20代で手取り12〜13万でも正社員ならいいわけがない!

20代におすすめの転職サイト 【転職活動を無料で全面的にサポートしてほしい人向け】

【転職実績No.1】リクルートエージェント公式HPへ

【マイペースで転職活動を進めたい人向け】

【求人数No.1】リクナビNEXT公式HPへ

正社員の仕事はなかなか辞められない。

こんな思いで毎月12万や13万円の給料に満足できないものの、仕事を続けてる人も多いのではないでしょうか?12万、13万ともなると、自分自身が1番わかってると思いますが、同年代の平均額よりもかなり低い数字です。

同じ会社にいる人も近い給料だったり、実はもっと低い人もいる!なんてこともあると思うので、ここでは手取り12万、13万という給料を客観的な視点から解説していきましょう。

ジョブエモン
12万だとプライベートに使えるお金も少ないだろうな、、、きっと。

手取り12〜13万で1人暮らししたときの内訳

都内に住む 25歳男性会社員(正社員)手取り12万円の生活費内訳を考えてみました。

1人暮らし向けの1Rや1DKの都内の家賃相場は7.4万だが、今回は手取りの3割に当たる40.000円を適用して計算させていただく。青梅市の家賃相場が都内では最安値の42000円。賃貸住宅D-room様より

  • 家賃:40000円
  • 食費:25000円
  • 水道光熱費:10000円(季節によって多少の変動はあるが)
  • 通信費:7000円(携帯料金)【+3000円(自宅回線契約してる場合)】
  • 保険料:10000円 ※20代の平均は20000円前後
  • 医療費:3000円
  • 交通費:5000円
  • 雑費(消耗品、車両費、各種ローン等):5000円【〜30000円】
  • 娯楽:5000円
  • 貯金:10000円

貯金を1万でもするために、12万円の手取りとして生活費をギリギリのラインでだしてみました。雑費のところを5千円で出していますが、もう少し欲しいところですよね。13万は貯金が1万増えるイメージでしょうか?

20代でしたら、ビジネスシーンのために衣服の購入も必要になることもあるでしょうし、【】で閉じて金額には含んでませんが、仕事上、家でPCを使いため回線が必要であったり、奨学金の返済など各種ローンのことだって考えらえます。

貯金の1万円をそこに回しても、ギリギリかオーバーしてしまうのでは?なんてところなので、手取り12万円での1人暮らしはとてもじゃありませんが現実的とは言えませんね。

毎月の手取りが12〜13万の人の生活とは?

26歳男性
会社の近くでシェアハウスに住んでるので、毎月の固定費が6万程度で住んでいます。この手取りじゃ、とてもじゃないけど1人暮らしは無理ですよ。
24歳女性
奨学金の返済もあるので実家済みです。それでも家に3万ほど入れると毎月手元に残るのが5万ほどなので、実家すみとはいえ、満足に貯金もできません。
25歳女性
家賃抑えるために築35年のボロいアパートに住んでます。へんな人が多いので、正直怖いです。
23歳男性
会社が6割家賃を負担してくれて、交通費も全支給、プライベートでも会社の携帯を使うことが多いので、固定費は5万ほどです。給料低い分、福利厚生がしっかりあるんで、それで、まーなんとかなってますね。

20代で手取り12〜13万は平均と比べても低すぎる?

20代で年収をあげたい人が知るべき7つのことという記事で詳しく述べていますが、

 20代前半の平均年収

  • 男性が265万円
  • 女性が231万円

20代後半の平均年収

  • 男性378万円
  • 女性297万円

※引用元:国税庁 平成26年分 民間給与実態統計調査 様より

以上が20代の平均年収です。

ボーナスがない場合は悲惨、、、

※手取り12万だとして以下の話しを進めます。

上記であげた平均はあくまで年収であり、ボーナス等も含まれてるものなので、単純には自分の手取り12万(会社や配偶者の有無にもよるが額面だと、だいたい15万)に12をかけた数字である180万円(手取り12万でボーナスがないの人の想定年収)ぽっきりという人も少ないでしょう。

しかし、手取りとして12万程度しかくれないような企業ですから、ボーナスだってそんなに期待できないなんて人も多いのでは?

年2回ボーナスがあるとして、

  • 20代前半男性の場合、合計で85万(約6ヶ月分)
  • 20代後半男性の場合、合計で98万(約7ヶ月分)
  • 20代前半女性の場合、合計で50万(約4ヶ月分)
  • 20代後半女性の場合、合計で117万(約8ヶ月分)

以上の金額をもらってないことには平均年収には並べません。

20代のボーナス支給額の平均が

  • 20代前半の場合、合計で35〜40万円
  • 20代後半の場合、合計で60〜70万円

20代のうちは男女ともに開きは大きくないので割愛。※データ引用元:政府統計の総合窓口 年齢階級、勤続年数階級別所定内給与額及び年間賞与その他特別給与額

ですから、20代後半女性以外は、ボーナスの平均額をもらえた時点で平均年収には並べないわけです。

もし、あと5万手取りが増えたら、、、

周りのように「あと5万くらい毎月の手取りが増えたら〜」

なんて1度は考えたことがあるのではないでしょうか?これまでの話しで自分の給与が、周りに比べていかに低いかをわかっていただければ、月に5万手取りが増えるというのは欲張りで、無い物ねだりでもなく、現実的に可能なラインだと感じてもらえるのではないでしょうか?

あと5万増えたら、先ほどあげた内訳の住む家をもう少し会社に近いところにできるかもしれませんし、毎月1万しか貯金に回せなかった分を3万4万にして、残りを5000円しか使えなった娯楽の方に回してもいいでしょう。

自分には資格や特別なスキルはないけど大丈夫?なんて声も聞こえて来そうですが、月12〜13万の方に+5万してやっと平均かそれを少し下回るくらいです(ボーナスの金額にもよるが)。

なので、働く場所すら選べば全然実現可能なレベルであると把握しておくことをオススメします。

20代におすすめの転職サイト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です