【正社員で働きたい!】女性の転職は何歳までが限界なのか?

無料で使える"20代"におすすめの転職サイト

【転職活動を全面的にサポートしてほしい人向け】

【転職実績No.1】リクルートエージェント公式HPへ

【転職活動をマイペースで進めたい人向け】

【転職者の8割が利用】リクナビNEXT公式HPへ

しず子
私の職場は比較的大きい会社だから福利厚生にはそこそこ満足しているけど、仕事にやりがいを感じないの。転職したほうが良いかな~。
ジョブエモン
しず子ちゃんは一般事務だったよね。
しず子
一般事務といっても男性社員からの書類をまとめるだけだし、データ処理なんかまるで評価されないの。私も26歳。女性の転職って、何歳ぐらいまで大丈夫なのかな。
ジョブエモン
女性の転職に年齢制限はないけど、結婚を控えている女性や子育て中だと若干不利になることはあるよ。

女性の転職は年齢がネックになる?

いまだに男性が優位の社会において、女性の転職は年齢がネックになることがあります。それは、年齢が若いから、年を取っているから、という理由よりも、年代や家庭状況によって採用する企業側の考えがあるためです。

子育てが一段落した女性や、家庭の収入面を大きく支えたいという理由で、パートではなく福利厚生の充実している正社員を希望する女性も多くいます。女性は何歳までなら転職が可能なのでしょうか。年代やどんな状況なら転職しやすいのかをお伝えします。

何歳までだったら転職は可能?

女性の転職で年齢がネックになると聞いたことがあるかもしれませんが、一概に何歳だから転職できないということはありません。女性の場合年齢よりも、結婚、出産、育児と自分自身を取り巻く環境によって、転職への影響が大きく出やすいのが現実です。そういった家庭状況に関係なく仕事をしている人は、現在の職場に留まっていることが多いのです。

例えば、20代前半であれば「結婚による退社はまだ先だろう」と、企業側は予測するので転職しやすいと言えます。しかし、20代後半の転職になると、「数年で寿退社するかもしれない」と、敬遠されがちです。

また、30代の中頃から40代の独身女性であれば、「結婚はあきらめているかもしれない」と企業は考え、採用に至ることもあります。35歳ぐらいまでの既婚女性で未出産の場合は、「これから出産、育児になるだろう」と、転職希望先の会社から思われることが多いものです。

既婚女性で小学校低学年以下のお子さんをお持ちの場合は、「子どもの病気が理由で頻繁に休むかもしれない」と思われがちです。40代、50代の既婚女性で子育てが一段落している家庭状況であれば、企業としても安心して採用する傾向にあります。
日本の社会では男性と違い、女性は未婚者か既婚者か、子どもの有無などが転職活動に大きく関係してくるという、厳しい現状があることは知っておきましょう。

よく、「女性の転職は28歳、32歳、35歳あたりがリミット」と言われますが、スキルや職種における経験値が乏しい人には該当します。ただしっかりと仕事の経験を積み重ねていれば、転職は決してハードルが高いものではありません。
20代の未婚者であれば、今の職場がなんとなくつまらないからとか、やりがいを感じ取れないからと安易な考えで転職するよりも、職種におけるスキルを身に付けておくことを優先しましょう。

また、たとえスキルや社会経験が十分にあったとしても、年代が高くなるにつれ自分の考えに固執しすぎて柔軟性に欠けてくるので、その点を認識して転職活動に臨みましょう。企業が正社員として採用したい人材は年齢条件ではなく、スキルを持っていること、正規の労働時間と長期に渡り働いてくれる人なのです。

女性の転職先はどんな職種が多い?

女性の転職先はどんな職種が多いのでしょうか。職種の傾向なども見ていきましょう。

  • 事務職
  • 受付
  • 医療系
  • ネイリスト
  • コーディネーター

女性に人気の転職先は、事務職や受付、医療系などのデスクワークと、ネイリストやコーディネーターなどの人に接する仕事の2つに分かれるようです。事務職や医療関係に転職を希望する女性は、結婚や子育てなどでライフスタイルが変わっても、正社員やパートとして働き続けられることが理由です。

また、座り仕事なので体力面から続けやすい、キレイな環境で働けることも人気の理由です。ネイリストやコーディネーターは、正社員として働くこともできますし、自分で開業することもできるため、技術を活かした職種として人気があります。

コーディネーターには、公的機関におけるコーディネーター、フードコーディネーター、アロマコーディネーターなど様々あります。事務職などに比べると、体力やコミュニケーション能力が求められますが、年齢にしばられることなく仕事を続けられることが魅力です。また、開業することである程度時間が自由になるのも人気の理由です。

女性は、結婚、出産、子育て、介護といった家庭状況と仕事を両立しなければなりません。そのため、女性の転職先としては長年勤められるような職種を選ぶ傾向にあります。これから転職を考える場合、ライフスタイルの変化を見据えた上で職種や企業を選ぶと良いでしょう。

年齢は気にせず転職活動に励もう!

しず子
女性の転職だから何歳まで、というリミットがあるわけではないのね!
ジョブエモン
いまや女性の転職は当たり前だから、年齢に囚われる必要はまったくないよ。ライフスタイルに合わせて働きやすい会社に転職するのはとても有意義なことだ。面接では自分をしっかりとアピールすれば評価してもらえるよ。面接で転職理由をどう話せば良いか迷ったらこちらの記事がオススメだよ。
しず子
転職の面接で良い印象を持ってもらうのって大事よね。ジョブエモン、上手に転職できる自信がついたわ、ありがとう!

20代にオススメの転職エージェントランキング

※2017年12月更新    

リクルートエージェント

リクルートエージェントでは、業界最多ともいわれる8万件の非公開求人があり、その割合は全体の約90%を占めています。これらの人は多方面の業界の求人が含まれているので、希望する職を見つけることができるでしょう。

既卒/未経験者/第二新卒向けの転職サイトになります。 未経験者や社会人経験なしのフリーターからの正社員を目指す方にオススメの転職サイトです。

業界最大手ゆえ、マイナビエージェントは様々なタイプに特化した人材紹介サービスを展開してます。8割が非公開の求人で、どの業界をとっても多くの企業とパイプがあり、転職希望者の満足度が高いのが特徴です。

1994年から転職サービスを行っているので、企業とのパイプも多く、IT・WEB・ベンチャー系をはじめとした求人が豊富にそろっているのが魅力です。

業界第2位の実績を持つDODAは、3万3000件とも言われる膨大な求人数を扱う<のに加え、その質の良さにも業界で一目置かれている会社です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です