【天秤にかけるべし!】転職エージェントを掛け持ちがオススメ!

20代におすすめの転職サイト 【転職活動を無料で全面的にサポートしてほしい人向け】

【転職実績No.1】リクルートエージェント公式HPへ

【マイペースで転職活動を進めたい人向け】

【求人数No.1】リクナビNEXT公式HPへ

ポン太
転職エージェントを使って転職活動をしているんだけど、色々調べていくと掛け持ちした方がいいなんて情報が結構でてくるんだけど、これって本当なのかな?
ジョブエモン
あー本当だよ。ポン太くんは今のキャリアコンサルタントと相性がばっちり合う?あとは自分の希望した通りの求人を紹介してもらえてるかな?
ポン太
うーん。すんごい優しい感じでいい人だから、相性は悪くないと思うな。ただ、紹介される求人には今のところピンときたのがないなー
ジョブエモン
だよね、、、たしかに1社のみで、全てが円満に進む人もいるけど、仕事の問題は生活にも関わってくるし割とシビアになりがちだから難しいよね

掛け持ちすることにメリットはあるの?

ポン太
掛け持ちがいい、って言われても具体的にメリットがわからないと信用できないな、、、

たしかにネット上に散らばる転職サイトを見ていると、転職エージェントは掛け持ちがいい!なんて当たり前のように書かれているし、サイトの運営側からしてみても掛け持ちすることがマストな選択だと思います。

ただ、そこに対するメリットというのはどこにあるのでしょうか?それを理解していれば、きっと転職活動も円滑に進めていけると思うので紹介していきましょう。

いいキャリアコンサルタントとの出会いが!?

幼少期に自分が住んでいた家の近くのお医者さんが、凄く怖い人だったとしましょう。

すると、あなたのお医者さんに対するイメージはどうですか?きっと「お医者さんは怖いもの」なんて認識になってしまってません?

極端な例になってしまいましたが、自分の転職活動をサポートしてくれるキャリアコンサルタントもたくさんいて、人それぞれ特徴がある訳です。

「キャリアコンサルタントってこんなもんなんだ」「これとこれとこれはやってくれるのか」「え、こんなとこまでやってくれるの!?」

と関わって人によって、印象や力量はもちろん違います。しかし、こればかりはキャリアコンサルタント(人)対 転職希望者(人)とう対人関係なので、ネット上に落ちている情報だけではわからないものです。

「◯◯エージェントのコンサルタントは態度が悪いからダメだ」なんて情報を当てにしても、行ってみたら違かったなんてことはざらにあることでしょう。

これを確かめるには、やはり色々試してみなくてはわからないということです。今回の話しで言えば掛け持ちして、様々なエージェントと関わってみないと、どこのキャリアコンサルタントさんと相性がいいかということがわからない訳です。

せっかく転職を決意したのですから、自分にあった、いいコンサルタントを見つけ出して転職活動を進めていきましょう。

エージェントの特徴を有効活用!?

上記では人対人の話しをしましたが、ここではエージェント(会社)対 転職希望者(人)の話しです。

現状では、たくさんの転職エージェントが存在し、エージェント会社同士も切瑳琢磨し合いながら生き残りをかけて戦っています。

「A社にないものを弊社で」「B社にないものを弊社で」と、それぞれ強みというものを掲げて売り出している訳です。

せっかく転職活動をするなら、その分野に特化したエージェントにサポートしてもらいたくはありませんか?

掛け持ちをするメリットの1つに、それぞれのいいとこどりが出来るというものがあるので、これを活かさない手はありません。

隠れ案件を丸裸に!

各転職エージェントのサイトを訪問して頂ければわかりますが、登録して訪問しなくてもある程度の求人を見ることができます。

きっと、「こんな大企業も求人をだしているんだ」「自分の条件っとマッチする」なんて企業も公開されている多くの求人から見つけることも可能でしょう。

ただ、転職エージェントを利用して、キャリアコンサルタントと関わりながら転職活動を進めていくメリットに非公開案件を紹介してもらえるということがあるのはご存知ですか?

それぞれのエージェントでしか扱ってない独占案件なんて言われ方をすることもあります。

公開して多くの人に見てもらった方が求人は集まるので、非公開にする意味はあるのだろうか?果たして非公開求人の魅力は?と疑問をもたれがちですが、非公開求人には様々な魅力があるのです。

◯◯プロジェクトのリーダー募集!

なんて求人があったとしましょう。
競合からしてみれば、◯◯プロジェクトという大きなプロジェクトにも関わらず、適任がいないのか?
あの会社、人が足りてないのか?

なんて、一般人が見逃すようなことも同業には気付かれてしまう、ゆえに気付かれてしまったら困る、なんて諸事情が転職業界では存在します。

そんなときに、公に求人をだせないからいつも優秀な人材を紹介してくれる◯◯エージェントだけに、求人を取扱ってもらおうなんて手配が行われるのです。

非公開求人では、年収をはじめ、条件や役職など、割によい案件を紹介されることが多いと言われていて、できるならば様々な会社の非公開案件のなかから求人を選びたいものです。

一概にこの3社のみに集まるとは言えませんが、大手ゆえ、非公開案件の扱いも多いので、そこを狙って転職活動をしたいというなら、最低でもこの以上の3社は掛け持ちするべきでしょう。

自分のためにエージェントの掛け持ちをしよう!

ジョブエモン
転職エージェントを掛け持ちすることの大切さを理解してくれたかな?
ポン太
うん!すんごくメリットがたくさんあるんだね。あ、といっても3つだけか!
ジョブエモン
たしかに3つしかメリット紹介してなかったね。でもこの3つのメリットの1つ1つがすんごく大きくてポン太くんの転職活動においては大切ってことだよ!
ポン太
うんうん!正直、掛け持ちがいいって聞いて、めんどくさいなーなんて思うこともあるけど、自分の将来のためだもんね!しっかり色々なものを見て、考えて行動していくよ!

 

20代におすすめの転職サイト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です