【転職率から見る】20代で転職を経験する人の割合は果たして!?

無料で使える"20代"におすすめの転職サイト

【転職活動を全面的にサポートしてほしい人向け】

【転職実績No.1】リクルートエージェント公式HPへ

【転職活動をマイペースで進めたい人向け】

【転職者の8割が利用】リクナビNEXT公式HPへ

この記事の要点!

  • 20代のうちに転職を経験する人は3割以上
  • 転職率とは、1年のうちに転職した人の割合のこと
  • 新卒で勤めた会社を3年以内で辞める人が3割以上いることも高い転職率に繋がっている
  • 様々なデータより、20代で転職を考えるor転職をする、という決断は決して珍しいことではない
ジョブエモン
ポンタくんと同じ20代の人達のどれくらいの人が転職経験をしたことがあるか?って気にしたことある?
ポン太
うーん。ないかな?1割くらいだよね?きっと。転職って結構人生でも一大イベントだと思うし、そんな多くの人がしてるイメージは全くないけどな。
ジョブエモン
すごい!ポンタくん!的を大きく外してくれてこっちも、聞いた甲斐があったよ!早速ポンタくんが外した20代の転職事情を転職率なんて言葉とともに紹介していくね。

大手転職サイトが20代で3割以上の人が転職を経験すると発表?

大手転職情報サイトDODAが800人を対象に集めた【転職活動実態調査】によると、25歳から29歳のうちに転職を経験する人は35.3%と言う数字がでています。

もちろん、サイトやデータ参照元によっては数字は異なりますが、だいたい20代のうちに3人のうち1人は転職を経験するという認識で間違いはないでしょう。

ポン太
10人に3人も20代で転職を経験するのか!!!!思ったより高くてびっくりしたよ!でも800人を対象と言えど、そんなに転職してるなんて感覚ないし、本当なのかな〜
ジョブエモン
こらこらポンタくん。多少の誤差はあるかもしれないけど、自分が知らないだけで、みんな活発に転職をしている事実をちゃんと受け止めないとね。そんなに信じられないなら厚生労働省が発表する転職率からも見てみようか?

転職率(転職入職率)から見てみると?

厚生労働省がだしている、転職率(転職入職率)という言葉はご存知でしょうか?

”1年間で労働人口のなかで、どの程度の人が転職をしたか?” という数値を表す指数です。

例えば日本という国の労働人口が2017年現在100人だったとしましょう。2017年の1年間で、そのうちの10人が転職をしたとします。

この場合、10÷100=0.1→10%  2017年の転職率は10%となるわけです。

20代の転職率は?

厚生労働省、平成28年度の年齢階級転職入職率のデータより、

20歳〜24歳

【男性】14.9%(パート勤務含む)
【女性】12.1%(パート勤務含まず)

25歳〜29歳

【男性】13.6%(パート勤務含む)
【女性】14.7%(パート勤務含まず)

という結果がでております。女性の場合は一般労働者の数字がでていますが、男性の場合パートタイム労働者も含まれているのでご注意ください。※あくまで世間的な認識ですが、パートタイムでの入職や離職は転職に入らないので

これらの数字より、男女ともに1年のなかで10人に1人以上の人が転職を経験していることになります。

あくまで、これらの数字は1年のみで計算されること、数字に多少の誤差はあるが毎年同じくらいの割合で転職者がいることなど踏まえると、冒頭で述べたのと同じく20代で3割以上の人が転職を経験してるといえるでしょう。

新卒の離職率の高さも見逃せない

新入社員の離職率の高さが社会問題に?という記事でも詳しく説明しておりますが、20代の転職入社率の裏側に新卒の離職率の高さが関係している事実も忘れてはなりません。

今や新卒で勤めた会社を3年以内の離職率が3割を超え、「3人に1人」、もはや新卒で勤めた会社を辞めることが珍しいことではない時代です。

それに加え、先ほど紹介した20代の転職率の高さですから、”勤めた会社を20代のうちに辞める” → “そして新しい会社へ転職をする” というのが特別なことではない、ということが数字という形に落とし込んでみるとはっきりしますね。

20代のうちに転職を考えることは悪くない!

20代という、キャリアでいう若いうちに転職を考えていると打ち明けると

「根性がない」「もう少したってからでもいいんじゃないか?」「そんなんでは、どの業界にいっても通用しない」「今はそのタイミングではない」なんてネガティブな意見が先行しがちです。

ポン太
わかる。わかる。上司に相談したことあるけど、「お前は本当に根性がないやつだな!」って言われて終わりだったし、納得してしまってたからな。

ただ、今回紹介したデータより、周りを見渡すとあなたが思っているよりたくさんの人が20代のうちに転職をしているという列記とした事実があります。

本気で仕事を辞めたい20代に伝えたいことでも少しばかり触れてますが、今いる環境が全てではないですし、仕事を続けながらでも、転職エージェントを有効活用するなどして転職活動をスムーズに進めることだって可能です。

周りはどのくらい転職しているのだろう?20代のうちに転職を考えるのは悪いことなのだろうか?なんて考えが少しでもある場合は、この20代の転職率や転職経験者の割合をもとに、なにも普通ではないことだと思わないようにしましょう。

3人に1人以上が20代で経験してる、なんも不思議ではないことですから。

20代にオススメの転職エージェントランキング

※2017年12月更新    

リクルートエージェント

リクルートエージェントでは、業界最多ともいわれる8万件の非公開求人があり、その割合は全体の約90%を占めています。これらの人は多方面の業界の求人が含まれているので、希望する職を見つけることができるでしょう。

既卒/未経験者/第二新卒向けの転職サイトになります。 未経験者や社会人経験なしのフリーターからの正社員を目指す方にオススメの転職サイトです。

業界最大手ゆえ、マイナビエージェントは様々なタイプに特化した人材紹介サービスを展開してます。8割が非公開の求人で、どの業界をとっても多くの企業とパイプがあり、転職希望者の満足度が高いのが特徴です。

1994年から転職サービスを行っているので、企業とのパイプも多く、IT・WEB・ベンチャー系をはじめとした求人が豊富にそろっているのが魅力です。

業界第2位の実績を持つDODAは、3万3000件とも言われる膨大な求人数を扱う<のに加え、その質の良さにも業界で一目置かれている会社です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です