転職活動で見る未経験者歓迎の大きな落とし穴

なぜ中途採用で未経験者を歓迎するのか?

無料で使える"20代"におすすめの転職サイト

【転職活動を全面的にサポートしてほしい人向け】

【転職実績No.1】リクルートエージェント公式HPへ

【転職活動をマイペースで進めたい人向け】

【転職者の8割が利用】リクナビNEXT公式HPへ

ポン太
転職活動をしていると未経験者歓迎なんて字を目にするけど、あれは本当なの?僕が募集する側だったら、絶対経験者が欲しいと思うんだけど・・・・
ジョブエモン
企業としては、経験に関わらず自社に都合の良い人材を募集したい、というのが本音だよね。確かに経験者なら即戦力になるんだが、他の会社のカラーが染みついていて使いにくい、なんていうこともあるんだ。
ポン太
じゃあ、未経験者歓迎って書いてあったら、職種や業界のことをぜんぜん知らなくても採用される確率が高くなる、っていうことなのかな!?
ジョブエモン
矛盾しているように思うかもしれないけど、残念ながらそうでもないんだ。”未経験者歓迎”が企業にとってどんなメリットがあるのか、そして裏に秘められた企業の本音を知っておくと採用される確率が上がるぞ!

なぜ中途採用で未経験者を歓迎するのか?

なぜ中途採用で未経験者を歓迎するのか?

企業にとって中途採用で未経験者を歓迎するのは、「他社で癖のついた人よりも一から企業カラーに染まってくれる人を育てられる」というメリットがある場合です。

職種や業界に対して、変に先入観や固定観念を持っていない人を採用し、一から教育して企業にとって使いやすい人材に育てたい、という考えによります。この点を重視している企業の場合、新卒者を採用するのと同様なので、経験者は逆に採用されないこともあるようです。

しかし、一概にこれだけの理由で”未経験者歓迎”と広告表記している訳ではありません。未経験者歓迎の裏に隠された『企業の本音』があることも知っておきましょう。

企業の本音

未経験者歓迎といっても企業の本音は、『自社の利益を高める人材を採用したい』のです。

自社の利益を高める人材には、2種類あります。

  1. 未経験者であってもコミュニケーション能力や自発性が高い人材。
  2. 経験者で即戦力となる人材。

業務内容の多くは、何か特殊な能力がなくてもできるものがほとんどなので、未経験者でも一から教育・指導すれば滞りなく業務を遂行できるものです。

未経験者を採用する際に企業が重視するのは、コミュニケーション能力や自発性を備えている人かどうか、という点になります。つまり、指導する人の話を素直に受け入れ理解する力や自分の意思を伝達できる力、自ら積極的に仕事に取り組める力などをすでに持っている人を求めているのです。

一方、技術や難しい知識を有している経験者であれば、育てる時間もかからず即戦力となるため、企業にとっては大きなメリットがあります。

実は、企業の本音としてはできれば経験者でかつコミュニケーション能力などが高い優秀な人材がほしいのです。それでも”未経験者歓迎”と求人広告に表記するには理由があります。

職種や業務内容によっては、人気がない場合や大変そうだという先入観を持たれてしまい応募者が少ないことがあります。そこに”経験者のみ”とハードルを上げてしまうと、さらに集まらないことを憂慮して表記することがあるのです。

特に、特殊技術が必要な職種などの場合、市場に経験者が少ないこともあり”未経験者歓迎”とあえて求人の門戸を広げていることもあります。

仮に、選考段階で未経験者と経験者が残り、どちらの人材もコミュニケーション能力や自発性を備えていたとします。当然のことながら経験者を採用することになりますよね。

そういった企業の本音を知れば、いくら未経験者歓迎と募集内容に記されているとはいえ、自分の未経験さは決して強みにはならず前面にプッシュしてはいけないのです。

競争が激しい傾向にある?

未経験者歓迎の募集を見て、「経験は問わないんだな」と多くの人が認識しがちなので、応募者が増えて競争が激しくなる傾向にあります。

しかし、企業としては経験者を採用したいという本音があるので、未経験者が優遇されるという考え方は間違いなのです。

例えば、営業で他社へ向かう際に、他社の製品やサービス内容を事前に調べますよね。未経験で応募する場合、あらかじめ職種や業界についてリサーチしておくのがモラルです。

激しい競争に打ち勝つためには、他者や経験者よりも自分を採用したほうが企業にとってメリットがあることを伝えなければいけません。

そのためには、企業のカラーやどんな人材を求めているのかといったリサーチはもちろん、過去の経験で得た強みをどう活かせるのかを積極的にアピールする必要があります。

これまでの職歴に関係ない職種や業界に入るからには、未経験を穴埋めできるだけの情熱や積極性、努力が欠かせません。未経験者歓迎だから楽勝だ、と考えるのは短絡的な考えなのです。

転職で未経験業界に挑戦してみよう!

ポン太
未経験者歓迎って記載されているからといって、未経験者が採用に有利な訳じゃないことがわかって良かったよ。
ジョブエモン
だいぶ厳しいことを言ったが、今まで馴染んでいた仕事や経験を捨ててまで、新たな挑戦をするというのは本当に素晴らしいことだぞ。自分のキャリアアップを考えるなら、様々な経験があって決して損はないんだ。
ポン太
そうか!未経験の業界に転職することは自分のキャリアアップに繋がるんだね!

20代にオススメの転職エージェントランキング

※2017年12月更新    

リクルートエージェント

リクルートエージェントでは、業界最多ともいわれる8万件の非公開求人があり、その割合は全体の約90%を占めています。これらの人は多方面の業界の求人が含まれているので、希望する職を見つけることができるでしょう。

既卒/未経験者/第二新卒向けの転職サイトになります。 未経験者や社会人経験なしのフリーターからの正社員を目指す方にオススメの転職サイトです。

業界最大手ゆえ、マイナビエージェントは様々なタイプに特化した人材紹介サービスを展開してます。8割が非公開の求人で、どの業界をとっても多くの企業とパイプがあり、転職希望者の満足度が高いのが特徴です。

1994年から転職サービスを行っているので、企業とのパイプも多く、IT・WEB・ベンチャー系をはじめとした求人が豊富にそろっているのが魅力です。

業界第2位の実績を持つDODAは、3万3000件とも言われる膨大な求人数を扱う<のに加え、その質の良さにも業界で一目置かれている会社です。

なぜ中途採用で未経験者を歓迎するのか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です