MIIDAS(ミイダス)の評判は?メリットとデメリットを徹底比較

miidas(ミイダス)の評判
MIIDASを利用するメリット

  • 自分の適正年収が5分でわかる!
  • 自分にあった求人を紹介してくれる
  • 簡単な質問に答えるだけで適正年収を知れる
  • 年収診断だけの利用も可能(転職は現時点では考えてない人でも)
  • 企業から面接確約のオファーが届くことも(転職を今すぐ考えているには便利)
  • 適正年収をくれる会社からオファーが届く!?

MIIDAS年収診断はコチラ!

MIIDASは2015年にサービスを開始した新しい形の転職サイトです。しかし、運営会社はdodaを提供するインテリジェンスと、業界でもTOPクラスの実績を持つ企業が運営しているサービスなのです。

dodaともにMIIDASもまた、求人数・質ともに優秀な転職サイトとして評価を得ています。

サービスは従来の転職サイトのサービスと比べるとかなりユニークです。転職希望者から企業にオファーすることはできないので、転職希望者が自分で応募企業を探すのではなく、求人企業側が転職希望者を探しオファーしてきます。

「転職者は応募も何もせず、年収診断からMIIDASに登録してオファーを待つだけ!」と従来の転職サイトとは逆方向型の転職サイトとも言えます。

登録後は、膨大なデータを元にしたオートマッチングシステムにより、転職希望者にマッチングした企業だけがサイトに表示されます。転職希望者の価値を必要とする求人企業のみがオファーを発信する仕組みです。

また、質の高い求人が約2,000件以上登録されていますが、その登録作業は求人企業自身で行っているので、どんな人材を求めているのかといった求人内容が明確なのも特徴と言えるでしょう。

今回は、新しいスタイルで転職成功をサポートするMIIDASの5大メリットと2つのデメリットをご紹介します。

MIIDASを利用する5つのメリット

ユニークなサービスにより様々なメリットが生まれます。MIIDASは「見いだす」と読みますが、まさしく文字通り『あなたの本当の価値を見いだす』がコンセプトです。様々なデータ分析が行えるのが一番のメリットです。

転職希望者にとってどんなメリットが享受できるのか、その詳細を見ていきましょう。

自分の市場価値が一目瞭然

【診断結果の例】

転職するにあたり最も大切なことは「自分自身の市場価値(適正年収)」を知ることです。同業種、異業種に転職するにしても今の自分のスキルがどのような価値があり、どのような企業から求められているのかを客観的に把握しなければ、良い結果に結び付けられません。

MIIDASでは、経験やスキル・能力から、マッチしている求人数(フィット求人数)や見込める年収(フィット年収)が算出され、今の自分の価値がわかる「市場価値診断」ができます。もちろん、フィット数は自動的に算出されたものなので、あくまでも目安となる数値です。

算出されたデータ結果からは、フィット求人数の月間推移数をも知ることができるので、どの月に求人数が増えるのかを確認して最適な転職タイミングを見極めるのに役立ちます。

職業別の詳細データが確認できる

同じ職業であれば予想が付きやすいものの、異業種に転職を考えている場合は今の年収と比べどのくらい増減するのかを把握しておく必要があります。

MIIDASで”職種”を設定すると、どのくらいの割合の人数がいくら年収を得ているのか、職種の平均年収が明確に把握できます。

転職実績データを確認できる

他にも「性別」「年代」「居住地」「学歴」「企業規模」といった詳細設定により、希望する職種に転職した後のイメージを掴めます。自分と似たような状況の人がどのような条件で転職しているのか、平均年収がどのように推移するのかといった転職実績データ(ビフォー・アフター)を具体的な数字で把握することが可能です。

200万人もの年収データと7万人の転職実績データを持つインテリジェンスが運営するMIIDASだからこそのメリットです。

履歴書や職務経歴書の作成不要

登録時は一問一答形式の設問を選んで進めていくだけなので一切の文字入力が不要です。しかも、履歴書や職務経歴書の作成やカウンセリングは必要ありません。設問に答えるだけで採用担当者が知りたい内容を把握できるシステムがそれを可能にしています。

履歴書や職務経歴書の作成が面倒で転職活動に二の足を踏んでいる人にとっても、現職が忙しくてじっくり書類を作り込めない人にとっても大きなメリットです。

オファーメール=面接確約!

求人検索サイトなどに登録すると、自動オファーメールが山のように来ることがありますが、MIIDASからのオファーメールは「面接確約」のみなので、本当に必要としてくれる企業と出会える確率が断然上がります。

これは、求人企業が本気で興味を持った人材にしかオファーメールを送れないシステムだからです。オファーメールが来た段階ですでに書類選考合格済みなので、応募した後に書類で落とされるという時間のロスがないのが大きなメリットと言えます。

また、登録後は求人企業に対して転職希望者の”価値”を継続して売り込んでくれるので、自分では予想もしていなかった好条件の企業に転職できる可能性もあります。

MIIDASを利用する2つのデメリット

膨大なデータを元に効率よくマッチングをサポートするMIIDASですが、やはりデメリットはあります。

自分から企業への応募不可

求人企業から転職希望者にオファーを入れるシステムなので、こちらから応募を希望することはできません。ただし、「アピール機能」を使えば、企業に興味を持っているという意思を伝えることは可能です。

自分とマッチする求人しか閲覧できない

自分の学歴や職歴などを選択して登録しますが、それに見合った求人しかサイトに表示されないシステムなので、その人の経験やスキルによってはマッチングする求人数が極端に少ないこともあります。

MIDASのシステムは、ある意味機械的にマッチングが行われるので、求人情報サイトと違い自力で探す労力が要らない分、求人媒体としての利用価値が低いと感じることがあるかもしれません。

リアルな転職情報を確認したいならMIIDAS!

多くの転職サービスがある中で、MIIDASの膨大でリアルな転職データは群を抜いていると言えるでしょう。

自分自身の市場価値を確認したい人や、他の人はどんな転職をして成功したのかというデータを知りたい人におススメできる転職サイトです。MIIDASの登録は無料なので、「とりあえず自分の適正年収を調べる」なんて軽い気持ちで利用してみるのはいかがでしょうか?

あなたの市場価値はいくらですか?MIIDASを使って確認してみましょう。

MIIDAS公式HPはコチラ!

実際にMIIDASを使って診断をしてみた感想と結果

MIIDASのメリットデメリットがわかったところで、実際にMIIDASの年収診断を使って市場価値を調べてみましょう!

今回はジョブエモンによく登場するポン太の市場価値を調べて見ました。

赤枠の「自分の市場価値を見る」からスタートします。

 

まずは性別、生年月日、住んでいる地域など、基本的な項目を入力していきます。

最終学歴を選択しましょう。

ポン太
僕は大卒だから、大学を選択っと!

この画面から、右上には条件に合う企業と想定年収が表示されます。

学校名や、学部を選択しましょう。個人データは大丈夫か!?

と不安だと思いますが、冒頭でもお話したように、MIIDASは長年転職業界に携わってきたインテリジェンスのサービスですし安心してください。診断結果が変わって自分の適正年収とズレが生じてしまうので正直に選択しましょう。

今まで働いてきた会社数を選びましょう。

ポン太
新卒で勤めた会社だから、ここでは1社を選択っと

あなたは現在お勤めですか?
それとも、転職活動に専念するため離職中ですか?

ポン太
僕は、転職の意志がはっきりしてなくて、在職中だから在職になるね!

直近の会社情報を入力しましょう。
従業員数など、多少違っていても転職に大きく響く、、、、なんてことはないので、ここは悩まず進んでいきましょう!

ポン太
僕は、IT系の広告会社に勤務してるから会社名を入力しよっと(名前は伏せます)。

現職の雇用状況について、入力していきましょう。

ポン太
正社員だけど、新卒で勤めてから、ほとんど給与は変わらずだから、ここは正直に300万を選択(泣)

管理職を経験したことがある人は、経験年数を入力しましょう。
これは0年も選択できるので、経験したことない人も困る必要はありません。

ポン太
僕が人のマネジメントをする立場になんて、、、想像したこともないや!もちろん0を選択!

勤務先はどのような業種でしたでしょうか?

ポン太
僕の業種はITかな

担当する顧客の業態、精通している業界について答えていきましょう!

ポン太
うーん。IT系の会社で広告の運用をやってるから、ITと広告が精通している業界になるのかなー

あなたの会社で取扱ってる商品やサービスは自社で展開しているものですか?

ポン太
うちは自社のサービスを提供しているから、ここでは自社商品/サービスを選択になるね!

取扱ってるサービスは法人向けですか、個人向けですか?

ポン太
僕の勤める企業のお客さんは法人だから、ここはBtoBかな
ポン太
SNSも含めてwebで扱われる広告媒体はだいだい経験したかな〜
ポン太
おー、詳しく聞いてくるんだね。これで言うと、SEOとソーチャル、リスティングなら担当したことある!
ポン太
僕は英語ができないから、”あてはまるものがない” になるな。
ポン太
たしか、学生時代にExcelとWordの資格は授業でとらされたような気がする。。。どちらも2級だったな!
ポン太
学生時代に合宿でマニュアル免許とったから、これはありを選択!

MIIDAS(ミーダス)で適正年収を調べた結果!

ポン太
うわーーー今の2倍以上の年収が想定年収だって!?!!?
ジョブエモン
ポン太くん?見逃しちゃいけないのは、面接が確約している会社数だよ!簡単なアンケートに答えただけで13件って書いてあるでしょ?
ポン太
ほ、ホントだ!MIIDASってすごいんだね!

MIIDASの評判・口コミを紹介

男性(30歳)営業系

オススメ度:★★★★★

はじめは「自分の市場価値が分かる」というキャッチコピーにつられて「おもしろそう、やってみよう!」と軽い気持ちで登録したんです。質問に答えていくことで、年収の数字がどんどん変わっていくのが面白かったですね。

こういう自分の市場価値を診断したりキャリアの査定をしてくれるサービスはほかにも利用したことがありました。でも、MIIDASはそのなかでもちゃんとしているというか、信用性が高い気がします。

自分で条件を絞って求人を探すのが面倒な僕のような人には、こういう形で自分に合う求人を自動的にピックアップしてくれるサービスはありがたいですね。

男性(27歳)電子系

オススメ度:★★★★★

大手の電子機器メーカーで働いています。企業の不祥事が重なり、自分のキャリアを汚したくなかったので、早めに動いてみようとこちらの利用を始めました。

私の周りには早めに転職を考えている人も多いようで、職場で堂々と転職サイトを開くツワモノの姿もチラホラ・・・。ま、私もその一人なんですけど。

MIIDASはスマホで気軽に使えるのが便利です。自分で求人を探さなくても面接のオファーや求人が勝手に集まってくるのが嬉しいです。スマホで気になった求人を見つけたら、家に帰ってからPCで詳細をじっくり見るという使い方をしています。

男性(34歳)サービス業

オススメ度:★★★★☆

私はこれまでに3回転職しています。ほかの転職サイトも何個か掛け持ちして使っていました。その時に思ったのは、転職サイトに登録する時は項目の入力がとにかくたくさんあって面倒だな・・・ということです。

MIIDASは最初の画面で性別と生年月日、最終学歴を入れるとフィット年収が○○○万円と出ます。私は転職歴があったので、次に転職回数を入れたところ、このフィット年収が少し下がりました。

フィット年収の上下は業種に左右されることが多いような気がしました。色々な質問に答えていくことで、自分の最終的なフィット年収や条件に合う求人が分かります。

結局は自分の経歴を質問に沿って答えていくことにはなるのですが、ほかの転職サイトのような事務的な登録方法ではないので、面倒に感じることなく進めることができました。

女性(28歳)事務系

オススメ度:★★★★☆

「本気で仕事を探したい」と感じている人には、参考になるサービスなのかな?と思います。そして自分のスキルだけ入力すればある程度診断できるのも気軽に使えていいです!

ちなみに私はスマホにアプリもダウンロードしてみました。シンプルなデザインで使いやすいし、機能も分かりやすかったです。

男性(29歳)IT系 

オススメ度:★★★☆☆

MIIDASの運営はインテリジェンス社が行っているということで、「信用できるかな?」と思い登録してみることに。登録は簡単で、3分くらいあれば終わる感じ。

登録が終わるとインテリジェンス社の情報を元に、私の条件に合った求人数や年収が出ます。あまり深みがないと思ったけど、「こういう求人も合うのかな?」って思うようなものもあって、新しい可能性みたいなものを見つけることができたかな。

サービスを開始してまだ数年とのことで何ともいえない部分はあります。でも、迷惑メールがくることもないので、登録だけしておいてもいいのかな・・・と思います。

男性(26歳)営業系

オススメ度:★★★☆☆

MIIDASに登録して自分の適正年収を調べてみると、今の年収よりも40万円も高くでてびっくりしました。私は東北に住んでいるので、おそらく地方ということもあり都市部との年収差はあるはずです。地域性も考慮して年収が割り出されるのか、疑問に感じました。

面白いなと思ったのは、面接確約オファーというシステムです。転職活動をしていると、そのときに行っている仕事が忙しかったりするとズルズルと先延ばしになってしまうこともあるのですが、面接確約となると「必ず行かなくては!」という気持ちになります。

女性(30歳)サービス系

オススメ度:★☆☆☆☆

先日までMIIDASを利用していましたが、いろいろと思うことがあり退会しました。自分の市場価値が分かるとのことで利用を始めて、年収が高く出たので、企業からのオファーが増えると思っていたんです。

実際にいくつかの企業からのオファーはあったのですが、自分が全く興味のない業種の求人が多くて困ってしまいました。そしてもっとびっくりしたのが、算出された年収より低い求人のオファーが多かったこと。

「年収が増える」と思わせておいて、実際にきたオファーは「算出された年収以下」というのは、正直がっかりです。質問に答えた時間は何だったのかと思ってしまいました。

ほかの転職サイトにも登録しているのですが、こちらは気になる企業とのやりとりがしにくいシステムだと思います。せっかく市場価値を見出すことができるのに求人情報とうまくかみ合ってない気がするので、そのあたりをもう少し頑張ってほしいです。

MIIDAS年収診断はコチラ!

20代におすすめの転職支援サービス

miidas(ミイダス)の評判

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です