転職コンサルタントとの面談に準備は必要?

転職コンサルタントとの面接に準備は必要?

無料で使える"20代"におすすめの転職サイト

【転職活動を全面的にサポートしてほしい人向け】

【転職実績No.1】リクルートエージェント公式HPへ

【転職活動をマイペースで進めたい人向け】

【転職者の8割が利用】リクナビNEXT公式HPへ

ポン太
明日、転職コンサルタントと面談なんだけど何を用意したらいいのかな?どんなことを聞かれるのかわからないし緊張しちゃうよ…。
ジョブエモン
しっかり事前に準備しておけば大丈夫!事前準備のポイントをまとめたからしっかり押さえてね!

転職コンサルタントと面談する際の事前準備とは?

転職コンサルタントとの面接に準備は必要?

転職エージェントに登録しておくと、求人を紹介してもらえるだけでなく、アドバイザー的役割を持つ転職コンサルタントから様々なサポートを受けることができます。

面談もそのうちの1つで、企業との面接と違い合否が下るわけではありませんが、ある程度の準備をしておくのがおすすめです。

実は、転職コンサルタントには一定の成約数値目標が課せられていることが多いので、面談者の求職意欲や採用される可能性によってランク付けすることがあります。

就職意欲が高い、コミュニケーション能力がしっかりと身に付いている人には、非公開案件を積極的に紹介するなど優先度が高まるのです。

転職エージェントからメールや電話で面談の連絡が来たら、具体的にどんなものを準備すれば良いのか、詳しく見ていきましょう。

履歴書と職務経歴書は準備しよう

転職エージェントとの面談は手ぶらでもOK、という記事をネット上でよく見かけますが、さすがに何も準備せずに行くのは転職希望者の態度として誠意が欠けていると思われかねません。

転職コンサルタントも仕事とはいえ、その時間をあなたに費やすのですから真剣に職探しをしているという姿勢を見せるためにも「履歴書」「職務経歴書」の2点は準備しましょう。

完璧に作り込まずに下書き程度でも問題はないので、初回面談の印象を高める意味においても準備は必要です。また、筆記用具も持って行きましょう。

「履歴書」「職務経歴書」を見ながら面談することで、コンサルタントが話を聞きながら記録する、といった時間のロスもミスも減らすことができます。

頭の中で自分のスキルや経歴を整理しておこう

コンサルタントは面談の際に、あなたの経歴やスキル、どんな業種に転職希望か、転職の理由などを訪ねてきます。

面談を通して得た情報を元に、企業への推薦文を書いてもらうことになるので、自分のPRポイントも含めて頭の中で整理しておくことが大切です。

コンサルタントにうまく伝わるように面談の前にきちんと整理しておけば、あなたをアピールする良い推薦文を書いてもらうができます。

また、当然ですが経歴を適当に記したりウソを伝えるのはNGです。転職エージェントは、企業との信頼関係に亀裂が入るようなリスクを背負った人物を紹介したくないのが心情です。

たとえ口頭であったとしても、コンサルタントは記録として残しますので、採用されたいからといって虚偽内容を伝えることは避けましょう。

「絶対にはずせない条件」と「あったらいい条件」を明確にしておく

面談前に、自分の「必須条件」と「あったらいい条件」を明確にしておくことが必要です。自分の希望する求人を紹介してもらえるために、コンサルタントに条件を明確に伝えましょう。

転職するにあたり業種や職種といった大きな枠組みだけでなく、給与額やボーナスの有無、残業の有無、試用期間の有無、福利厚生の充実度といった具体的な点も明確にしておけば、コンサルタントも多くの求人からある程度絞り込んで紹介することができます。

自分の考える条件を明確にするために、あらかじめ紙に項目を書き出して「必須条件に〇、あったらいい条件に△、他の条件によって検討する条件に?」などのマークを付けて持参すれば、正確にかつスムーズに伝えられるのでおすすめです。

当日はスーツ着用で!事前に準備しておこう

コンサルタントは面談時の服装をしっかりとチェックしています。人物評価の重要な着目点になるので、企業面接に行くのと同じスーツを着用して面談に臨みましょう。

カッターシャツはクリーニングに出すかアイロンを丁寧にかけ、スーツにほつれや汚れがないかなどを事前にチェックしておけば、当日慌てないで済みます。

企業との面接を受ける前に準備の段取りに慣れておけば、採用面接当日にも余裕を持って取り組むことができるでしょう。

身だしなみも準備のうち

コンサルタントとの面談だから、と気が緩んでだらしない身だしなみで臨むのもマイナスポイントになります。男性なら髭の手入れをし、女性は派手すぎない清潔感のあるメイクを心がけ、前髪で目が隠れないような髪型なら好印象を与えられます。

他にも、フケがスーツの肩回りに落ちていないか、口臭はないか、爪が伸びすぎていないかなど細かい身だしなみも事前準備として大切です。

こういった準備のすべては、自分の希望する条件の企業に転職するための布石なので、気を引き締めて面談に備えましょう。

事前準備をしてトラブルを避けよう!

ポン太
転職コンサルタントの面接には何もしなくていいと思っていたけど、きちんと準備することが必要なんだね!
ジョブエモン
そうそう、転職への考えもしっかりまとまるし、当日のトラブルを避けることもできるんだ。準備を整えておけば余裕をもって自分をアピールできるんだよ!

20代にオススメの転職エージェントランキング

※2017年12月更新    

リクルートエージェント

リクルートエージェントでは、業界最多ともいわれる8万件の非公開求人があり、その割合は全体の約90%を占めています。これらの人は多方面の業界の求人が含まれているので、希望する職を見つけることができるでしょう。

既卒/未経験者/第二新卒向けの転職サイトになります。 未経験者や社会人経験なしのフリーターからの正社員を目指す方にオススメの転職サイトです。

業界最大手ゆえ、マイナビエージェントは様々なタイプに特化した人材紹介サービスを展開してます。8割が非公開の求人で、どの業界をとっても多くの企業とパイプがあり、転職希望者の満足度が高いのが特徴です。

1994年から転職サービスを行っているので、企業とのパイプも多く、IT・WEB・ベンチャー系をはじめとした求人が豊富にそろっているのが魅力です。

業界第2位の実績を持つDODAは、3万3000件とも言われる膨大な求人数を扱う<のに加え、その質の良さにも業界で一目置かれている会社です。

転職コンサルタントとの面接に準備は必要?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です