【外資系企業に転職】「終身雇用」という概念はないけど大丈夫?

無料で使える"20代"におすすめの転職サイト

【転職活動を全面的にサポートしてほしい人向け】

【転職実績No.1】リクルートエージェント公式HPへ

【転職活動をマイペースで進めたい人向け】

【転職者の8割が利用】リクナビNEXT公式HPへ

ポン太
外資系企業で、興味がある求人を見つけたんだけど、今勤める日系企業とそんなに違うもんなのかなー
ジョブエモン
まったく別物だと考えて方がいいよ!そもそも、日系企業に根付く終身雇用という概念が全くないからね。他にも違う事だらけだよ
ポン太
そうなのか・・・違う事だらけなのか・・・転職が決まったとしても、勤めてからが大変そうだな・・・これは異なる点を理解した上で転職活動を進めていかないと、後で後悔する事になりそうだ

外資系企業と日系企業は大きく違う!

外資系企業と日系企業は大きく違う

雇用形態からして日系企業とは違う外資系企業ですが、転職先として考えるなら仕事のスタイルや文化の違いを把握しておきましょう。

日系企業で通用した事が外資系企業で通用しないことは様々な場面で見られます。職場ではどんな違いがあるのか、外資系企業でありがちな例を見ていきましょう。

自分の意思に反して先方から返事が来ない!

日系企業の場合、同僚や上司との会話の中で「あれ、確認しておいてくれる?」とサラッと自分の意思や希望を伝える場面があるかと思います。
先方からは「確認しました。あの計画なら修正なしで良いと思いますよ。」と確認後の返事をもらえるのが一般的です。

しかし、外資系企業になると先方からの答えが来ないケースが多々あります。確認自体はしたものの、それ以上の行動を求められていなかったので返事はしない、という価値観の違いです。

仕事は結果重視なので残業も自己責任!

日系企業では残業する社員が普通に見られますが、外資系企業になると、仕事はあくまでも個人の責任の範疇で完了するのが一般的です。

外資系企業は与えられた仕事への結果を求めるので、残業しようがしまいが期日までに完了すれば良いのです。日系企業のように、周囲の社員の目を気にしながらダラダラ残業する姿は見られません。

会議で求められるのは結論と効率

日系企業の会議では、現在のプロジェクトの課題や提案や報告などが行われますが、外資系企業の会議は行動に移せるような”結論”を求めるための時間です。
日系企業の会議には、決定権を持つ役職者が参加していないことも多く、重要事項の決定は次回の会議に見送られがちです。

外資系企業の会議では、決定権を持つ役職者と担当者の間で論議が交わされ結論が得られるので、効率よく業務を進めることができます。

外資系企業で成功する人の特徴

外資系企業で成功する人の特徴

外資系企業は終身雇用の概念がないだけでなく、個人の能力や効率や結果を重視する傾向にあります。
自分の能力を磨けば磨いた分だけ、報酬や役職アップをしていきたいと考えるなら外資系企業に向いています。

外資系企業に転職し成功するには、どのような性格の人が向いているのか例を見ていきましょう。
あなたの性格や考え方と照らし合わせてチェックしてみてください。

自分の能力で無理な仕事にNOと言える

外資系企業には、日系企業のようにチームの団結力やお互いのミスをサポートしあうという習慣はありません。
仮に自分に与えられた仕事が能力的、期日的に無理な場合は、上司にはっきりとNOを言える性格が必要です。

また、仕事が与えられるのを待つのではなく、積極的に仕事の提案をしたり能力を磨いたりする姿勢も大切です。

柔軟な価値観を持っている

残業の価値観一つとってもそうですが、これまで日系企業でしか働いたことがない場合、外資系企業の価値観に戸惑うことがあります。
そんな場面では、これまでの価値観を捨て柔軟に考えられる人は外資系企業で成功できる人と言えます。

過去の価値観を持ち出しても外資系社員や企業に戸惑いを与えるばかりか、速攻でリストラ対象にされかねません。

上司への気遣いは仕事だとクールに考える

外資系企業では、人事権を持っている人や上司に気遣いをするのは普通のことです。

能力だけではなく気遣いができる人間であることも評価の対象になっているので、高いポストや重要な仕事を任されたければ、気遣いも仕事のうちと捉えましょう。
上司などに変に気遣いするのはゴマすりをしているのでは、と捉えずにそういう文化だとクールに考える必要があります。
日系企業のように日頃の飲み会などがない分、上司への尊敬している気持ちを言葉に表して伝えることも大切です。

外資系企業の特徴を理解した上で転職活動を進めよう!

ジョブエモン
どうだった?外資系企業は日系企業と異なるって事が理解できたかな?
ポン太
全然違うんだねー。これだけ違うと本当に向いてる人向いてない人って凄く分かれそう。
ジョブエモン
そうだね。その辺は求人を見ただけだとわからないから難しいんだ。そこは外資を専門としてるエージェントをフル活用して、色々調べ上げた上で転職活動をしていくしかないよね。

20代にオススメの転職エージェントランキング

※2017年12月更新    

リクルートエージェント

リクルートエージェントでは、業界最多ともいわれる8万件の非公開求人があり、その割合は全体の約90%を占めています。これらの人は多方面の業界の求人が含まれているので、希望する職を見つけることができるでしょう。

既卒/未経験者/第二新卒向けの転職サイトになります。 未経験者や社会人経験なしのフリーターからの正社員を目指す方にオススメの転職サイトです。

業界最大手ゆえ、マイナビエージェントは様々なタイプに特化した人材紹介サービスを展開してます。8割が非公開の求人で、どの業界をとっても多くの企業とパイプがあり、転職希望者の満足度が高いのが特徴です。

1994年から転職サービスを行っているので、企業とのパイプも多く、IT・WEB・ベンチャー系をはじめとした求人が豊富にそろっているのが魅力です。

業界第2位の実績を持つDODAは、3万3000件とも言われる膨大な求人数を扱う<のに加え、その質の良さにも業界で一目置かれている会社です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です