これぞ【社畜の極み会社員】エピソード 〜シャンプー編〜

20代の転職希望者におすすめ! 【筆者の年収を150万UP↑に導いてくれたプロ集団】

【実績No.1】リクルートエージェント公式HPへ

   【5分で自分の適正年収が知れる!】

【登録して待つだけ】MIIDAS公式HPへ

【社畜】

なんて言葉を日頃から、使ってる、もしくは聞いている方も多いのではないでしょうか?
今回はその言葉の意味をひも解くようなエピソード第二弾を紹介していきます。※第一弾はコチラから

社畜(しゃちく)とは、主に日本で、勤めている会社に飼い慣らされてしまい自分の意思と良心を放棄し奴隷(家畜)と化したサラリーマンの状態を揶揄したものである。「会社+家畜」から来た造語で、「会社人間」や「企業戦士」などよりも外部から馬鹿にされる意味合いを持つ。昔の「ガリ勉」に近い使われ方

英語圏では同様の概念として「wage slave」(賃金奴隷)が存在する。

wikipediaさんより

お店の椅子下にシャンプーと石鹸のセットがあった

jobemon_manga_png_png

居酒屋に転職をしてお店に勤め始めるとお客様用の椅子下のストックできるところにシャンプーと石鹸があった。

なんだか社畜の芳香が漂ってきましたね。

近くに銭湯や漫画喫茶などがないからなぜおいているのだろうと先輩に普通に質問したら「1週間は家になかなか帰れなくなるから店の中で頭を洗うのだよ」と言われました。

家に帰れないからのシャンプーですか…
やっぱり社畜だったんですね。でも飲食店なのに体を洗うのは、ちょっと遠慮して欲しいところです。

その時私は絶句でしたがその後自分でそうなることで最悪理解できました。

嬉しい理解の仕方ではありませんね。居酒屋はブラックと言われますが、このエピソードはきついですね…

20代におすすめの転職支援サービス

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です