変形労働時間制とは?

20代の転職希望者におすすめ! 【筆者の年収を150万UP↑に導いてくれたプロ集団】

【実績No.1】リクルートエージェント公式HPへ

   【5分で自分の適正年収が知れる!】

【登録して待つだけ】MIIDAS公式HPへ

変形労働時間制とは、1週間の労働時間が法定労働時間を超えない範囲で、特定日または特定週に法定時間を超えた労働を認めた制度です。

1ヶ月単位で変形労働時間制を採用する場合は、労使協定や就業規則などで必要事項を定め、管轄の労働基準監督署長への届け出が必要になります。

変形労働時間制は、使用者と労働者の間で、労働時間短縮を容易にする目的で定められました。
労働者の生活設計を損なわず、業務の状況に合わせた労働時間の配分をすることで実際の労働時間短縮を目的としています。
法定労働時間の枠を超えなければ、特定日に1日8時間を超えたり、特定週に40時間を超えた場合でも、法定労働時間内に収まっているとして扱われます。

変形労働時間制は満18歳未満の労働者には適用されませんが、満15歳以上満18歳未満の労働者の場合は1週間48時間、1日8時間を超えない範囲での労働は可能です。

20代におすすめの転職支援サービス

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です