【手取り15万の20代向け】正社員ならマシは大嘘。生活レベルや貯金について考える

手取りが15万のサラリーマン
20代の転職希望者におすすめ! 【筆者の年収を150万UP↑に導いてくれたプロ集団】

【実績No.1】リクルートエージェント公式HPへ

   【5分で自分の適正年収が知れる!】

【登録して待つだけ】MIIDAS公式HPへ

この記事のポイント

  • 手取り額15万は平均から見ても圧倒的に安い
  • 人手不足の業界がほとんどで、正社員を求めている企業は多いので、現状から抜け出しても勤め先はある
  • 「正社員として雇われているだけマシ」というのは、2020年現在全く当てはまらない
  • リクルートエージェント等、年収UPに特化して転職を無料でサポートしてくれるサービスもあるので利用すべき
  • 実際に筆者もリクルートを利用して150万ほど年収UPの転職を実現している
ポン太
20代後半で手取り15万か、、、毎月の生活はカッツカツだけど、このご時世「正社員で雇用されてるだけマシだぞ」なんて友達から言われるけど本当なのかな
ジョブエモン
年齢と手取りの額面だけ聞く限り確かに低いし、正社員で雇用されるだけマシって言うのは少し偏った意見のように思うな。

世間的には聞こえがいい「正社員」として働いていたとしても、手取りが15万円で日常生活に不満を抱いていることでしょう。

結論から言うと、本当に好きな仕事でもない限り環境を変えるのが1番です。

無責任な言葉に聞こえるかもしれませんが、労働人口が現象傾向にある日本において、どの業界でも人手不足に悩まされていて仕事を見つけることは決して難しいことではなくなっています。

特に20代の需要は高く、第二新卒だったり既卒なんて言葉までできて、3年以内の転職でも大卒後に職歴の空きがあっても「問題ないです〜」なんて企業が増えてきているのです。

冒頭から少し信じられないような話しかもしれませんが、今日は手取りが15万の方向けに、生活のことやこのまま仕事を続けるべきなのか?なんてことにフォーカスを当ててお話しをさせていただきます。

今の状況に満足していない!なんて方には必見の内容ですよ!

筆者も利用!
年収でお悩みなら
リクルート公式HPへ

手取り15万の給与は最低ライン

下を見れば手取りが12万、13万の人は確かに存在します。ただ、今の手取り15万という給与は最低ラインだと思ってください。

転職を考え求人を手にとって見た人ならわかると思いますが、手取りで15万で募集してる企業はかなり限られています。あくまで求人ですから、実際入社してみたら書いてあることと違った!なんてこともありますが、それでも手取り15万という額は低過ぎます。

民間給与の実態調査表をもとに、条件を指定した上で20年代30代別の平均手取り額を出してみるとこんな結果がでたので自分の手取り額と比較してみてください。

今回の条件

男性の場合 (年収)(手取り)(ボーナスなし)(ボーナスが2ヶ月分ある場合)

  • 20代前半(265万円) 約215万円/年 約18万/月 約15万/月
  • 20代後半(371万円) 約297万円/年 約25万/月 約21万/月
  • 30代前半(438万円) 約349万円/年 約29万/月 約24万/月

女性の場合 (年収)(手取り)(ボーナスなし)(ボーナスが2ヶ月分ある場合)

  • 20代前半(226万円) 約184万円 約15万/月 約13万/月
  • 20代後半(295万円) 約238万円 約20万/月 約17万/月
  • 30代前半(294万円) 約237万円 約20万/月 約17万/月

いかがでしょうか?毎月の手取り額15万という数字は、全体的に見てもかなり低い数字だということが理解していただけたと思います。

男女ともに正社員として働く人の他、パートタイムとして働く方の年収も含まれています。

そのため、女性の年収に至っては20代後半〜30代前半にかけて、結婚や出産を機にフルタイムからパートタイムにシフトチェンジする方も多く、年齢が上がってるのに年収は上がらないなんて結果になっています。

そのため、20代後半〜30代前半のフルタイム勤務の女性に関しては、正確な数字は出せませんが以上の手取り額に2万〜3万をプラスした額が平均となってくるのではないでしょうか?

20代で手取り15万円の生活レベル

ここでは例として、都内に住む25歳の男性会社員。独身、一人暮らしということでおおよその生活レベルを出していきます。

※1人暮らし向けの1Rや1DKの都内の家賃相場は7.4万だが、今回は手取りは5万として計算させていただく。青梅市の家賃相場が都内では最安値の42000円。賃貸住宅D-room様より

  • 家賃:60000円
  • 食費:25000円
  • 水道光熱費:10000円(季節によって多少の変動はあるが)
  • 通信費:7000円(携帯料金)【+3000円(自宅回線契約してる場合)】
  • 保険料:10000円 ※20代の平均は20000円前後
  • 医療費:3000円
  • 交通費:5000円
  • 雑費(消耗品、車両費、各種ローン等):5000円【〜30000円】
  • 娯楽:15000円
  • 貯金:10000円
ポン太
ギリギリ1万だけ貯金できるってのが正直なところだよね
ジョブエモン
でもほら、25歳ともなると、そろそろ第一次結婚ブームが控えてるんじゃない?お祝儀とか3万とか出てくから、この内訳だとマイナスになってしまうよ!

都内でこの手取りだと、ほとんどが生活のためにお金が消えていくイメージです。娯楽もそうですが、将来のための貯金もできない月もあることでしょう。

20代も後半に差し掛かれば、お祝儀どうこうの人ごとではなく、自身にも当てはまる話しになってきます。失礼な話しかもしれませんが、娯楽が15000円ではデート代やその他のイベントごともお金を気にするあまり楽しめない。。。なんてことがあるのではないでしょうか?

将来のパートナーではなく、これは友人関係にも共通して言えることですよね。

そう考えると、手取り15万ではボーナス頼りで毎月の生活はカッツカツで、これを続けるのは現実的ではないという現状を受け入れなくてはいけません。

26歳"次にやりたいこと(仕事)がないけど退職したい人が知るべき転職術

2020.01.12

手取り15万でも正社員として雇われているだけマシはデマ!

さて、「このご時世正社員なだけでマシだ」なんてことを聞く機会が多いですが、本当に給与が安くても正社員として雇われているだけマシなのでしょうか?

結論から言いますと、残念ながら20代から30代前半にかけては転職者を求めるニーズは高まっているので、「正社員だからマシ」というのは時代遅れの考え方です。

せいぜい、リーマンショック後の2009年〜2012年頃の就職氷河期なんて言われていた時なら当てはまりますが、2020年現在では的外れかつ完全な思い込みです。※20代に限る。45歳以上の大量リストラ等が世間では騒がれているので、、、

年収が低くても、やりがいがあって現職に大変満足しているという人以外でしたら、自分の将来のためにも転職を考えるべきでしょう。

引用元:税理士大河内薫の税金チャンネル様より

15万の手取りから本当に抜けられる?→今がチャンス

転職市場で需要がありまくりな第二新卒について徹底解説!

2018.09.09

以上の記事でも詳しく説明しておりますが、20代前半の第二新卒と言われる年齢であれば、少なくとも社会人経験がある+企業に染まりきってなく育てやすい、というニーズがあるため今や引っ張りだこです。

事実として、人材紹介型サービス大手マイナビ転職の「第二新卒ピクトをつける求人割合」という調査では、「第二新卒を積極的に採用したい」と考える企業が6割もいることがわかりました。

そして年齢的なことはもとより市場自体も売り手市場と言われ、各企業とも人材を欲しております。

先ほども少し述べましたが、2008年のリーマンショックの影響で一時期は就職氷河期なんて時期が存在しました。

景気が悪くなった途端一気に新卒の採用枠を狭めたことで、現状中堅が少なくなり、なんとか今後の会社を担う中堅層の確保に努めている訳です。

それに加えて、団塊の世代の定年退職。現状の日本で1番多いこの世代が定年をを迎えこぞってリタイアされてます。そのぶん雇用の枠は広がるということですね。

正社員が不足している企業の割合

データ引用元:帝国データーバンク様の人手不足不足に対する企業の動向調査

実際に帝国データーバンクが公表しているデーターでは人材不足だと答える企業が半数にも及ぶのです。

ポン太
え、2社に1社は人手不足ってこと!?なんかそれなら僕でも転職できそうな気がするな!

稼ぎたい方におすすめの転職支援サービス

手取りが15万のサラリーマン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です