20代後半で22万の手取りでもボーナスがない場合は転職も視野に入れるべき

無料で使える"20代"におすすめの転職サイト

【転職活動を全面的にサポートしてほしい人向け】

【転職実績No.1】リクルートエージェント公式HPへ

【転職活動をマイペースで進めたい人向け】

【転職者の8割が利用】リクナビNEXT公式HPへ

この記事の要点!

  • 20代後半で22万の手取りがあれば、毎月の生活に困ることはまずない
  • 女性の場合、20代後半で毎月の手取りが22万あれば、ボーナスがなくても平均年収にはなる
  • 毎月の手取りが22万の男性の場合、年間70万程度のボーナスをもらえて、やっと全体の平均年収に並ぶ
  • 年収や毎月の給与が不満がある方は転職エージェントを使い年収重視の転職活動を無料で進めていくのが1番である
ポン太
今までの話しを聞く限り20代も後半に差し掛かると、一般的なボーナスがもらえて20万〜22万くらい毎月手取りがあれば平均程度の年収になると考えていいんだよね?
ジョブエモン
そうだね。福利厚生面のこともあるから、一概に年収だけが大事とは言えないけど1つの目安として、その認識は間違ってないよ!

※20代で手取り12〜13万でも正社員ならいいわけがない!
※20代で手取り14万の生活レベルは?自分の給与を客観的に見てみよう
※20代後半で手取り16万の場合、正社員でも転職を検討するべき。
※20代後半で手取りが18万は少ない!給料が上がらないなら転職も視野にするべき
※20代後半で手取り20万は平均レベルだが、ボーナスがない場合は転職すべき!

手取り額22万の人が1人暮らしをしたときの内訳とは?

では、都内に住む一般的な会社員が手取りで22万を毎月もらった場合、どのような内訳になるのか見ていきましょう。今回は会社の家賃負担などはない定で話しを進めていきます。

※1人暮らし向けの1Rや1DKの都内の家賃相場は7.4万なので、今回は8万を適用して計算させていただきます。賃貸住宅D-room様より

  • 家賃:80000円
  • 食費:25000円
  • 水道光熱費:10000円(季節によって多少の変動はあるが)
  • 通信費:10000円(携帯料金7000円+自宅回線3000円)
  • 保険料:20000円 ※20代の平均は20000円前後(生命保険等)
  • 医療費:5000円
  • 交通費:5000円
  • 雑費(消耗品、車両費、各種ローン等):15000円【〜30000円】
  • 娯楽(交際費等、服飾費):20000円
  • 貯金:30000円

毎月の貯金額を3万と設定して、他の内訳を出して見ました。都内の1人暮らし向けの相場より高いところに住めますし、手取りが22万もあれば生活に困るということはまずないと言えます。

ただ、20代も後半になると結婚を視野にいれている人も少なくないでしょうし、今後大きなお金がかかってくることも想定して貯金額3万では不安なんて人も多いのではないでしょうか?

あとは娯楽や雑費にかかる費用だってバカになりません。想定ではそれぞれ1.5万、2万ですが、友人の結婚式にお祝儀を持って参加する機会も増えますし、20代も後半になればビジネスシーンでもプライベートでも身だしなみに気を使うケースも多くなってくるでしょう。

それゆえ、内訳通りにいかないなんてことも多く、どうしても毎月満足に貯金ができていなく将来への不安が加速しているなんてことも考えられます。

【実際の声】手取り22万だと生活は厳しいですか?満足してる?

25歳男性
ボーナスもあるし、同年代よりも多いと思うので、不安はないですし生活が苦しいとは思ったことないですね。ただ、残業が多いのでそのぶんもう少しもらってもいいのかな?とは思いますが
29歳女性
かなり満足しています。子育ての都合でかなり融通利かせていただいているのにこの給料ですから。夫の収入も平均程度ですが、現時点では生活に困ってないですし、子供との時間も確保できているので問題ありません。
28歳男性
ボーナスが出ないのに、もう少しないと貯金に回す金額が少なくて不安ですし、貯金からお金を引っ張ってくることも増えてきました。ちょーど結婚ラッシュでして、、、今年だけで4回も参加してますよ。お祝儀だってバカになりません。
26歳女性
満足といったら満足ですが、不安はつきまといますよね。ベンチャーなのでボーナスは年ごとに結構変動しますし。仕事でプライベートにお金使う暇がないので、生活に困るってことはないです。

手取り22万だと女性なら平均以上?男性はボーナスがないと低い

※以下 年収平均のデータ等 国税庁 平成26年分 民間給与実態統計調査 様より

平成26年の時点で、20代後半の平均年収は

  • 男性378万円
  • 女性297万円

となっています。手取り22万の人は果たして平均以上になるのでしょうか?計算してきましょう。

手取りが22万の場合、給料の総支給額が *26万程度になると考えられます。※会社や配偶者の有無によってこの金額は異なります。

年収は毎月の手取り額ではなく、総支給額に1年に当たる12をかけた数字になるので、この26に12をかけて見ましょう。

26万(毎月の総支給額)×12ヶ月(年収)=312万円(手取り額が22万でボーナスがない場合の年収)

  • 男性の場合378万ー312万=66万平均より少ない
  • 女性の場合297万ー312万=*15万平均より多い

という結果になります。

※男女共通で、平均年収にはパートタイム勤務の人も含まれています。20代後半になると女性の場合、結婚、出産、子育てを機に正社員としての勤務をリタイヤされる方も多くなるので、正社員として働き続けてる方は公表されてる平均年収よりも、少し上の年収であるべきと認識するのがベター。あくまで感覚値ですが、310万~330万を平均値として考えるといいでしょう。

男性の場合、平均的なボーナスをもらえてやっと平均年収になる

男女共通で、20代後半の1年間のボーナスの総額は*50〜70万円と言われています。※夏、冬ともに変動が多いので、20万ほどの幅を持たしています。

女性の場合、※の部分を考慮しても、手取り22万を毎月もらえていれば平均程度の年収と言えますが、男性の場合、毎月の給与を年収にすると66万ほど平均には届かないわけですから、50万〜70万の平均程度のボーナスをもらえてやっと平均年収に追いつきます。

毎月の額が低くなくても、ボーナスの有無が大きな分かれ道と言えるでしょうね。

平均以上の年収を稼ぎたいなら転職を視野にエージェントに相談が1番

今日頑張った、明日頑張った、からといって年収が飛躍的に上がらないのがサラリーマンの定めと言っていいでしょう。そのため、自分のスキルももちろん重要ですが、それ以上に大事なのが、給与を社員に還元してくれる会社なのか否か?ということです。

元から給与が低く設定されてる企業でしたら、いくら自分が頑張っても給与は上がりませんから、、、

もし、現状そのような会社に勤めている人は、自分のスキルアップよりも、環境選び(転職)を視野にいれるのもありではないでしょうか?

  • 転職して今よりも給料が低くなったらいやだ
  • ブラック企業だったらどうしよう
  • なにからやったらいいかわからない
  • 資格もないし、転職できるか不安
  • 時間がない

給料に不満がある人は、必ず1度は転職を考えたことがあると思いますが、以上のような様々な理由で転職を諦めてるなんて人も多いのではないでしょうか?

ただ、もし、これらをなんども転職の現場に立ち会ってて、転職先の企業に関しても詳しい人が自分のサポートをしてくれると考えたらいかがでしょうか?しかも在職中でも、自分の代わりに代理人となって転職活動を進めてくれたらどれだけ助かるか。

転職エージェントは何をしてくれるの?という記事でも詳しく書いてますが、転職エージェントを使えば以下のようなサービスを受けながら就職活動ができます。

  • 求職者とのヒアリング(現状の把握、相談)
  • 求人の手配
  • 面接日の設定
  • 面接対策や履歴書の添削
  • “年収交渉”
  • 転職後のサポート(求人内容と相違点はないか?)

これ以外にもヒアリング段階で個人の状況や要望ごとに、様々なサポートがあります。もちろん、自分のやる気がないことには転職活動はスムーズに進まないので、なんでもかんでもお任せではないということだけ理解しておきましょう。

忘れてはいけないのが転職エージェントは全て無料で利用できるということです。

まずはどこのエージェントもヒアリングを行った上で、本格的なサポートが始まりますから、年収やボーナスに満足していないということでしたら真っ先にその旨を伝えるべきでしょう。

それに応じて、年収重視の転職活動が進めていけることでしょう。

20代にオススメの転職エージェントランキング

※2017年12月更新    

リクルートエージェント

リクルートエージェントでは、業界最多ともいわれる8万件の非公開求人があり、その割合は全体の約90%を占めています。これらの人は多方面の業界の求人が含まれているので、希望する職を見つけることができるでしょう。

既卒/未経験者/第二新卒向けの転職サイトになります。 未経験者や社会人経験なしのフリーターからの正社員を目指す方にオススメの転職サイトです。

業界最大手ゆえ、マイナビエージェントは様々なタイプに特化した人材紹介サービスを展開してます。8割が非公開の求人で、どの業界をとっても多くの企業とパイプがあり、転職希望者の満足度が高いのが特徴です。

1994年から転職サービスを行っているので、企業とのパイプも多く、IT・WEB・ベンチャー系をはじめとした求人が豊富にそろっているのが魅力です。

業界第2位の実績を持つDODAは、3万3000件とも言われる膨大な求人数を扱う<のに加え、その質の良さにも業界で一目置かれている会社です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です