように紐づけているかを説明できればかなりポイントが高くなります。

なので、まずはあなたの失敗談について整理してみて、そこから何を学んだか・今何をしているのかについて、話を繋げることが問われてきます。

一貫性を持った話を展開する

過去と現在・未来という長い時間軸の中で、自分の考えが一貫していると非常に魅力的な人に見えます。

俗にいう「インフルエンサー」と呼ばれる人たちも、自分の中で譲れない核の部分を持っているからこそ多くの人に刺さる言葉を発することができています。

採用面接の際も同じで、いかに面接官の心を揺さぶるようなストーリーを展開できるかどうかが、キャリアビジョンを語る上では肝となってきます。

特にキャリアビジョンは、あなたの人生という長い時間軸の話をすることになるので、一貫性をアピールするチャンスとも言えるでしょう。

就職・転職活動が上手くいかない人の多くは、キャリアビジョンの話題で「未来」の話しかしないので、薄っぺらい印象を与えてしまっているのです。

なので、あなたの人生の過去や現在から一貫性のあるストーリーを構築して、将来はこんなことがやりたいというキャリアビジョンを語ることが重要ですね。

まとめ

キャリアビジョン2

今回は、採用面接で必ず聞かれる「キャリアビジョン」のポイントについて解説しました!

考え方のポイントはいくつかありますが、やはり一貫性を持って過去の失敗から未来のあるべき姿まで想像することができるかどうかが、区アリアビジョンを語る上では鍵になります。

これらは事前準備なしの即興では語ることができないので、しっかり事前の準備を怠らないようにしておきましょう。

あなた自身の人生について考える上でも大切なことなので、改めて自分の人生について振り返ってみて、将来あるべき姿について考えてみてはいかがでしょうか。

20代におすすめの転職支援サービス

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です