これぞ【社畜の極み会社員】エピソード 〜サウナ編〜

20代の転職希望者におすすめ! 【筆者の年収を150万UP↑に導いてくれたプロ集団】

【実績No.1】リクルートエージェント公式HPへ

   【5分で自分の適正年収が知れる!】

【登録して待つだけ】MIIDAS公式HPへ

【社畜】

なんて言葉を日頃から、使ってる、もしくは聞いている方も多いのではないでしょうか?
今回はその言葉の意味をひも解くようなエピソード第三弾を紹介していきます。
【社畜エピソード第一弾】これぞ囚人生活!?
【社畜エピソード第二弾】シャンプー

社畜(しゃちく)とは、主に日本で、勤めている会社に飼い慣らされてしまい自分の意思と良心を放棄し奴隷(家畜)と化したサラリーマンの状態を揶揄したものである。「会社+家畜」から来た造語で、「会社人間」や「企業戦士」などよりも外部から馬鹿にされる意味合いを持つ。昔の「ガリ勉」に近い使われ方

英語圏では同様の概念として「wage slave」(賃金奴隷)が存在する。

wikipediaさんより

おいおいお前は何と戦っているんだ?

slave jobemon2

同僚とサウナに行った時の話。先にサウナに入っていた同僚と、会社についてあれこれ話をしていた。俺より大分前に入っていたらしく、全身汗だくで肩で息をしていて
少し顔色も悪いと思ったので、「おい、そろそろ出た方がいいぞ」と言ったら、「大丈夫あと3分だから。これ我慢できれば、明日の仕事も乗り越えられる気がする」。

この同僚は運動部出身のようで、我慢が得意なんでしょうか?
でも我慢するところが違う気がする…

社畜は、思考回路を奪うのでしょうか。

20代におすすめの転職支援サービス

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です