ホワイトカラーとは?

20代の転職希望者におすすめ! 【筆者の年収を150万UP↑に導いてくれたプロ集団】

【実績No.1】リクルートエージェント公式HPへ

   【5分で自分の適正年収が知れる!】

【登録して待つだけ】MIIDAS公式HPへ

ホワイトカラーとは、一般に「頭脳」を使って働く労働者のことを指します。

理由として、そういう労働者はスーツに白いシャツを着て仕事をすることが多いからです。それに対してブルーカラーは、「肉体」を使って働く労働者のことを指します。
理由として、青い作業着を着て仕事をすることが多いからです。
ただし、これらの認識は、国や地域、人種によって統一されているわけではなく、例えば日本や欧米での共通認識となります。

また、一般に研究者たちは作業着を着て仕事をします。
しかし、その研究者たちは大学院まで卒業していたり、頭脳レベルが高かったりと、「頭脳」を使って働きます。
更に、一般にブルーカラーと分類できる警察官や消防員は、上層部ならば現場に出ることはほとんどなく、事実上ホワイトカラーと言われるような分類の仕事ばかりすることになります。

これらの矛盾点があったり、どちらに分類すべきか不明な職業が多いので、この分類方法を止めるべきだという声もあります。

20代におすすめの転職支援サービス

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です