SEは需要がある業種だから年収が高いって本当?

無料で使える"20代"におすすめの転職サイト

【転職活動を全面的にサポートしてほしい人向け】

【転職実績No.1】リクルートエージェント公式HPへ

【転職活動をマイペースで進めたい人向け】

【転職者の8割が利用】リクナビNEXT公式HPへ

ノブ太
SEの仕事は年収が高いって聞いたんだけど、本当?
ジョブエモン
SEは情報化社会の今、とても需要があるから、年収は高いイメージがあるけれど実際のところは・・・
ノブ太
実際のところは、どうなの?ジョブエモーン!

SE(システムエンジニア)の年収は高い?

SEコミュニケーション

SEの年収は高いと言われますが、業界全体の平均年収は450万となっています。事務職の年収が360万、営業職の年収が320万ほどですから、この数字はやや高めと捉えることができるでしょう。
しかし企業によっても差はあり、安いところでは年収200万、高いところでは年収1000万というデータもあるため、実際のところは務める企業次第ということになります。

世代別にSEの年収の割合の推移をまとめたグラフがありますので、このグラフをもとにどのように年収が推移していくのかを詳しくみていきましょう。

DODA調べ:世代別のSEの年収

(引用元:http://doda.jp/guide/heikin/2011/002_03.html)

このグラフから世代ごとにSEの平均年収を割り出すと、下の表のようになります。

年代 平均収入
20代 365万
30代 458万
40代 560万
50代 612万

このように、SEの平均年収は経験を積むことによって高くなることが分かります。IT業界ではコンピュータの進化に伴い、SEの需要は高まる一方です。

IT技術は日々進化していますので、SEは日々自己研鑽を積み新しい情報を得ていかないといけません。最新の情報と高度な技術を身につけていけば、着実に年収アップが期待できると言って良いでしょう。

SE(システムエンジニア)の仕事内容とは?

プログラミング

SEの仕事はどのようなものでしょう?SEの仕事は、「PCの前にずっと座りっぱなしで作業をしている」というイメージの方も多いでしょう。

しかし、一般的なSEの仕事の認識は、「顧客のニーズを満たすためにヒアリングを行った上で、システム開発の上流工程に携わる仕事」となっています。これだけでは難しいので、ここからSEの具体的な仕事内容をご説明しましょう。

顧客の要求・要望を分析する(要件定義)

顧客がどんなシステムを求めているかヒアリングを行います。
ヒアリングを元に、顧客の要望に応えるべく、開発費用の算出や開発期間がどれくらいになるかを分析していきます。

システムを設計する(外部設計)

顧客の要望に沿うようにシステムの設計・開発を行います。
画面上の表示、操作の仕方、文字数など顧客に合わせて外観の仕様を考えていきます。

詳細の設計をする(内部設計)

どのような技術を使って実装を予定している機能が実現するのか、詳細を設計していきいます。

プログラミング(製造)

製造作業はプログラマーに引き継がれる場合もありますが、プログラミングする際に必要な設計もSEによって行われます。SEがプログラミングを行うケースも多いようです。

最終確認する(テスト)

設計したシステムが正常に動くかテストを行います。

顧客(ユーザー)による検証

テストが終わったら、できあがったシステムを顧客に確認してもらいます。要求をすべて満たしていれば納品となります。

このようにSEの仕事内容は、顧客対応からシステム設計までと幅広い業務になっています。
SEとしての技術はもちろんのこと、顧客とのコミュニケーション能力も大切なスキルとなります。また、システム開発は時に短期間で行わないといけない場合もありますので、スケジュール管理も重要です。

SE(システムエンジニア)には経験がなくてもなれる?

いざ「SEになりたい」と思っても、すぐになれるものなのでしょうか?

極端な話をすれば、ある程度のPCの知識があれば、プログラミング経験が無くてもSEになれます。しかし、それには覚悟を決めて猛勉強をしなければいけません。

勉強しなければいけないことは、主に次のようなことです。

  • IT業界の専門用語
  • 基本情報処理
  • システム開発の一連の流れ
  • 問題解決能力(スケジュール調整、システム障害への対応など)
  • コミュニケーション能力(話術を身につける)

このようなことを勉強していきます。

特にコミュニケーション能力は重要で、「コミュニケーションをとるのが苦手」という方はSEには向いていません。コミュニケーション能力は勉強して得られるものではないため、どんどん外に出て色々な世代の人と交流を持つことが大切です。また、SEの仕事はハードな面がありますので、体力をつけておくことも重要なポイントです。

SE業界は、時に大量採用を行う場合もありますから、勉強をしておけば採用につながるかもしれませんね。

SE(システムエンジニア)として年収をあげるには?

SEはハードな仕事の割に、「仕事内容に見合った給料を貰えていない」「いつまでこの単価で仕事をしないといけないんだろう」と思いながら働いている人も多いはずです。SEとして、年収をあげるにはどうすれば良いのでしょうか。

フリーのSEになる

まずご紹介するのが、思い切って企業を離れフリーランス(個人事業主)としてSEとしてやっていく方法です。
仕事を受注する営業活動や顧客との打ち合わせ、システム開発まで、すべて自分で行います。

企業にいれば仕事は勝手に舞い込んできますが、フリーの場合はそうはいきません。仕事をとるまでは経験を積み重ねることと、高い営業スキルが求められます。会社でPCと永遠に向き合っているだけだった…という方は、営業スキルを身につけるには相当苦労するでしょう。

フリーでSEの仕事をする場合、自分の経験やスキルに合う相場をきちんと把握しておくことが年収アップのカギです。相場を知らないまま仕事を受注していると、足元を救われてかなり低い単価で仕事をする羽目になります。
特に4次請け、5次請けなど下請けのさらに下請け…というケースですと、かなり低い単価になりますので、見極めが大切です。契約を取るなら、できるだけ1次請けを狙いましょう。

このようにフリーでSEを行う場合、安定感はありませんが、単価の高い仕事を契約できれば年収はあがっていくでしょう。

転職する

次にご紹介するのは、今務めている企業を退職し、年収アップが見込める企業へ転職する方法です。
具体的にSEの給料が良い会社は、有名企業のIT子会社や独立系SE会社などが挙げられます。

このような会社の求人を自分で探すのは大変…という方におすすめしたいのが、転職エージェントのレバテックキャリアです。レバテックキャリアは、エンジニアの転職を専門としているので、SEの転職なら安心して任せることができます。

転職エージェントは無料で登録できますので、自分の経験やスキルに見合った年収をもらうことができる企業をアドバイザーに相談しながら見つけましょう。

SEの需要を理解した上で転職活動をしよう!

ジョブエモン
SEの仕事内容や年収がどのくらいか、分かったかな?
ノブ太
平均よりは高めだけど、ハードな仕事なのに単価が低い場合もあるんだね・・・大変そうだな・・・SEの仕事にコミュニケーション能力が大切だなんて知らなかったよ
ジョブエモン
確かに、SEとしてレベルを上げたいのならコミュニケーション能力を磨くことが一番の近道かもしれないね!もし今の年収に満足していないなら、思い切ってフリーランスになることや転職することを視野に入れてみてはどうだろう?エンジニア系の転職なら、レバテックキャリアを利用するのがオススメだよ
ノブ太
そうだね!早速レバテックキャリアに登録して相談してみることにするよ!ありがとう、ジョブエモン

 

20代にオススメの転職エージェントランキング

※2017年12月更新    

リクルートエージェント

リクルートエージェントでは、業界最多ともいわれる8万件の非公開求人があり、その割合は全体の約90%を占めています。これらの人は多方面の業界の求人が含まれているので、希望する職を見つけることができるでしょう。

既卒/未経験者/第二新卒向けの転職サイトになります。 未経験者や社会人経験なしのフリーターからの正社員を目指す方にオススメの転職サイトです。

業界最大手ゆえ、マイナビエージェントは様々なタイプに特化した人材紹介サービスを展開してます。8割が非公開の求人で、どの業界をとっても多くの企業とパイプがあり、転職希望者の満足度が高いのが特徴です。

1994年から転職サービスを行っているので、企業とのパイプも多く、IT・WEB・ベンチャー系をはじめとした求人が豊富にそろっているのが魅力です。

業界第2位の実績を持つDODAは、3万3000件とも言われる膨大な求人数を扱う<のに加え、その質の良さにも業界で一目置かれている会社です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です