新卒で会社を辞めてもダメ人間ではない!正社員として再就職できる!

20代におすすめの転職サイト 【転職活動を無料で全面的にサポートしてほしい人向け】

【信頼度No.1】マイナビエージェント公式HPへ

【5分で自分の適正年収が知れる!】

【登録して待つだけ】MIIDAS公式HPへ

「思っていた会社と違った・・・」「もしかしたらブラック企業かもしれない」

新卒で入社した会社を、早くも辞めてしまいたいと考える人も少なくありません。

というのも、学生の就職活動期間は一斉に人材業界に求職者が溢れ、企業も一斉に人材を採用(内定)するので、お互いの情報共有が十分にが取れないことも多く、入社してから「なんか違うな?」というミスマッチが起こりがちです。

なので、もし今「こんな早くに仕事を辞めたいなんて自分はダメ人間だ」「社会的不適合者だ」と思い込んでいる方は、どんな決断をしてもまだまだ可能性に満ち溢れているので、悲観せずに次の選択肢や自分の可能性を知ることが第一です!

関連記事:転職できる?新卒で勤めた会社を1年で辞めたらフリーターになるしかないの?
関連記事:新卒で勤めた会社を2年で辞めてプロブロガーに!? あんちゃ的働き方論

上司や親に言われる「とりあえず3年」を信用してはいけない

「とりあえず3年は働きなさい」
新卒で就職をすると周りはこんなアドバイスをしてくるでしょう。

でもこんなことを思ったことはありませんか?

ポン太
なんで3年なんだろう?1年やればなんとなく社会人としてのマナーは身に付くと思うんだけど。

この3年の意味としては、

・1年目は始めてのことをやる訳だから楽しくなくて当たり前、2年目になれば部下も入ってきて仕事を教える立場になるし、3年も乗り切れば手に職がついてきて、きっとやり甲斐が見えてきて楽しく感じられるようになっている

・転職をするにしても、3年も同じ企業で続かない人を採用する企業なんてない

という仮説で、鵜呑みにしてはいけません。

「とりあえず3年」と言う人が知らない早期退職者の可能性「なぜ3年?」

2018.04.01

3人に1人は新卒で入った会社を早期で辞めているから非常識なことではない

graduate univer retire

このグラフを見て分かるように、就職して3年以内に会社を辞める人は大学卒でも30%以上と多くなっています。就職しても、その企業に長く務める方が少ないことがお分かりいただけたのではないでしょうか?

就職活動をいくら頑張っても、結局は入ってみないとわからないことも多く、就職は言わば「くじ引き」みたいな部分も多いので、決して自分を悲観してはいけません。離職率が高いことからも、あなたが特別ダメな訳ではないのです。

会社を辞めたとしても正社員として就職できる

仮に勇気を振り絞って会社を辞めても、辞めたあとはフリーターしか選択肢がないと思っている人多いでしょう。

しかし、自分の思いとは裏腹に、今や人材不足に悩む企業も多く、フリーターでも早期退職者でも若い人であれば可能性に満ち溢れているからぜひ採用したい!という企業は多くあるのです。心配はいりません。

正社員が不足している会社の割合

世間に溢れる半分以上の会社が正社員が足らないと答えるほど人材不足ですから、実は今の会社を辞めても若いというだけでチャンスに溢れているのです。

早期退職を考えるなら転職のプロに相談が1番

ハタラクティブという転職・就職エージェントでは早期退職者、フリーター向けに就職サポートを行っております。しかも、何もかも無料です。

ここでは1人1人に担当者がつき、まずはカウンセリングから面接対策、そして就職後のサポートまで全面的にサポートをしてくれます。

転職エージェントが無料でサポートしてくれること一覧

同じ境遇の若者の多くが利用していることもあり、担当者も事情を理解してくれるので何かとスムーズに進むことが多いです。

就職できてもブラックだったら嫌だという人ほど利用するべき!

「ブラック企業は嫌だ!」

就職先に求める条件や業界、年収等、担当者が希望を聞くと1番多い回答のようです。筆者がハタラクティブ本社までお邪魔してキャリアコンサルタントさんが取材で明かしていました。

【ネットの評判は噓?】ハタラクティブのサービスについて取材してきました!

2017.08.09

ハタラクティブでは、実際に目で見た職場のみを厳選して求職者に紹介してくれるので、法的に違法とも言えるようなブラック企業に当たることはまずありません。

今や悪い口コミはすぐに広がってしまうので、ブラック企業ばかり紹介していたらハタラクティブ利用者も減ってしまいますよね。そんな理由からもブラック企業をわざわざ紹介するようなことはないです。

hataractive findjob

画像引用元:ハタラクティブ公式サイトより

利用者の内定率も8割を超えているので利用しない理由はありません。

でも面接でなんて答えればいいかわからない。不安。

転職活動を行う上で、必ず通る道が「面接」です。新入社員が転職活動をしていることは、面接官も疑問に思う点ですので、必ず理由を聞かれることになります。

新入社員が短期間で仕事を辞めると決意し転職活動をすることは、マイナス要素に捉えられると思われがちですが、面接官への伝え方次第ではプラス要素に変えることもできます。

この不安要素も、上記紹介してきた転職・就職エージェントを利用して、面接対策などをしていけば解決できる問題なのですが、あらかじめ不安な人向けに解説していきましょう。

仕事が面白くなかった、想像していたものと違っていた場合

この場合は正直に話してしまうとマイナス面が強くなってしまいます。
まずは意欲があって仕事に取り組んでいた姿勢を見せることが大切です。

「○○を行うことを目標に日々仕事に励んでいましたが…」と、目標や意欲をもって仕事をしていたことを前置きしておきましょう。

希望していた部署につけなかった場合

新入社員は、自分が希望する部署に配属されないケースはよくあることです。大切になってくるのは、「その部署でうまくやっていけるか模索したか」「上司に部署移動を相談したか」という問題を解決するために行動をしたかです。

「問題を解決するために行動をしたが、自分のスキルを活かすことができる部署につけなかった」
「その分野への関心を捨てきることはできないため、御社を志望した」ということをアピールしましょう。

人間関係や労働条件が合わなかった、給料面に満足できなかった場合

この場合、自分に落ち度がないことをアピールするのはよくありません。また、前職を悪くいうこともマイナスになってしまいます。
前職での経験は短いかもしれませんが、その中で学んだことを活かして頑張っていきたい旨を話しましょう。

自分の力不足が原因の場合

もし、自分の能力が足りない、落ち度があるなど、力不足を自覚して退職をしたのであれば、伝え方次第では面接官にプラスに受け取ってもらえるでしょう。

「精一杯仕事に取り組んでいたが、未熟な点があったために退職を決意した」
「至らない点は反省し、今後改めてスキルアップしていきたい」

このように、未熟な点は反省していることと、前向きな姿勢を見せるようにします。

退職理由が家族の介護など不可抗力である場合

退職理由が、家族の入院や介護など、自分の能力ではどうにもならない場合は、その事実をしっかり伝えましょう。

新入社員が転職をする場合でも、以上のようなことを気をつけて面接官に話せばプラスの評価につながります。明るい表情で、さわやかに話すことが何より大切です。

新卒で勤めた会社を辞めても道はあるから大丈夫!

新卒で勤めた会社を辞めても正社員としての仕事はあります。こんなことを言い切るのは無責任だと言われがちですが紛れもない事実なのです。

しかし、これはあくまで行動を起こした場合なので勘違いしてはいけません。

文章中でも紹介してきた転職・就職エージェントに登録してサービスを受ける、自分で元々興味があった企業に採用枠があるか調べて掛け合ってみるなど、何もしなくてはせっかく道があっても進むことはできません。

その点、担当者がついて自分が新しい職を探す上でやるべきことや、対策するべき事柄を整理して徹底サポートしてくれる転職エージェントの利用を当サイトではオススメしています

無料ですし一度キャリア相談だけでも受けてみてはいかがでしょうか?今後のキャリアプランを占う意味でも貴重な時間を提供してくれます。

20代におすすめの転職支援サービス

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です