20代後半で手取り16万の場合、正社員でも転職を検討するべき。

20代におすすめの転職サイト 【転職活動を無料で全面的にサポートしてほしい人向け】

【信頼度No.1】マイナビエージェント公式HPへ

【5分で自分の適正年収が知れる!】

【登録して待つだけ】MIIDAS公式HPへ

周りと給与の話しをすると、温度差を感じるようになってきたぞ、、、

20代も後半に差し掛かると、給料がしっかり上がる会社、なかなか上がらない会社の差がはっきりとしてくるので、数年前までは同じような給与だった友人との差に首をかしげるような機会も増えてくるのではないでしょうか?

真面目な人ほど、自分が仕事ができないからではないか?あるいは、新卒の頃に比べて成長していないのではないか?なんて思いがちですが、外資系企業のようにインセンティブがあるような企業でもない限り、100%会社に原因があると言っても過言ではありません。

と言っても、会社の同僚も同じような給与で働いていることもあって、正社員だし、どこか自分の給与に対してそんなに危機感をもっていない人も多いことでしょう。

手取り額16万円で1人暮らしをした時の内訳

都内に住む 27歳男性会社員が手取り16万の場合の生活費の内訳です。

※1人暮らし向けの1Rや1DKの都内の家賃相場は7.4万だが、今回は6万を適用して計算させていただく。青梅市の家賃相場が都内では最安値の42000円。賃貸住宅D-room様より

  • 家賃:60000円
  • 食費:25000円
  • 水道光熱費:10000円(季節によって多少の変動はあるが)
  • 通信費:7000円(携帯料金)【+3000円(自宅回線契約してる場合)】
  • 保険料:10000円 ※20代の平均は20000円前後
  • 医療費:3000円
  • 交通費:5000円
  • 雑費(消耗品、車両費、各種ローン等):5000円【〜30000円】
  • 娯楽:15000円
  • 貯金:20000円

最低でも2万円は貯金に回せるように、生活費の内訳を計算していきましたが、20代後半になると男女限らず「結婚」なんて言葉が現実味を増す年頃ですし、毎月の貯金額2万だちどうしても物足りない印象をもってしまいます。

雑費に関しても少なめに見積もったので実際はもっと必要なことだって十分に考えられますし、娯楽も15000円ではお金のことを常に気にしながら遊びに行くようで、なかなか厳しいですね。

年齢的には1人暮らしをしてて当たり前ですが、切羽詰まった生活を強いられと言っても過言ではないでしょう。

20代後半で毎月手取り16万円の人の声とは?

25歳女性
うちの会社はオフィスカジュアルなので毎月服を買うお金がバカになりません。服買うためにランチを抜くみたいな生活はしんどいです。
27歳男性
会社の家賃負担があるので、家賃が3万まどで普通のマンションに住めてます。もっと貯金に回したいのが本音ですけど、遊びに行く回数を減らせばいいだけですね。
29歳男性
結婚控えてるんですが、かなりしんどいです。結婚式場とか回ってますが、金額見るたびに吐き気がします。冬のボーナス頼むー!
28歳女性
ボーナスも微々たるものなので、正直カッツカツですね。おかげで節約の知識だけはつきましたよ。

手取り16万は低いの?他の20代はどのくらいもらってる

※以下 年収平均のデータ等 国税庁 平成26年分 民間給与実態統計調査 様より

20代後半の平均年収は

  • 男性378万円
  • 女性297万円

となっています。手取りが16万の人の総支給額は約20万円(総支給額は会社や、配偶者の有無で変わるので注意)と考えると、240万円となり

  • 男性の場合 378万円ー240万円=138万円の差額
  • 女性の場合 297万円ー240万円=57万円の差額

が生まれてしまいます。なので、手取りが16万円でさらにボーナスまでももらってないとなると、同世代に比べてもかなり低いと言えるでしょう。

手取り16万で平均並のボーナスが出ても悲惨?

では手取り16万でもボーナスがもらえる場合を考えてみましょう。

男女共通で、20代後半のボーナス額は*50〜70万円なんて言われています。※夏、冬ともに、あくまで賞与であるので、変動が多いため50〜70万と幅を持たしている。

手取りが低い企業なので、ボーナスがその分もらえるとは限りませんが、仮に平均と同じ額のボーナスが支給されると考えるのではあれば、*20代後半の女性は平均と同じくらいの給与となります。

※ただ、この年収の平均にはパートタイマーの給与なども含むので、20代後半になると、結婚や子育てを機に正社員としての勤務をリタイヤする人も増え始まるので、正社員として働いているいる人の年収はもう少し高く見積もってもいいと言えるでしょう。すなわち、平均額のボーナスをもらっても少し足りないくらいの理解でもいいかもしれません。

しかし、男性の場合、その差額は平均のボーナスをもらったとしても全く埋まりませんね。仮に70万のボーナスがあったとしても、平均年収には約70万も足りません。

それだけ手取り16万(月収20万)という数字が低いかお判りいただけたのではないでしょうか?平均以上の140万ほどのボーナスがあるなら別ですが、、、

もしあと3万手取りを増やすためにするべきこととは?

会社に年収交渉をしてみるとか出世できるように頑張るなど、考えれば色々ありますが、序盤にも申した通り手取り額が低いのは会社が原因ですから、転職と選択肢をとるのが1番ではないでしょうか?

毎月3万と考えると少なくない金額なので、「自分がそんな金額もらえるのか?」なんて思いがちですが、3万もらったところで平均か平均を少し下回るくらいです。

転職活動に資格は本当に有利に働くのか!?という記事で紹介している通り、以外と資格を重視してない企業も多いですし、手取り3万を増やすことにそんなに高いハードルを感じなくてもいいと言えるでしょう。

転職エージェントは何をしてくれるの?にも詳しく書いてますが、転職エージェントは自分の転職活動の代理となって、

  • ヒアリング(現状の把握、相談)
  • 求人の手配
  • 面接日の設定
  • 面接対策や履歴書の添削
  • “年収交渉”
  • 転職後のサポート(求人内容と相違点はないか?)

以上のことをしてくれるので、忙しい人も安心して使えることでしょう。20代後半はビジネスマンとして旬と言っていいほど転職市場でも引っ張りだこですし、いい条件での転職ができる時期です。

このチャンスを逃さないように、年収アップを前提に転職活動に取り組んでいきましょう!

20代におすすめの転職支援サービス

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です