20代で手取り14万の生活レベルは?自分の給与を客観的に見てみよう

20代におすすめの転職サイト 【転職活動を無料で全面的にサポートしてほしい人向け】

【転職実績No.1】リクルートエージェント公式HPへ

【マイペースで転職活動を進めたい人向け】

【求人数No.1】リクナビNEXT公式HPへ

“給料には満足してないけど、景気がいいとは言えないし正社員として雇ってくれてるだけマシ”

あなたもこんな世間の声に惑わされて、自分の給与に満足していませんか?

一概に給与の金額で仕事の良し悪しを決めるのも考えようですが、お金がなくては生きていけませんし、ましてや14万では生活をする上で厳しいと感じる機会も多いでしょう。

会社にいる同年代も同じような給与で働いてるからしょうがないなんて思いがちですが、1度自分の手取り額に関して客観的に見てみてはいかがでしょうか?

自分の仕事、給与のことを理解することで将来への不安を軽くすることができますよ!

関連記事:20代後半で年収300万は少なすぎる!会社員の年収と今後を考える

手取り14万で都内で1人暮らしをしたときの内訳

都内在住 25歳男性会社員として内訳をだしていきます。

※1人暮らし向けの1Rや1DKの都内の家賃相場は7.4万だが、今回は手取りは5万として計算させていただく。青梅市の家賃相場が都内では最安値の42000円。賃貸住宅D-room様より

  • 家賃:50000円
  • 食費:25000円
  • 水道光熱費:10000円(季節によって多少の変動はあるが)
  • 通信費:7000円(携帯料金)【+3000円(自宅回線契約してる場合)】
  • 保険料:10000円 ※20代の平均は20000円前後
  • 医療費:3000円
  • 交通費:5000円
  • 雑費(消耗品、車両費、各種ローン等):5000円【〜30000円】
  • 娯楽:15000円
  • 貯金:10000円

貯金を1万で設定して、都内で1人暮らしをしたときの支出についてまとめました。娯楽が15000円ですから、会社の同僚と週に1回ほど飲みに行けるか行けないか?といったところでしょうか?

そのほかに、週末に友人と出かける、彼女とデートなんてイベントがあると、とてもじゃないけどこの手取り額の打ちに納めるのは厳しくなりますね。

雑費に関しても5000円しか当てられないですし、仮に車のローンや車両保険がある方からしてみれば毎月の手取り額はオーバーしてまい、ボーナス頼りの生活を強いられると言っても過言ではありません。

毎月の給与と違ってボーナスは会社の業績によって変動するのが当たり前ですし、ましてやあくまで臨時給与(支払いの義務は労働基準法にも記載されてない)なのでもらえないことだって十分に考えられます。

となると手取り14万円で1人暮らしをするのは現実的ではなく、このような状況が長く続く場合は自分のキャリアプランについて考える必要がありそうです。

関連記事:20代後半で”転職したい”と思うあなたが知ると得する3つの知識

毎月の手取りが14万円の人の声

24歳男性
14万の手取りから奨学金も払ってるので正直かなり厳しいです。
27歳男性
学生時代からの彼女と結婚を考えてもおかしくない歳だけど、この給料では、、、。ボーナスも年間20万程度ですし、将来に不安しかありません。
女性 28歳
実家なのでなんとかなってますがもう少し欲しいですね。ただ、定時で帰れるし、休みもカレンダー通り+有給のホワイト企業なので離れることは考えてないですね
女性23歳
新卒ですし、このくらいなのかなーなんて思ってます。ただ、周りに聞くとプラスで2万3万くらいもらってもいいみたいですね。入ったばかりなので、ボーナスも冬までないですし、上京して1人暮らしなので、外食もいけません。

20代で手取り14万は平均と比べても低い

20代で年収を上げたい人が知るべき7つのことという記事でも詳しく説明してますが、以下が20代の平均年収になります。自分の年収と比べていかがでしょうか??

20〜30代前半の平均年収
引用元:国税庁 平成26年分 民間給与実態統計調査 様より

手取り14万ならボーナスを平均以上もらってないとだめ?

手取りが14万の場合、会社からの総支給額で17万ほどになり、手取りの14万ではなく17万が月収となります。これに12をかけると、17×12で204万円。(総支給額は配偶者の有無など、会社や個人の状況によって異なる)

手取り額が14万と少ない企業ですが、ボーナスはしっかりもらえてるでしょうか?

  • 20代前半男性の平均265万ー204万(月給×12)=61万円
  • 20代後半男性の平均378万ー204万=174万
  • 20代前半女性の平均231万ー204万=27万
  • 20代後半女性の平均297万ー204万=93万

各年代の平均年収から、月収に12をかけた数字を計算しました。すると平均年収との差額がでましたね。

20代のボーナス支給額の平均が

  • 20代前半の場合、合計で35〜40万円
  • 20代後半の場合、合計で60〜70万円

ですから、20代前半の女性を除いては、平均並のボーナスが支給されても平均年収には遠く及ばない訳です。

会社選びさえ間違わなければ手取りが3万は増やせる!

あと3万、毎月の手取りが増えたらなにができるでしょうか?

貯金にあてる、車のローンを組む、ランチを外食にする、使い方は人それぞれですし、3万という金額は大きいですから使い道の幅は自ずと広がります。

その分、なかなか3万を増やすことが簡単ではないように思えますが、上記で語ってきた平均年収の話しは覚えてらっしゃいますでしょうか?

現状、平均年収と比較すると大きな開きがあるので、月々3万の手取りを増やすことは特別難しいことではありません。あくまで平均のラインですから、しっかり働く場所すら見定めることができれば月3万円手取額を増やす実現可能だと言えるでしょう。

関連記事:ブラック企業を辞めたい人はこれを知って損はなし。退職から転職までを解説

ジョブエモン
優良企業への転職を考えるなら、無料で転職支援を行ってくれる転職エージェント利用がおすすめだよ!
転職エージェントが無料でサポートしてくれること一覧

20代におすすめの転職サイト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です