【うまく進まないことも…】働きながら転職活動をするデメリットとは

while-working-jobchange-demerit

無料で使える"20代"におすすめの転職サイト

【転職活動を全面的にサポートしてほしい人向け】

【転職実績No.1】リクルートエージェント公式HPへ

【転職活動をマイペースで進めたい人向け】

【転職者の8割が利用】リクナビNEXT公式HPへ

ポン太
ねぇジョブエモン。転職活動をするときは、お金の心配があまりないから働きながら進めた方がいいよね?
ジョブエモン
そうだね~、たしかに仕事を辞めてしまうとお金の心配が出てくるからね・・・。でも働きながら転職活動をするのはメリットばかりあるわけじゃないんだよ。反対にデメリットもあるって知ってたかい?
ポン太
デメリットもあるの?どんなことだろう?
ジョブエモン
よし、じゃあ今回は働きながら転職活動を行うことのデメリットを紹介しよう。今回教えるデメリットをきちんと理解した上で計画的に転職活動を行っていけば大丈夫だよ!

ここがデメリット!働きながらの転職活動

while-working-jobchange-demerit

働きながら転職活動を行うと、金銭面で焦らずに済むので安心だったり、次の仕事をスタートさせるまでのブランク期間が短くて済んだり・・・とメリットばかりのように思えるかもしれません。

しかし働きながら転職活動することでのデメリットもあるのです。今回は働きながら転職活動を行うことで出てくるいくつかのデメリットについて詳しくご紹介していきましょう。

面接の日程調整が難しい

働きながら転職活動を行っていると、面接の日程を調整するのが大変です。大抵の企業は平日の日中帯に面接を設けることが多いのですが、仕事をしているとこの日程に都合を合わせるのが難しくなってきます。

特に有給をとるのが難しい場合はさらに大変です。その場合は平日の夜間に面接をしてもらえないか転職希望先の企業に頼んでみましょう。もしかしたら融通をしてくれる場合もありますのでダメ元でお願いしてみてください。

メリハリがないので長引く

働きながら転職活動を行っていると、仕事の都合ありきになるのでどうしても転職活動をする期間が長くなりがちです。さらに面接日の都合が合わないために、条件の良いところを逃してしまうこともあるでしょう。

仕事をしながらの転職活動は、生活にメリハリをつけづらいものです。仕事を辞めてから転職先を探す場合と異なり、仕事を続けながら転職活動を行っていると金銭面でも気持ちに余裕があります。

気持ちに余裕があると転職活動もゆっくりになってしまうので、自分の希望する転職先が見つかるまでダラダラと転職活動が長引いてしまう可能性もあるのです。

休日がなくなる

働きながら転職活動を行っていると転職活動に充てる時間はおのずと休日になってしまいます。そうなると週5日仕事を行い、残り2日で転職活動・・・ということになり休みがまったくなくなってしまうのです。

まったく休みがなくなってしまうと、どうなるのでしょう?心も体もゆっくりと休ませる時間がなくなってしまうので、疲労が蓄積され精神面でもイライラしがちになります。

その結果、転職活動を行うのが面倒になってしまい断念してしまったり、過労のために体調を崩して転職活動を続けられなくなったりすることも考えられるでしょう。

また睡眠時間を削って転職サイトを眺めたり、就業後に面接に行ったり疲労がたまってくると、判断力が低下してしまうおそれもあります。判断力が低下すると、あまり条件のよくない企業を選んでしまうこともあるので自分の心と体の管理には注意が必要です。

働きながら転職活動を行う場合は、上手に息抜きを行いながら続けなければいけないということが分かりますね。

応募できる企業の数が限られる

仕事を続けながら転職活動を行うと、応募できる企業の数が自ずと限られてしまいます。先ほどデメリットの1つに挙げたように、面接できる日程をたくさん確保することができないためです。

反対に仕事を辞めてから転職活動を行うと、時間に余裕があるので面接の日程が重ならないかぎり何社でも応募することが可能です。仕事を続けながらですとそうはいきませんので、一ヶ月に応募できる企業数は1~3件といったところでしょう。

転職活動に割ける時間が短いのが最大のデメリット

ポン太
うわぁ・・・働きながら転職活動をするのって思ってたより大変そうだな・・・。体が持ちそうにないよ。
ジョブエモン
体力に自信がないと長期戦は難しいだろうね。働きながら転職活動をしていると、面接の日程の調整が大変なのはもちろんだけど入社日の日程も調整できなくて見送り・・・ということもあるんだ。引き継ぎ作業が思うようにいかないことが原因で勤めているところをなかなか退職できない場合もあるみたいだよ。
ポン太
それはとても勿体ないね。せっかく決まった転職先なのに・・・。
ジョブエモン
メリットもデメリットも表裏一体だけど、働きながら転職活動するか退職してから転職活動するかはケースバイケースでよく考えて決めないといけないよ。貯金が十分にあって、当面の生活費がなんとかなりそうなら仕事を辞めてから転職活動をするといいし、貯金が底をつきそうなら働きながら頑張る・・・といった風にね。
ポン太
そっか!自分の今の状況をよく考えて働きながら転職活動をするか、辞めたからするかを選ぶことが大切なんだね。
ジョブエモン
その通り!もし家庭を持っている場合は、きちんと家族に相談してから決めなくちゃいけないよ。揉め事になりやすいからね。
ポン太
分かったよ!転職ってなると自分だけの問題じゃなくなるしね。ジョブエモン、詳しく教えてくれてありがとう!

 

 

 

 

20代にオススメの転職エージェントランキング

※2017年12月更新    

リクルートエージェント

リクルートエージェントでは、業界最多ともいわれる8万件の非公開求人があり、その割合は全体の約90%を占めています。これらの人は多方面の業界の求人が含まれているので、希望する職を見つけることができるでしょう。

既卒/未経験者/第二新卒向けの転職サイトになります。 未経験者や社会人経験なしのフリーターからの正社員を目指す方にオススメの転職サイトです。

業界最大手ゆえ、マイナビエージェントは様々なタイプに特化した人材紹介サービスを展開してます。8割が非公開の求人で、どの業界をとっても多くの企業とパイプがあり、転職希望者の満足度が高いのが特徴です。

1994年から転職サービスを行っているので、企業とのパイプも多く、IT・WEB・ベンチャー系をはじめとした求人が豊富にそろっているのが魅力です。

業界第2位の実績を持つDODAは、3万3000件とも言われる膨大な求人数を扱う<のに加え、その質の良さにも業界で一目置かれている会社です。

while-working-jobchange-demerit

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です