法定外休日とは?

20代の転職希望者におすすめ! 【筆者の年収を150万UP↑に導いてくれたプロ集団】

【実績No.1】リクルートエージェント公式HPへ

   【5分で自分の適正年収が知れる!】

【登録して待つだけ】MIIDAS公式HPへ

法定外休日とは、労働基準法第35条によって、使用者は労働者に対して最低でも一週間に一回以上の休日を与える必要があると規定されています。

その法廷休日に働かせる場合は、別途休日労働の賃金を支払う必要があります。
更に、就業規則などによって最低でも一週一回の原則を変更したとしても、四週間に四回以上の休日を与えなければならないとされています。

つまり、規則によって最低でも週一回か、もしくは四週間に四回以上労働者に与えなければならない休日のことを「法廷休日」と言います。
規則で定めた法定外休日以外の休日のことを「法定外休日」と読んでいます。

「法定外休日」は、通常就業規則などに明記しますが、別段決めなくても労働基準法には違反することはありません。

20代におすすめの転職支援サービス

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です