【例文あり】面接で使える転職理由の話し方と見られているポイント

20代におすすめの転職サイト 【転職活動を無料で全面的にサポートしてほしい人向け】

【転職実績No.1】リクルートエージェント公式HPへ

【5分で自分の適正年収が知れる!】

【登録して待つだけ】MIIDAS公式HPへ

ノブ太
転職理由ってなんて言えばいいかな?僕の転職理由なんて誇れたもんじゃないし、すごく言いづらいんだけど、、、
ジョブエモン
でも噓をつくってのもよくないからな、、、確かに理由によっては良い印象にはなりかねない事もあるけど、伝え方が大事なんだよね。重ね重ねになるけど嘘をつくのだけは絶対ダメだだからね!!!
ノブ太
うぅぅ。給料に納得がいかないから転職考えてますなんて言えないから嘘をつこうと思ってたんだけど・・・

転職理由で見られているポイント

転職したい本当の理由は人によってさまざまですが、大きく分けると

  • 倒産やリストラなど会社の都合の場合
  • 自ら退職を申し出る自己都合の場合

の2種類です。

会社都合の退職の場合は、素直に面接官に話して問題ありませんが、「リストラされて当然の人間なのでは?」という疑問を抱かせないようにしましょう。

そして問題は「自己都合での退職」の場合です。この場合、志望動機を話すことと一緒に、退職理由も面接官に聞かれることになります。

自己都合での退職の理由には「社風が合わない」「労働条件に納得がいかない」「給料が低い」「上司との人間関係がうまくいっていない」「会社の将来性が感じられない」など、様々なことがあります。

これらの理由を、面接官に素直に話してしまってよいのでしょうか?
「前の職場の○○が嫌で辞めました」などと話してしまっては、あなたの印象は最悪になってしまいます。

しかし、世の中の転職希望者の約8割が、前職への不満が理由といわれていまので、みんな何かしらの不満を抱えて転職を希望するのです。
面接官も、前職に何らかの不満があって退職をしたことは知っているはず。

それでは、面接官が転職理由で重要だと思っているポイントがどこにあるのかチェックしていきましょう。

仕事に取り組む姿勢はどうか

仕事に面白さを感じられないことを理由に退職した場合、飽きっぽい性格ではないか、責任を持って最後までやり遂げられるかを見られます。
自分の適性をきちんと判断できているかも重要なポイントなので、きちんと話せるようにしておきましょう。

社会性・協調性があるか

人間関係を理由に退職した場合は、社会性・協調性が備わっているかを見られます。「上司との相性が悪くて…」という理由だけでは、どちらの性格に問題があるのかわかりません。

賃金に見合った能力があるか

労働条件が悪いことや、給料の面に不満があって退職した場合は、どこかに甘えがあるのではないか、能力がないのではないかというところを見られます。
雇う以上は賃金に見合った能力がある人を採用したいのが、面接官の本音です。

本音の転職理由ランキング

実際に転職を希望する人の転職理由には、どんなものがあるのでしょう?

DODAさんが2015年4月~9月に行った約4万人の転職希望者の転職理由ランキングTOP5をご紹介します。

  1. 他にやりたい仕事がある
  2. 会社の将来性を感じられない
  3. 給料に納得がいかない
  4. 休みが少ない・残業が多い
  5. 専門知識・専門技術を得たい

このようなランキングとなっています。

「他にやりたい仕事がある」や「専門知識・専門技術を得たい」はポジティブな内容ですが、ネガティブな内容の方が多いことも事実です。

こう言えば印象UP!転職理由例文集

先ほど、転職希望者のほとんどの転職理由が「前職に不満があること」であるという話をしました。

面接官を納得させるためには、この不満というネガティブな内容をいくら話してもうまくいきません。
ネガティブな内容を、いかにポジティブに変換して話すかが重要です。
では具体的にどのように話せばポジティブになるのか、いくつか例文を挙げてみましょう。

仕事に面白さを感じられないことを理由に退職した場合

  • 自分のキャリアを高めたいので広い領域の仕事に就きたかった
  • 新しい知識や技術に触れることで、自分を成長させたいと感じた

人間関係を理由に退職した場合

  • もっといろいろな方と切磋琢磨できる環境で仕事がしたい

労働条件・給料面を理由に退職した場合

  • 仕事の効率化を図り、残業に充てていた時間で資格の勉強をしたい
  • 休日出勤が多くスキルアップする時間がとれなかったため、目標とする○○の資格を取得したい

リストラされた場合

  • 業績不振によってリストラにあいましたが、これをチャンスと考え広い視野を持って前向きに仕事に取り組みたい

面接官に退職理由を話す際に気をつけるべきこと

以上、いくつか例文を挙げてみましたが、臨機応変に対応するため覚えておいてほしいことが3つあります。

①批判するようなことを言わない

前の職場を批判するような発言はしないでください。
「会社に頼んだが○○してくれなかった」などと言ってしまうと、常に不満を抱えているように思われてしまいます。

②話の終わりは常にポジティブに

退職理由の話を締めるときは、必ず先ほどご紹介したポジティブな表現を使いましょう。仕事への意欲の高さを使えることができます。

③話し方にも注意する

「一緒に働きたい!」と思ってもらえるように、明るい表情でハキハキと話すことが大事です。面接官の目をしっかりと見て話すことも忘れずに。

一緒に働きたいと思わせることが大事!

ジョブエモン
転職面接は乗り切れそうかな?あ、転職エージェントを利用すれば、過去のデーターを元に面接対策をマンツーマンでやってくれるからおすすめだよ!
ノブ太
おおお!マンツーマンで面接対策なんてすごく心強いよ!と言ってもどこの転職エージェントがおすすめかな?
ジョブエモン
やっぱりリクルートエージェントはやっぱり業界No1.の実績があるし信頼できるよね!あとは20代の転職ならマイナビはキャリアコンサルタントは手厚いサポートで有名だよ!

20代におすすめの転職サイト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です