同族経営とは?

20代の転職希望者におすすめ! 【筆者の年収を150万UP↑に導いてくれたプロ集団】

【実績No.1】リクルートエージェント公式HPへ

   【5分で自分の適正年収が知れる!】

【登録して待つだけ】MIIDAS公式HPへ

同族経営とは、特定の親族一家族が企業を運営することです。

ファミリー企業ともいわれ、一般的には一家族が取締役職の3分の1を独占し、過半数以上の株式を所有しています。
法人税法では、同族会社と定義されています。
定義によれば株式需要が低い中小企業や、買収防衛策として経営者が株式の大半を保持している一部の大企業も同族経営に該当するとあります。

同族経営のメリットとしては、株式買収による経営権のリスクの低下や株式に左右されない経営、また社長交代などの経営陣の移行を円滑に進めることが可能です。
また、収入を一族に分散させることによって税金を削減できます。
反面、親族が重要ポストを独占するため経営自体が健全ではないというイメージを持たれてしまうというデメリットもあります。

20代におすすめの転職支援サービス

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です