ブラック企業を辞めたい人はこれを知って損はなし。退職から転職までを解説

無料で使える"20代"におすすめの転職サイト

【転職活動を全面的にサポートしてほしい人向け】

【転職実績No.1】リクルートエージェント公式HPへ

【転職活動をマイペースで進めたい人向け】

【転職者の8割が利用】リクナビNEXT公式HPへ

この記事の要点!

  • ブラック企業に限って、快く退職させてくれる企業が少ない
  • 退職届けを受け取ってくれなくても、バックレるという手段を選ぶなら退職届けを出したという証拠を残す必要がある
  • 退職の意思を伝えるのは1ヶ月半前までがベター
  • 転職エージェントを使えば、在職中に転職活動を進めることが可能
ポン太
ジョブエモん。もーこんなブラック企業辞めたいよ。でもさ、ブラック企業に限って心良くは辞めさせてくれないよね。本当に人のことなんだと思ってるんだろう、って思うことが多々あるよ。
ジョブエモン
あるあるだね。「お前なんていくらでも代わりがいる!」なんて言われ続けてきたのに、いざ辞めるとなると「それは逃げだ」と引き止めて、退職届けを受け取ってくれないってね。
ポン太
こんな場合ってさ、どうすればいいの?辞めたいけど、辞めさせてくれないんだもん。辞めさせてくれなきゃ転職活動だってできないしさ。

ブラック企業を辞める方法

会社を辞める。となれば、まずは上司に報告するのが1番で、その上で退職の手続きが進められていきます。

保険しかり、有給の消化しかり、次の職場に必要な提出書類しかり、、、

ただ、ブラック企業たるもの、「今は少し待ってくれ」「辞めるなんて逃げだ!」と、報告や退職願いを受け取ってくれないケースも多々あるのが現実です。

かと言って辞めたいブラック企業に居続ける必要もありませんし、バックレるなんて形をとれば懲戒免除で退職金をもらう権利を失い、本人が損をしてしまう形になります。

これから辞めようとしている人、そして今まさにこのような状況に置かれている人は、しっかりブラック企業の辞め方を理解した上で辞めるようにしましょう。

辞めさせてくれないブラック企業に退職の意思を伝えた “証拠” を残す

会社をバックレる前に意思を証明することで救われる!という記事で詳しく説明しておりますが、基本的にバックレるという辞めかたはよくないです。

正式に言うと、退職の意思を証明できないままバックレるのはよくないです。逆に言うと、 “退職の意思を証明できる行いをしていれば、バックれても法的な恩恵を受けることができるので概ね損をしない形になる” ということになります。

退職届というと封筒に「退職届」なんて書いたものを想像しますが、捨てられてしまえばおしまいです。

“自分が退職の意識を伝えた” としっかり残るものを残しておかなくてはなりません。

  • 退職届を内容証明郵便で送る
  • メールなどネット上にデータが残るもので送る(仕事で使うチャットでも可)
  • ボイスレコーダー(ハードルは高いが、、、)

となります。

メールやチャットで退職の意思を伝えるのは一般的にタブーだなんて言われますが、考えてみてください。会社に入ったときに採用メールなんてものが届きませんでしたか?

退職の意思を口で言って受け入れてくれないのであればやむ追えません。自分の今後のキャリアのためにもメールやチャットという形で意思を示したと証拠を残すようにしましょう。

辞める証拠を残すのは1ヶ月半前がベスト

基本2週間前までに退職の意思を伝えたと証明できれば大丈夫という情報が多々ありますが、しっかり自分に非がないようにするには念には念を置いて行動するようにしましょう。

627条の2項「期間によって報酬を定めた場合には、解約の申入れは、次期以後についてすることができる。ただし、その解約の申入れは、当期の前半にしなければならない。」

わかりやすく解説

  • ここで言う次期とは、月末締めの会社の場合翌月のことをさす
  • 1日〜15日が前期
  • 15日〜31(30)日が後期
  • 5月14日(前半)に退職願=5月31日(後半)退職認められる
  • 5月16日(後半)に退職願い=6月30日(翌月後半)退職認められる
  • 月の前半に退職願いを出せば、今月末に退職可能
  • 月の後半に退職願いを出すと、来月末に退職可能

これらより、最短で16日前、最長で46(47)日前までには退職の意識を伝えないと、法的な恩恵は受けられません。

よって一般的な会社員は月給制(年俸制でも)で十分これに当てはまるので実は2週間前では不十分なので、この期間を把握した上で退職の意思を伝えるようにしましょう。

在職中に転職活動は絶対にしておくべき

そんな、毎日残業、休日出勤当たり前の会社に勤めながら転職活動なんて無理じゃないの?なんて思われがちですが、絶対に在職中に転職活動を進めていくことをオススメしています。

というのも、職歴に隙間ができるのは良くないなんて言われたり、仕事がないときに転職活動をしてしまうと無収入になるので、いつの間にか就職することが目的になってしまい、本来あるべきキャリアップや前職よりもいい条件を掴み取るなんて意識が薄れてしまうからです。

せっかく、劣悪な労働環境を経験して様々な経験ができたわけです。みなが経験しないような経験をしてきたからこそ、次こそは自分が納得いくような企業を見つけて欲しいものです。

転職エージェントは自分の代理人となってくれる?

在職中の転職活動に欠かせないのが転職エージェントを利用することです。エージェントには代理なんて意味がありますが、その名の通りあなたの転職活動を代理となってサポートしてくれます。※転職エージェントは何をしてくれるの?

  • ヒアリング(現状の把握、相談)
  • 求人の手配
  • 面接日の設定
  • 面接対策や履歴書の添削
  • “年収交渉”
  • 転職後のサポート(求人内容と相違点はないか?)

もちろんこれ以外にもサポートはありますし、しっかり丸投げにせず、あなた自身も時間が許す限りの努力を惜しまなければ、在職中だろうがクイックに転職活動は進んでいくでしょう。

そして利用するエージェントを見定めるのも非常に重要なことです。上記であげたようなサポートは基本的にどこのエージェントでも受けることができますが内容は変わってきます。

例えば若年層に特化したエージェントがあったり、ITに特化したエージェントがあったり、あるいは年収に特化したエージェントがあったり。

こればかりはエージェントごとに特徴が異なるので、自分で利用してみて、担当者さんとのやりとりや紹介される求人と自分の希望のマッチ度を見比べながらやっていくのがベターではないでしょうか?

ジョブエモン
無料だし、複数登録して見定めるのがオススメかな。やっぱりせっかくの転職活動だし、自分にあったエージェントを見つけて欲しいしね。

【無料で使える】20代にオススメしたい転職サイトを徹底比較!

2018.02.19

日本にはブラック企業ばかりではない!

ポン太
でもやっぱり周りを見てもみんなキツそうだし結局、そんなに変わらないんじゃないの?辞めたいけど、どこも同じなんだろうなーとか諦めてる自分もいないこともないな
  • 某広告代理店の重労働によって社員が過労死
  • 某飲食店の社員の労働時間が月300時間を超えたetc….

といったポジティブなニュースよりも、ネガティブなニュースの方が情報が入って来てしまい、「どこも同じだ」なんて洗脳されがちですが、最近では働き方改革なんて言われるように労働環境の改善に取り組んでいる会社はたくさんあります。

週3日休みを導入したり、他にもユニークな福利厚生があったりと、「会社や仕事は自分の敵」なんて、ブラック企業で働いたがゆえについてしまったイメージを取っ払うことだって可能でしょう。※【10年後は主流?】週休3日のメリット・デメリット

1度転職活動をしてみれば必ずわかります。様々な会社を見て、本当にブラックではないのか?求人に書いてあることが本当なのか?と経験豊富な転職のプロであるエージェントのコンサルタント(担当)に答えれば丁寧に答えてくれるでしょう。

20代にオススメの転職エージェントランキング

※2017年12月更新    

リクルートエージェント

リクルートエージェントでは、業界最多ともいわれる8万件の非公開求人があり、その割合は全体の約90%を占めています。これらの人は多方面の業界の求人が含まれているので、希望する職を見つけることができるでしょう。

既卒/未経験者/第二新卒向けの転職サイトになります。 未経験者や社会人経験なしのフリーターからの正社員を目指す方にオススメの転職サイトです。

業界最大手ゆえ、マイナビエージェントは様々なタイプに特化した人材紹介サービスを展開してます。8割が非公開の求人で、どの業界をとっても多くの企業とパイプがあり、転職希望者の満足度が高いのが特徴です。

1994年から転職サービスを行っているので、企業とのパイプも多く、IT・WEB・ベンチャー系をはじめとした求人が豊富にそろっているのが魅力です。

業界第2位の実績を持つDODAは、3万3000件とも言われる膨大な求人数を扱う<のに加え、その質の良さにも業界で一目置かれている会社です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です