ホワイトカラーとは?

無料で使える"20代"におすすめの転職サイト

【転職活動を全面的にサポートしてほしい人向け】

【転職実績No.1】リクルートエージェント公式HPへ

【転職活動をマイペースで進めたい人向け】

【転職者の8割が利用】リクナビNEXT公式HPへ

ホワイトカラーとは、一般に「頭脳」を使って働く労働者のことを指します。

理由として、そういう労働者はスーツに白いシャツを着て仕事をすることが多いからです。それに対してブルーカラーは、「肉体」を使って働く労働者のことを指します。
理由として、青い作業着を着て仕事をすることが多いからです。
ただし、これらの認識は、国や地域、人種によって統一されているわけではなく、例えば日本や欧米での共通認識となります。

また、一般に研究者たちは作業着を着て仕事をします。
しかし、その研究者たちは大学院まで卒業していたり、頭脳レベルが高かったりと、「頭脳」を使って働きます。
更に、一般にブルーカラーと分類できる警察官や消防員は、上層部ならば現場に出ることはほとんどなく、事実上ホワイトカラーと言われるような分類の仕事ばかりすることになります。

これらの矛盾点があったり、どちらに分類すべきか不明な職業が多いので、この分類方法を止めるべきだという声もあります。

20代にオススメの転職エージェントランキング

※2017年12月更新    

リクルートエージェント

リクルートエージェントでは、業界最多ともいわれる8万件の非公開求人があり、その割合は全体の約90%を占めています。これらの人は多方面の業界の求人が含まれているので、希望する職を見つけることができるでしょう。

既卒/未経験者/第二新卒向けの転職サイトになります。 未経験者や社会人経験なしのフリーターからの正社員を目指す方にオススメの転職サイトです。

業界最大手ゆえ、マイナビエージェントは様々なタイプに特化した人材紹介サービスを展開してます。8割が非公開の求人で、どの業界をとっても多くの企業とパイプがあり、転職希望者の満足度が高いのが特徴です。

1994年から転職サービスを行っているので、企業とのパイプも多く、IT・WEB・ベンチャー系をはじめとした求人が豊富にそろっているのが魅力です。

業界第2位の実績を持つDODAは、3万3000件とも言われる膨大な求人数を扱う<のに加え、その質の良さにも業界で一目置かれている会社です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です