ブルーカラーとは?

20代の転職希望者におすすめ! 【筆者の年収を150万UP↑に導いてくれたプロ集団】

【実績No.1】リクルートエージェント公式HPへ

   【5分で自分の適正年収が知れる!】

【登録して待つだけ】MIIDAS公式HPへ

ブルーカラーとは、主に作業服や私服を着た現場の作業員を指します。
主に、現業系の仕事や技能系の職種で、肉体を使って作業をする者のことを言います。

ブルーカラーとは逆に、クリエイティブ系やデスクワーカー、営業など頭脳労働者のことをホワイトカラーと読んでいます。

ブルーカラーの具体的な職種として、土木・建築関係や、警備、運転手や工員(組み立て作業員、溶接工、塗装工など)、メカニックエンジニア(整備工、修理工、技術者)など多岐に渡ります。

また、ブルーカラーという言葉は、勉強が出来ないために仕方なく体を使って働く人間、低学歴の誰もができる仕事というイメージが強くあり、差別語として捉える向きがあるので言葉を使う際には注意が必要です。

20代におすすめの転職支援サービス

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です