【驚きの事実】年収と幸福度は比例しない?

無料で使える"20代"におすすめの転職サイト

【転職活動を全面的にサポートしてほしい人向け】

【転職実績No.1】リクルートエージェント公式HPへ

【転職活動をマイペースで進めたい人向け】

【転職者の8割が利用】リクナビNEXT公式HPへ

ポン太
ジョブエモン、お金持ちになれば何でも買えて不自由ない暮らしができるよね!僕もっと年収を上げてお金持ちになりたいな~。
ジョブエモン
ポン太くん、ちょっと待って。「お金持ち=幸せ」とは限らないんだよ。
ポン太
え・・・そうなの?物が豊かだと生活が満たされるし、いいことばかりだと思うんだけど。
ジョブエモン
そう思ってしまうけど、実際は違うようだよ。今回は年収と幸福度について話すことにしよう。

お金持ちは幸せ?年収と幸福度は比例するのか

「幸福度」という言葉を聞いたことがありますか?日本の幸福度は先進国の中では低いという話も耳にしますが、ものが豊かなだけでなく、心も豊かであることが「幸福度」の上昇につながるのです。

今回は年収によって幸福度に差がでるのかどうかについてご紹介します。年収と幸福度の関係について、意外な結果が見えてきました。

400万も700万も変わらない?

2008~2009年にアメリカで幸福度と年収の関係について調査が行われました。それによると、年収が750万円を超えるようになると幸福度は上昇しないことが分かったのです。(アメリカ・プリンストン大学調べ)

これはアメリカだけでなく、日本でも同じような調査結果が出ています。日本では年収が700万円を超えると、幸福度が下がってくるというのです。

つまり、日本人の平均年収である年収400万円と、いわゆる「高収入」に分類される700万円では、幸福度にあまり差はない・・・ということができます。

年収が高過ぎても幸せではない?

今回は年収400万円と700万円について比較していますが、年収400万円とは具体的にいうと30代、年収700万円は50代の平均年収に当てはまるということが分かっています。(DODA調べ)

年収700万円までは幸福度は上昇しているのですが、そこを超えてしまうと幸福度が下がってしまう・・・なんとも不思議な現象です。年収が高いからといって、一概に「幸せ」とはいえません。

年収が高くても幸福度が上がらない理由にはどんなことが考えられるのでしょう?

財産を守るためにリスクがでてくる

財産が増えてくると、財産を守ろうという防衛反応から対策を行います。セキュリティシステムを設備する人もなかにはいるようです。

「自分のお金が狙われているかもしれない」と余計なことを考えてしまって、かえってそれがストレスにつながることもあるようです。

一線を越えると感情が薄れてくる

年収700万円までは、「おいしいディナーを食べられて幸せ!」とか「海外旅行楽しかったな。また行きたいな!」など、お金で得られた経験が幸せに直結します。

しかし年収700万円以上になると、「毎日おいしいディナーを食べることが普通」「海外旅行も何度もいったからつまらない」など、すべてが当たり前になってしまい「幸せ」という感情が薄れてくるのです。

興味が別の方向へいく

お金を稼げるようになって経済的に潤ってくると、金銭的なことに興味が薄れて別の方向へいってしまいます。

興味の方向性は人によってさまざまですが、例を挙げるとすれば「もっと出世したい」とか「子どもを名門の私立幼稚園に入れたい」などということが考えられるでしょう。

仕事に意欲が湧かなくなる

自分の生活に必要な年収を手に入れてしまうと、「やりきった感」からか仕事に意欲が湧かなくなってしまいます。なんのためにお金を稼いでいるのか、その意味を見いだせなくなってしまうようです。

お金があると使ってしまう

お金が余計にあれば使ってしまうのが人間の心理というものです。お金があると、本来必要でないものをついつい購入してしまいます。生活に必要でないものを購入しても、幸福度が上がるはずがありません。

意外と今が幸せかもしれない

happy-money1

ここまで年収400万円と700万円の幸福度はそれほど変わらないという事実について説明してきましたが、自分を顧みたときに今の生活にどれほど満足できているでしょうか。

自信を持って「満足できている」と答えられる人は少ないはずです。満足できないからこそ、努力を重ねて目の前にある小さな幸せを掴もうとするのではないでしょうか。

幸せかどうか感じる基準は誰かと比べることで決まります。もしかすると、自分は幸せだと思っていなくても、他の誰かはあなたのことをうらやましく感じているかもしれません。

自分が思っているよりも、意外と今の生活が幸せ・・・ということも考えられるのです。

その一方で、幸福度が年収400万と700万であまり変わらないんだから、年収が平均より高い、もしくは平均もらえてるからという理由で今の仕事にしがみつく必要はないというように考えることもできるでしょう。

まとめ

ポン太
なんか衝撃の事実を知ってしまった気がするよ・・・。お金持ちだから幸せってわけじゃないんだね。
ジョブエモン
そうなんだ。年収が700万円に満たないくらいの人のほうが幸福度が比例して高くなっているから、「幸せ」といえるかもしれないね。
ポン太
なるほど!お金持ちになることだけがすべてじゃないんだね。今の仕事を続けて年収700万円くらいまでいけばいいな~!

20代にオススメの転職エージェントランキング

※2017年12月更新    

リクルートエージェント

リクルートエージェントでは、業界最多ともいわれる8万件の非公開求人があり、その割合は全体の約90%を占めています。これらの人は多方面の業界の求人が含まれているので、希望する職を見つけることができるでしょう。

既卒/未経験者/第二新卒向けの転職サイトになります。 未経験者や社会人経験なしのフリーターからの正社員を目指す方にオススメの転職サイトです。

業界最大手ゆえ、マイナビエージェントは様々なタイプに特化した人材紹介サービスを展開してます。8割が非公開の求人で、どの業界をとっても多くの企業とパイプがあり、転職希望者の満足度が高いのが特徴です。

1994年から転職サービスを行っているので、企業とのパイプも多く、IT・WEB・ベンチャー系をはじめとした求人が豊富にそろっているのが魅力です。

業界第2位の実績を持つDODAは、3万3000件とも言われる膨大な求人数を扱う<のに加え、その質の良さにも業界で一目置かれている会社です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です