20代で手取り15万でも正社員だったらマシは大嘘!?

20代におすすめの転職サイト 【転職活動を無料で全面的にサポートしてほしい人向け】

【転職実績No.1】リクルートエージェント公式HPへ

【マイペースで転職活動を進めたい人向け】

【求人数No.1】リクナビNEXT公式HPへ

この記事の要点!

  • 手取り額15万は平均から見ても安い
  • 人手不足の業界がほとんどで、正社員を求めている企業は多い
  • 「正社員として雇われているだけマシ」というのは鵜呑みにしてはならない
  • Type転職エージェントなど、年収アップに協力してくれる転職サービスもあるので相談してみよう
ポン太
20代後半で手取り15万か、、、毎月の生活はカッツカツだけど、このご時世「正社員で雇用されてるだけマシだぞ」なんて友達から言われるけど本当なのかな
ジョブエモン
年齢と手取りの額面だけ聞く限り確かに低いし、正社員で雇用されるだけマシって言うのは少し偏った意見のように思うな。

世間的には聞こえがいい「正社員」として働いていたとしても、手取りが15万円では日常生活でなにかと不便を感じる機会が多い人もいるのではないでしょうか?

労働人口が現象傾向にある現代に日本において、どの業界でも人手不足に悩まされているので年収アップをサポートしてくれるType転職エージェントなどに相談をしながら転職活動を進めていくことも1つの手です。

会社側からしたら正社員は都合がいい?

正社員として雇用されたからといって以外とメリットばかりではありません。

現実「会社の派遣社員の人は毎日定時で帰れるのに自分より毎月手取りが多い」
→「でもその分自分はボーナスがでるし、、」

なんて考えても、ボーナス込みでも派遣社員の方が給与が高いなんてことがあたり前のようにあります。

仮にボーナスを含むとギリギリ年収が超えるケースでも、ボーナスは毎月支給される固定給とは別物なので、会社の業績によってはその額が変動することは珍しくないですし、最悪の場合支給されないこともあるでしょう。これは大げさでもなんでもなく、ボーナスがでない企業なんてたくさんあります。

そう考えると、会社からしてみると正社員はある意味都合が言いわけです。高い給与を払わなくても、「正社員」と言うレッテルを与えるだけで働いてくれるし、ボーナスだって会社の業績で左右させることも可能なのですから。

派遣社員の方が都合がよく扱われてしまうイメージがありますが、実は都合よく扱われてしまってる正社員だって少なくないということは理解していただけたのではないでしょうか?

手取り15万の給与は最低ライン

下を見れば手取りが12万、13万の人は確かに存在します。ただ、今の手取り15万という給与は最低ラインだと思ってください。

転職を考え求人を手にとって見た人ならわかると思いますが、手取りで15万で募集してる企業はかなり限られています。あくまで求人ですから、実際入社してみたら書いてあることと違った!なんてこともありますが、それでも手取り15万という額は低過ぎます。

民間給与の実態調査表をもとに、条件を指定した上で20年代30代別の平均手取り額を出してみるとこんな結果がでたので自分の手取り額と比較してみてください。

今回の条件

男性の場合 (年収)(手取り)(ボーナスなし)(ボーナスが2ヶ月分ある場合)

  • 20代前半(265万円) 約215万円/年 約18万/月 約15万/月
  • 20代後半(371万円) 約297万円/年 約25万/月 約21万/月
  • 30代前半(438万円) 約349万円/年 約29万/月 約24万/月

女性の場合 (年収)(手取り)(ボーナスなし)(ボーナスが2ヶ月分ある場合)

  • 20代前半(226万円) 約184万円 約15万/月 約13万/月
  • 20代後半(295万円) 約238万円 約20万/月 約17万/月
  • 30代前半(294万円) 約237万円 約20万/月 約17万/月

いかがでしょうか?毎月の手取り額15万という数字は、全体的に見てもかなり低い数字だということが理解していただけたと思います。

男女ともに正社員として働く人の他、パートタイムとして働く方の年収も含まれています。そのため、女性の年収に至っては20代後半〜30代前半にかけて、結婚や出産を機にフルタイムからパートタイムにシフトチェンジする方も多く、年齢が上がってるのに年収は上がらないなんて結果になっています。

そのため、20代後半〜30代前半のフルタイム勤務の女性に関しては、正確な数字は出せませんが以上の手取り額に2万〜3万をプラスした額が平均となってくるのではないでしょうか?

正社員として雇われているだけマシはデマ!

さて、「このご時世正社員なだけでマシだ」なんてことを聞く機会が多いですが、本当に給与が安くても正社員として雇われているだけマシなのでしょうか?

結論から言いますと、残念ながら20代から30代前半にかけては転職者を求めるニーズは高まっているので、そうとは言えませんね。年収が低くても、やりがいがあって現職に大変満足しているという人以外でしたら、転職を考えるべきでしょう。

  1. 【転職市場で需要が高い?】第二新卒っていったいなんこと!?
  2. 20代後半で転職したいあなたが知るべき3つの事実とは?

以上の2記事も詳しく説明しておりますが、20代前半の第二新卒と言われる年齢であれば、少なくとも社会人経験がある+企業に染まりきってなく育てやすい、というニーズがあるため、今や引っ張りだこであります。

そして20代後半に至っては、十分な社会人経験を備えている+コミュニケーションがとりやすい(20代であれば零細企業でない限り、若い層に入るので年齢が高い人に比べ教育がしやすい)。

そして年齢的なことはもとより市場自体も売り手市場と言われ、各企業とも人材を欲しております。2008年のリーマンショックの影響で、一時期は就職氷河期なんて時期が存在したのは覚えてらっしゃいますか?

景気が悪くなった途端一気に新卒の採用枠を狭めたことで、現状中堅が少なくなり、なんとか今後の会社を担う中堅層の確保に努めている訳です。

それに加えて、団塊の世代の定年退職。現状の日本で1番多いこの世代が定年をを迎えこぞってリタイアされてます。そのぶん雇用の枠は広がるということですね。

20代におすすめの転職サイト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です