【残業がない仕事に転職したい人必見】企業の探し方・見分け方

この記事の要点!

  • 残業にない企業を見分けたかったら、求人の記載内容の具体的さ、離職率の低さ、組合の力を考慮すべき
  • 残業がない仕事を探したいならリクナビNEXT内にある、「残業がない」という条件を選定して探すと以外に多くある
  • 残業がない企業は以外と多くあるので、周りの意見に左右されてはいけない
  • 転職活動をするなら無料で相談に乗ってくれるプロ(転職サイト・エージェント)の力を借りるのが1番
ポン太
転職するなら残業がない会社が理想だけど、どんな風に探せばイイのかな?
ジョブエモン
うーん。ポン太くんが今僕に相談してくれているみたいに、転職のプロに頼るっていうのが1番だと思うな。転職を無料で支援してくれるサービスはいっぱいあるしさ!まーまずは色んな視点からポン太くんがするべき転職活動に関して見ていこうか!

残業がない企業の見分け方

求人情報を見て、残業や仕事内容をそのまま鵜呑みにする人は少ないかもしれません。企業は人が足らないから求人をかけている訳ですから、どうしても良いことばかりを書いてしまいがちです。

「わが社は残業時間が長時間に及びますので、相当ハードです。」などと書く企業はないでしょう。

残業の有・無について触れていれば良いのですが、記載していない企業も多いので尚更判断ができませんよね?求人に記載された内容や企業の状態を手掛かりにして、残業がない企業の見極め方をお伝えします。

記載してある年収や給与が具体的

まずは、年収や給与が書かれている項目を見てください。ザックリ「月給25万円以上」とだけしか記載されておらず、残業の有無も記載していない企業は残業がある可能性が高いと言えます。

また、年収400万円から550万円とあまりにも金額の開きがある場合も危険です。入社後に、長時間残業すれば550万円という意味ですよ、などと言われかねません。

可能な限り具体的に記載されている企業で、かつ残業無しと記載されていればほぼ間違いなく残業はない企業といえるでしょう。

離職率が低い

離職率が高い企業は、労働環境が悪いことの証明にもなります。労働者にとって働きやすい環境ではないからこそ、離職率が高いからです。

そのことから企業は離職率を公開したがらない傾向にありますが、良心的な企業であれば採用情報ページに明記している場合もあります。
残業なしで高い年収を得たい、と願うのは誰しも同じですが、年収だけに囚われていると肝心の労働環境を見逃しがちです。

組合の力

大企業であれば従業員数も多いから残業がないだろうと感じますが、実際には社会的知名度の高い企業で長時間残業による過労死も発生していますので、大企業だから安心だという訳ではありません。

求人情報どおりに残業がない企業を見極めるなら、「労働組合」が強いかどうかを調べましょう。労働組合が強ければ契約違反の残業やリストラ、不当な労働環境から労働者を守ってくれます。

しかし、労働組合の有無や強さを公開する企業は多くないため、確認するのは少々手間がいります。例えば、企業に直接電話して確認する、会社から出てきた労働者に聞いてみる、「企業名+労働組合」でネット検索し労働組合のHPを確認の上、強さを推測することもできます。

残業がない仕事に転職したい場合はプロに頼るべき?

とにかく残業が少ない転職をするには、そもそも残業がないという求人を探さないといけません。

しず子
始めての転職活動ですし、残業がない求人と言っても、、、、今勤めている企業だってこんな残業するなんて思ってなかったし。

と、始めての転職活動、そして残業がない仕事を探すことへの不安を抱いている方も多いと思いますがそんな時は転職活動のプロであったり、web上のサービスを頼ることがベストです(無料ですので)。

転職サイトを使って探す場合

基本的に、とにかく求人を探したい!時間がない!

そんな方には無料で今すぐ利用ができるリクナビNEXTで求人を探すことをオススメしています。

リクナビでは、以下のように残業のない仕事が並んでいます。

no overtime2
no overtime3
no overtime1

残業がないという条件だけでも、191件の求人があります(2017年1月現在)。

他にも「17時退社」や「18時退社」と言ったキーワードでも求人を探せるので、現状残業ばかりという方は1度利用してみてはいかがでしょうか?

転職エージェントを利用する

転職エージェントは何をしてくれるの?という記事でも紹介しておりますが、転職エージェントは自分の代わりとなって無料で様々なことを代行してくれるのでオススメです。

  1. ヒアリング(現状の把握、相談)
  2. 求人の手配
  3. 面接日の設定
  4. 面接対策や履歴書の添削
  5. 年収交渉
  6. 転職後のサポート(求人内容と相違点はないか?)

ここでは代表的なものだけをあげていますが、細かいものまでいれるとかなりの数になるでしょう。

当サイトでは実際の転職者の声などをもとにリクルートエージェントをオススメしていますが、エージェントごとに特徴は異なるので自分にあった転職サイト、エージェントに登録することがまずは大事です。

【無料で使える】20代にオススメしたい転職サイトを徹底比較!

2017.11.27
ジョブエモン
実際に関わってみないとわからないことも多いから、いくつか登録して、実際に紹介された案件や担当者さんとの相性なんかも踏まえて「これ!」といったエージェントを決めるといいよ!

残業がないこと不思議なことではない!

残業がない=いい企業!

なんて認識がされていますが、残業がないのは当たり前です!
高度経済成長期の煽りを受けて、残業をするという行為がどこか評価の対象なようなものになってしまっていますが、それ自体がおかしいということに気付かなくてはいけません。

有名な話しですが、アメリカでは残業をするとうい行為は仕事ができないことを象徴するような行為だとされています。

決められた時間に仕事が終わらすことができない、仕事の遅い人なんて周りから認識されてしまう訳です。

そりゃ日本人のように好き好んで残業をする人がいなくなりますよね。

日本では残業代が出るのは当たり前ですし、残業代をもらえてない企業がブラックなんて言われ、常々問題になりますが、海外では残業代という概念がないような国だったあります。

オーストラリアでは大企業を中心に残業代がないような企業が多く、もちろんあえて長く働くようなことはしないようです。

このような世界の事実を知ると、まるで日本人が好き好んで残業をしているかのようですね。
ま、残業代が出なくなったら、みな意地でも早く帰るでしょうし。

残業がない職業とは!?

残業が少ない職種の代表例といえば公務員が挙げられます。例えば、月・水・金はノー残業デーなので早く帰りましょう、といった声かけがされています。特に、非正規職員には曜日に関係なしで残業しないで帰るよう指示されます。

一方で、役職が遅い時間まで残業しているケースも多々あり、「公務員が一律で残業がない」ということではありません。逆に予算の範囲内でしか給与が出ないため、サービス残業がまかり通っているケースまであります。
民間企業で残業が少ない業種を見てみましょう。もちろん部署や繁忙期といった時期によっても異なることはあります。

一般事務

一般事務の仕事は業界や業種によっても異なります。一般的にはエクセルやワードを使った文書・資料作成、メールや電話を含めた来客対応が主な仕事です。基本的なPCスキルが必要とされることが多い仕事です。

翻訳・通訳

英語など多言語での文書・資料作成、メールや電話対応などが主な仕事です。
専門分野のマニュアル翻訳などを任される場合は、語学力だけでなく専門知識を身に付ける必要もあります。海外からの来客時に通訳を任されるケースもあります。

貿易業務

輸出・輸入に関する仕事で、通関手配や運送便の手配、関税・消費税納付、商品納入管理といった仕事です。
書類作成やメール、コミュニケーションの場では英語などの語学力が求められます。

CAE解析

CAE(Computer Aided Engineering)の担当者は、解析で導き出された計算結果を分析し、設計に対して改善提案を行うような仕事です。CAE解析を駆使する能力が求められます。

秘書・受付

秘書は、社長や役員などのスケジュール管理や資料作成、出張時のチケットや宿泊先の予約など、業務に集中できるようサポートする仕事です。段取りの良さや細かい気配りが求められます。

受付は、来訪者と社内の担当者を結びつける仕事です。
会社の顔とも言える仕事なので、しっかりとした応対やセキュリティに関する知識も求められます。

工場(品質管理)

一般的に工場から出荷される部品に不良品がないか?などをチェック(管理)するのが仕事でしたが、最近では製造過程のプランニングから行う場合も多くなっています。

かと言って残業が増えるようなことはなく、現代では残業がない業種の代表例と言われるくらいです。

基本的に工場が時間で閉まってしまうので、人間が作業する術がないですし、流れ作業で日々の業務が行われるケースが多いので、1人だけに業務がしわ寄せになることも少ないでしょう。

残業がない仕事は事務的な仕事が多い?

以上で、残業がない仕事を見ていきましたが、全体的に事務的な仕事が多い傾向にあります。

やはり、お客さんを相手にするような職業ですと相手の都合もありますし、相手も仕事をしている方が多いでしょうから、自ずとみなが仕事の終わる時間に活動をしなくてはいけないという事態が起こりがちです。

だからと言って出勤時間が遅くなる訳でもなく、毎日残業で、残業するのが当たり前なんて方が多いのではないでしょうか?

残業がない仕事選びはプロに任せよう!

ポン太
とりあえずリクナビNEXTを使って残業がない仕事に絞って探してみるよ!今すぐ自分ができることってそれくらいかなーなんて思ってさ。
ジョブエモン
そうだね。いきなり全部を変えようと思っても難しいし、始めての転職活動を自分だけの力でやるとなると挫折しちゃう人だっているんだ。そうならないためにも転職サイトや転職エージェントに頼るのが得策だよ!

【失敗しない!】20代の転職エージェントランキング

※2017年4月更新    

リクルートエージェント

リクルートエージェントでは、業界最多ともいわれる8万件の非公開求人があり、その割合は全体の約90%を占めています。これらの人は多方面の業界の求人が含まれているので、希望する職を見つけることができるでしょう。

既卒/未経験者/第二新卒向けの転職サイトになります。 未経験者や社会人経験なしのフリーターからの正社員を目指す方にオススメの転職サイトです。

業界最大手ゆえ、マイナビエージェントは様々なタイプに特化した人材紹介サービスを展開してます。8割が非公開の求人で、どの業界をとっても多くの企業とパイプがあり、転職希望者の満足度が高いのが特徴です。

1994年から転職サービスを行っているので、企業とのパイプも多く、IT・WEB・ベンチャー系をはじめとした求人が豊富にそろっているのが魅力です。

業界第2位の実績を持つDODAは、3万3000件とも言われる膨大な求人数を扱う<のに加え、その質の良さにも業界で一目置かれている会社です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です