ハローワークを利用した転職には落とし穴がいっぱい?

無料で使える"20代"におすすめの転職サイト

【転職活動を全面的にサポートしてほしい人向け】

【転職実績No.1】リクルートエージェント公式HPへ

【転職活動をマイペースで進めたい人向け】

【転職者の8割が利用】リクナビNEXT公式HPへ

ポン太
ジョブエモン、、、会社辞めちゃったよ、次の仕事見つけなきゃいけないから、今日にでもハローワークに行ってくるよ
ジョブエモン
ポ、ポン太くん!ちょっと待って!次の仕事を探そうという意欲はいいんだけどさ、ハローワーク以外にも仕事を探す術はたくさんあるんだ!
ポン太
どーせ知り合いの紹介で、、、とか言うんでしょ?僕には人脈もないし、コネ入社だなんて思われるのはまっぴらごめんだよ
ジョブエモン
知り合いのコネで!なんて言う訳ないじゃん!一応転職サイトだよ!このサイトは!

会社やめちゃったな、、、、次の会社どうしよう、、、、

 

この記事にたどり着いた方は今そのような状況におかれている方だと思います。

もちろん仕事をしないなんて選択肢は考えてないでしょうし、できることならすぐにでも次の職を見つけたいもの、、、

ただ、どうやって転職活動を始めればいいのかなんて今まで教わったことがないでしょうし、転職業者のサービスを受けたらお金かかるのでは?とハローワークを利用する方も多いでしょう。

ハローワークを利用することは悪いことではありません。
でも、そこには思わぬ落とし穴があることも忘れてはなりません。

ハローワークの求人はホワイト企業が多い?

ハローワークというと、厚生労働省が運営する機関、すなわち国の機関であるから、ブラック企業を紹介されるようなことは滅多にないのではないか?

なんて安易の考えのもと、ハローワークを利用する方がいますが、そんなことはありません。

実は、ホワイト企業ばかりではないという現実があります。
というより、ブラック企業ばかりだ!なんて言う人がいるくらいホワイト企業の求人は掘り出し物扱いされる場合があるくらいです。

ホワイト求人はなぜ少ないと言われるの?

実は、ハローワークに並ぶ求人には、並ぶ前の審査があまりないなんてことがよく言われます。

「我が社はブラック企業です」なんて、求人をハローワーク側に出す企業なんてまずないでしょうから、紙面上での審査だけでは実態はつかめません。

なので、国の機関にも関わらず、入れ替わりの激しい企業の求人が1年中並ぶようなことも珍しくないなんてことが起こるのです。

実際に、ハローワークで勤務する人の声などがネット上にチラホラ上がっていますが、現状ですと求職者に見られる求人は、会社から預かった書類をそのまま紹介するだけで、その書類を詳しく調べるようなことは、まずないようです。

ハローワークを利用するメリット

ここまで、ハローワークを使っての転職活動のマイナス要素ばかりを紹介していきましたが、もちろんメリットもあります。

1番のメリットは、転職エージェントの紹介ではなかなか出会えない、地域密着型の企業の求人があることではないでしょうか?

ハローワークへは、人を欲する会社側が無料で求人を出せるので、地域に根付いている中小企業が、地元の人間を1人欲しいなんて場合、わざわざお金を払ってまでエージェントサービスに人の斡旋を依頼しません。

地域密着でやってるような企業は、地元の人間関係で成り立ってるような企業も多く、なにか温かさを感じるようなパターンが多いですよね。

理由がなく前職を辞めてしまった方は、まずいないと思うので、こんな企業に出会えるチャンスがあるとなるとハローワークも捨てたようなもんじゃありません。

転職サイト(エージェント)を利用するメリット

転職エージェントは何をしてくれるの?という記事で詳しく紹介してますが、転職エージェントの「エージェント」の部分には「代理人」という意味があります。

つまり、転職活動において自分の代理となって動いてくれるサービスのことです。

転職エージェントを利用すると1人1人にキャリアコンサルタントという担当者がつき、ヒアリングをしたのち、求人の紹介⇒履歴書の手直し⇒面接対策⇒面接のセッティング⇒給与交渉、さらにサービスが厚いところになると転職後のサポートもしてくれます。

転職エージェントと聞くと、職を紹介することが仕事だと思われがちですが、そうではありません。

紹介した企業で、利用してくれたお客さんが満足して働いてくれることが仕事です。
なので、「万が一求人と違う」「案内されたのと異なってる、、、、」なんてことがあれば、転職後でもサポートをしてくれます。

どちらかというと、ハローワークは職を紹介するまでが仕事という意識が強いので、この点が大きく転職エージェントと圧倒的な差が生まれるところではないでしょうか?

こんな人は転職エージェントがオススメ

個人的には、絶対的に転職エージェントサービスを利用した方がいい!と断言できるのですが、その絶対的の中でも特に利用して欲しいと思う人々を紹介させて頂きます。

以下で紹介する項目に1つでも当てはまる方は、迷わずエージェントサービスを利用しましょう。

  • 転職活動がはじめての人
  • 第二新卒・既卒・フリーターの方
  • 何をしたいのかが全く決まってない人
  • 細かい条件を指定したい人
  • 年収アップが目的の転職の人
  • とにかく転職活動に不安の人

ジョブエモン的にも転職エージェント一択!?

ジョブエモン

ここまでの説明で、転職エージェントの手厚いサービスはわかってもらえると思うけど、僕がエージェントをオススメする理由はもう1つあるかな。

それはね、転職エージェントの会社ってたくさんあるんだけど、みな得意分野が違うんだ!

まー言ってしまえば、業界TOPをは走り続けるマイナビエージェントリクルートエージェントが総合力かつ、実績抜群だからオススメなんだけど、ITに特化したいとか、新卒ですぐに会社を辞めてしまったから、そこを1番カバーしたい、、、って人は◯◯だし、他にもITなら◯◯なんて、本当にいっぱいあるんだ。

まーそれはジョブエモンがオススメする転職エージェント一覧って記事があるからそこを見てね!

【ジョブエモンが選定】20代にオススメの転職エージェント一覧

20代にオススメの転職エージェントランキング

※2017年12月更新    

リクルートエージェント

リクルートエージェントでは、業界最多ともいわれる8万件の非公開求人があり、その割合は全体の約90%を占めています。これらの人は多方面の業界の求人が含まれているので、希望する職を見つけることができるでしょう。

既卒/未経験者/第二新卒向けの転職サイトになります。 未経験者や社会人経験なしのフリーターからの正社員を目指す方にオススメの転職サイトです。

業界最大手ゆえ、マイナビエージェントは様々なタイプに特化した人材紹介サービスを展開してます。8割が非公開の求人で、どの業界をとっても多くの企業とパイプがあり、転職希望者の満足度が高いのが特徴です。

1994年から転職サービスを行っているので、企業とのパイプも多く、IT・WEB・ベンチャー系をはじめとした求人が豊富にそろっているのが魅力です。

業界第2位の実績を持つDODAは、3万3000件とも言われる膨大な求人数を扱う<のに加え、その質の良さにも業界で一目置かれている会社です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です