チャンスは転職フェアに転がっている!?

無料で使える"20代"におすすめの転職サイト

【転職活動を全面的にサポートしてほしい人向け】

【転職実績No.1】リクルートエージェント公式HPへ

【転職活動をマイペースで進めたい人向け】

【転職者の8割が利用】リクナビNEXT公式HPへ

ポン太
今度土日を使って転職フェアに行ってこようと思うんだけど、どうかなー
ジョブエモン
いいんじゃないかな?僕は転職エージェントを利用することを前々からオススメしてるけど、転職フェアにだってチャンスは転がっているよ!
ポン太
そうなんだね!じゃあ早速登録して週末に行ってこようかな
ジョブエモン
それがいいよ!ただ、行くだけは誰にでもできるか、有意義な時間を過ごすためにも転職フェアについて勉強していこうか!

そもそも転職フェアって?

転職フェアとは、大半の場合が大手転職サイトによって主催されるものです。人材を欲している企業と、職を欲している人材が集まるので転職に関する情報で溢れています。

メリットは?

  • 質疑応答が可能
  • 移動の手間が省ける
  • 気軽な気持ちで参加ができる
  • 転職活動を学べる!?

以下で詳しく説明していきましょう。

質疑応答がその場で可能

一般的な転職活動というと、人材を欲する企業が求人を万人にバラまくようなイメージで、どちらかというと一方通行になりがちです。

その点転職フェアでは、その場で質疑応答の機会が与えられ、双方ともに意見を交わすことができるので、より手間なくその企業のことを知れる機会となります。

移動の手間が省ける!?

また、転職活動中に詳しい話しを聞きに行くとなると、基本的に相手企業に自分が行くケースがほとんどなので、時間や場所の関係上、1日に何社もということは難しいですが、転職フェアでは様々な企業が集まってるのでそれが可能になります。

気軽な気持ちでも大丈夫?

さらに、転職しようという決意がまだできていない人にも、転職フェアはオススメですね。
転職エージェントも気軽に使えると当サイトでは紹介してますが、決意がしっかりしてないのにエージェントとの1対1のヒアリングはどうしても抵抗があるなんて人も少なからずいます。

そういった点では、人混みに紛れて自分のペースでブースを回れるのは気が楽ですね。
転職のきっかけをつかむ場として活用するのもありだと思います。

転職活動を学べる!?

転職フェアにブースを構えている会社は、なにも人材を欲している会社だけではありません。転職を支援を支援するような会社もあるので、そこでお金をとられるようなことはありませんし、色々聞いてみるといいですね。

デメリットは?

正直デメリットと言えるデメリットはこれといってないのですが、1つは人が多くいるということでしょうか?

やはり大きな会社になると、それなりに説明を聞く人も多くなります。普段でしたら、求人を見て履歴書を送るという作業のみで、エントリーできますが、いざこの人気ぶり、ライバルの多さを目で見てしまうと、どうしても躊躇してしまう人も出てきてしまいますよね。

大手転職サイトの特徴を見てみよう!

転職フェアと言っても全部が全部同じ訳ではありません。主催する転職会社によって、それぞれ特徴があるのでご紹介していきます。

リクナビNEXT

rikunabi fes

比較的転職初心者向けの特設コーナーが充実しているので、初心者こそリクナビを使用することをオススメしています。

各企業のブースには、求める人物像(強み)が提示してあるので、事前にリクナビが提供しているグッドポイント診断というサービスを受けておくといいでしょう。

大企業が比較的集まるので、意外とどこへいけばいいかあたふたしがちです。そんな時は自分の診断結果と、企業が求める強みが一致する場合はすかさず詳細を聞きにいくようにしましょう。

good point7

診断結果の一部です。
これほど詳しく書かれているので、リクナビ利用者は転職を希望する会社に向けに自己PRとして送付するケースもあるほど、信頼性の高いものとなっています。


マイナビ

mynabi fes

マイナビの転職フェアはマイナビ転職EXPOなんて呼ばれていますね!主要都市はもちろん、地方での開催も多いことが最大の特徴です。

主要都市、地方に限らず毎回100以上の企業が集まるので、参加者の満足度は高めの模様。職種ごとにブースが別れているのも評判が良く、その他にも、大企業の経営者講演会や転職相談コーナーも充実しているので非常にオススメです。

DODA

doda fes
DODAの転職フェアでは、マッチングガイドコーナーというものの評判が非常にいいです。ま、今回あげた3社に全部に用意されてる個人面談コーナーのことなのですが、、、ここで、しっかり事前登録をすませておくと、あらかじめ企業からオファーが届いてるなんてことがあるので、絶対に事前登録はしておくことをオススメします。

転職フェアに行く前にやるべきこと

身だしなみに気を使おう!

いくら服装は自由だからといって、公共の場所です。ガチっとスーツで決めていかなくてもいいですが、清潔感のあるシャツくらいは身にまといましょう。夏でしたらポロシャツなど、、、

「思ったよりもスーツの人が少ない!」

なんて感想もあちらこちらで見ますし、その場で評価を与えられることはまずないですが、社会人としての最低限のマナーとして受けいれましょう。

登録を忘れずに!

転職フェアーでは会場に入る際、書類を記入することがほとんどです。空いてるならいいですが、混んでるときなど、せっかく来たのに入り口で足止めを食らってしまうのも不快なものです。

この手の書類は事前にネット上で記入して応募することが可能なので、

聞きたいことはあらかじめ用意しておこう!

当たり前ですが、本気で転職フェアをきっかけに転職を考える方はあらかじめ疑問点を用意しておくといいでしょう。せっかくの足を動かして来た場所です。受け身の態勢では非常にもったいない!

どこのブースでも、求人の詳細はしっかり明かしてくれますが、そこに書いてあること意外にも自分の譲れない点や、採用する側としても求めてるものは必ずあるでしょう。

その点をクリアにする意味でも「準備」というのが大切になってきます。

まとめ

ジョブエモン
どうかなポン太くん、転職フェアでチャンスをつかめそうかな?
ポン太
僕は何も準備しないで、行くところだったよ!せっかくのチャンスなんだから、質問くらいは用意しておくべきだよね、、、
ジョブエモン
まーね!ただ、気軽に立ち寄れるのもこういう大きなフェアの魅力でもあるから、そこは人それぞれだよ!
ポン太
でも、僕の場合は本気で今の会社から抜け出したいし、このチャンスは活かしたいんだ
ジョブエモン
だったら、事前に準備していくのが得策だね!ポン太くんがんばれー!!!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です