SPIとは?

無料で使える"20代"におすすめの転職サイト

【転職活動を全面的にサポートしてほしい人向け】

【転職実績No.1】リクルートエージェント公式HPへ

【転職活動をマイペースで進めたい人向け】

【転職者の8割が利用】リクナビNEXT公式HPへ

SPIとは、Synthetic Personality Inventoryの略称です。
リクルートマネージメントソリューションズが提供をしており、性格と能力の2領域を測るための総合適性検査のことを言います。

新卒採用者に対し多くに企業がSPI方式を採用しており、入社試験では最初に必ずと言っていいほど登場します。
マークシートに記載をする形で行い、金融業界においては合格ラインが非常に高く、一般企業では7割程度の得点が合格の目安となっています。
また、SPI試験の結果は入社後も参考にされ社員を適材適所へ配置するために利用をされることもあります。

対策に関しては、リクルート側は受験者の本質的能力や業務適正はすぐに変化するものではない。よって対策は意味がない。と説明しています。

それでは対策しても仕方がないと思うかも知れませんが、問題数も多く慣れることも必要なので本などで事例を確認しておくのが有効です。

20代にオススメの転職エージェントランキング

※2017年12月更新    

リクルートエージェント

リクルートエージェントでは、業界最多ともいわれる8万件の非公開求人があり、その割合は全体の約90%を占めています。これらの人は多方面の業界の求人が含まれているので、希望する職を見つけることができるでしょう。

既卒/未経験者/第二新卒向けの転職サイトになります。 未経験者や社会人経験なしのフリーターからの正社員を目指す方にオススメの転職サイトです。

業界最大手ゆえ、マイナビエージェントは様々なタイプに特化した人材紹介サービスを展開してます。8割が非公開の求人で、どの業界をとっても多くの企業とパイプがあり、転職希望者の満足度が高いのが特徴です。

1994年から転職サービスを行っているので、企業とのパイプも多く、IT・WEB・ベンチャー系をはじめとした求人が豊富にそろっているのが魅力です。

業界第2位の実績を持つDODAは、3万3000件とも言われる膨大な求人数を扱う<のに加え、その質の良さにも業界で一目置かれている会社です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です