正社員で働きたい女性の転職は何歳までが限界なのかを徹底解説

20代におすすめの転職サイト 【転職活動を無料で全面的にサポートしてほしい人向け】

【転職実績No.1】リクルートエージェント公式HPへ

【マイペースで転職活動を進めたい人向け】

【求人数No.1】リクナビNEXT公式HPへ

しず子
ちらっと耳にしたんだけど、今でも女性の転職には年齢がネックになることがあるって聞いたけど本当かな?
ジョブエモン
うーん。今やどの企業も若い人を欲しがっているけど、確かにこれから結婚や出産を控える女性を敬遠する企業も残念ながらあるのが確かだよ。でもね、今やそんな企業はごく一部で人手不足で女性の年齢がどうこう言ってられない企業も多いのが事実なんだ!

関連記事:今すぐ仕事を辞めたい人が知るべき会社の辞め方・転職先の見つけ方

“女性の転職は30歳までがリミット”説は気にする必要ない!!!

よく、「女性の転職は30歳あたりまでがリミット」と言われますが、スキルや職種における経験値が乏しい人には該当します。ただしっかりと仕事の経験を積み重ねていれば、転職は決してハードルが高いものではありません。

20代の未婚者であれば、今の職場がなんとなくつまらないからとか、やりがいを感じ取れないからと安易な考えで転職するよりも、職種におけるスキルを身に付けておくことを優先しましょう。

また、たとえスキルや社会経験が十分にあったとしても、年代が高くなるにつれ自分の考えに固執しすぎて柔軟性に欠けてくるので、その点を認識して転職活動に臨みましょう。

企業が正社員として採用したい人材は年齢条件ではなく、スキルを持っていること、正規の労働時間と長期に渡り働いてくれる人なのです。

人手不足により、むしろ転職はチャンスと言える

上記では企業がスキルを重視する、スキルがある人であれば年齢は関係ないとお伝えしたのですが、が今や企業側がそんなことを言ってられない状況が続いています(少し矛盾しますが)。

もちろん求人などでは「歓迎スキル」「必須スキル」なんてことを記載し、優秀な人材確保に努めていますが、実際は猫の手も借りたいほど人が足りない、若者が確保できていない企業が多いので、”女性だから” “年齢が30歳だから” “まだ新卒で会社に勤めて間もないから” なんて気にする必要ないくらいの時代が到来してるのです。

正社員が不足している企業の割合

実際、リーマンショック以降人手不足の企業が増えており、2018年には半分以上にも登る勢いで「正社員が足りないと」答える企業が増えているほどです。

これにより、スキル云々は確かに重要ですが、やはり1番はコミニケーション能力であったり、最低限社会人としてのマナーであったりが重視される傾向があり、これらが備わっていれば採用される可能性も高まっています。

転職エージェントを利用すると、転職における不安や悩みをサポートとしてくれるコンサルタントが担当となって、転職活動をサポートしてくれるので活動がスムーズに進みますよ!しかも無料なのでお金の心配もいりません。

転職エージェントが無料でサポートしてくれること一覧

【2018年盤】20代の女性にオススメの転職エージェント・サイト一覧!

2018.01.29

関連記事:【短期間で優良企業へ転職】20代の転職活動を早期に終わらせるコツ

残念ながら一部では年齢がネックになることも・・・

いまだに男性が優位の社会において、女性の転職は年齢がネックになることがあります。それは、年齢が若いから、年を取っているから、という理由よりも、年代や家庭状況によって採用する企業側の考えがあるためです。

子育てが一段落した女性や、家庭の収入面を大きく支えたいという理由で、パートではなく福利厚生の充実している正社員を希望する女性も多くいます。女性は何歳までなら転職が可能なのでしょうか。年代やどんな状況なら転職しやすいのかをお伝えします。

何歳までだったら転職は可能とされている?

女性の転職で年齢がネックになると聞いたことがあるかもしれませんが、一概に何歳だから転職できないということはありません。女性の場合年齢よりも、結婚、出産、育児と自分自身を取り巻く環境によって、転職への影響が大きく出やすいのが現実です。そういった家庭状況に関係なく仕事をしている人は、現在の職場に留まっていることが多いのです。

例えば、20代前半であれば「結婚による退社はまだ先だろう」と、企業側は予測するので転職しやすいと言えます。しかし、20代後半の転職になると、「数年で寿退社するかもしれない」と、思われてしまうことも少なくありません。

また、30代の中頃から40代の独身女性であれば、「結婚はあきらめているかもしれない」と企業は考え、採用に至ることもあります。35歳ぐらいまでの既婚女性で未出産の場合は、「これから出産、育児になるだろう」と、転職希望先の会社から思われることが多いものです。

既婚女性で小学校低学年以下のお子さんをお持ちの場合は、「子どもの病気が理由で頻繁に休むかもしれない」と思われがちです。40代、50代の既婚女性で子育てが一段落している家庭状況であれば、企業としても安心して採用する傾向にあります。

日本の社会では男性と違い、女性は未婚者か既婚者か、子どもの有無などが転職活動に大きく関係してくるという、厳しい現状があることは残念ながらあることは知っておきましょう。

女性の転職先に多い職業一覧

女性の転職先はどんな職種が多いのでしょうか。職種の傾向なども見ていきましょう。

  • 事務職
  • 受付
  • 医療系
  • ネイリスト
  • コーディネーター

女性に人気の転職先は、事務職や受付、医療系などのデスクワークと、ネイリストやコーディネーターなどの人に接する仕事の2つに分かれるようです。事務職や医療関係に転職を希望する女性は、結婚や子育てなどでライフスタイルが変わっても、正社員やパートとして働き続けられることが理由です。

また、座り仕事なので体力面から続けやすい、キレイな環境で働けることも人気の理由です。ネイリストやコーディネーターは、正社員として働くこともできますし、自分で開業することもできるため、技術を活かした職種として人気があります。

コーディネーターには、公的機関におけるコーディネーター、フードコーディネーター、アロマコーディネーターなど様々あります。事務職などに比べると、体力やコミュニケーション能力が求められますが、年齢にしばられることなく仕事を続けられることが魅力です。また、開業することである程度時間が自由になるのも人気の理由です。

女性は、結婚、出産、子育て、介護といった家庭状況と仕事を両立しなければなりません。そのため、女性の転職先としては長年勤められるような職種を選ぶ傾向にあります。これから転職を考える場合、ライフスタイルの変化を見据えた上で職種や企業を選ぶと良いでしょう。

関連記事:女性の転職で有利な資格とは!?

年齢は気にせず転職活動に励もう!

しず子
なんか色々年齢のことを気にしてたけど、そんなこと気にする必要がないってわかってほっとしたよ!
ジョブエモン
そうだね。そんなこと言ってられない企業がどんどん増えているからね!転職希望者有利な状況が続いてる今は女性にとってもキャリアアップするのにチャンスがいっぱいなんだ!
しず子
女の私だって、やりたい仕事はあるし、そうやってキャリアアップできる状況が整いつつあるのは嬉しいよ!

20代におすすめの転職サイト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です